2011年3月23日 (水)

光という文化@震災だった神戸から

 停電、来ましたか?

 まだ計画停電の実施地区になっていないのか、ワタシは直近の経験がありませんthink

 予行演習といいますか、擬似体験をしてみましたが、その段階ではじめてライターとかの着火用具がないことに気づきましたbearing。どうやって、蝋燭に火を点けるねんpunchannoy? ふたりとも煙草、やめたからなー。

 そして、あらためて現代は電気の文化なんだと、気づかされました。

 それが良いのかどうかは、簡単に答えが得られませんね。動画は神戸のエミナリオ、震災記念の年末の催し。曲はエンヤのケルツ。

 いわき市にボランティアに出かけた同年輩の某女史に、現地レポートを依頼。がんがってください。

 ではまたcat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 2日 (水)

アベマリア@サラ

 ちょいと腹立たしいことがあった翌日、わかってくれる人に話を聴いてもらい、なんとなし解放感にひたる。みなさん、ストレスは発散しましょうねhappy02

 そういうときは、讃美歌系がいいのかも。

 で、サラ・ブライトマン。

 最初のがライブ盤;で、こっちは、ちょいエッチ盤(金箔ヌード)です。

 不愉快から、何となく爽快になった備忘録に。ではまたcat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月21日 (月)

スカイボローフェア@サラ・ブライトマン

 混沌とした中東情勢、民主化のうねりは、中国にも波及か? だがしかし、確かな情報も見失われがちで……。

 で、こんなときにこそ、心にひびく歌声をconfident。こころ安らかにsleepy。ちがうだろ、おいpunchannoy

 ご存じ、S&Gが70年代に歌った名曲ですが、元歌はイギリスの伝承歌なんだそうです。

 好きな曲と、好きな歌い手が重なると。こうなりましたとさ。”パセリ・セージ・ローズマリア・&・タイム”というのは、どうやらイギリスの伝統的な言葉で、じつは英国製漢方薬? すんません、不勉強なもんでcat

 ま、彼女の歌声に免じて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月20日 (日)

中東情勢@お気楽フレンチポップスで

 後世、21世紀のエジプト革命、と呼ばれるのでしょうか。

 中東諸国の王家独裁、某カダフィ政権にも革命の波が波及。イメージとしては、ソ連・東欧の社会主義政権が崩壊する過程にも似ているんですが、なにしろ西欧文明とは違う世界。よくわかりません。世界の半分は、いまだ不明……。

 シルビー・バルタンの歌で中東系の「アブラカダブラ」というのがあるんですが、ついに見つからず……。情勢とは無関係にも憂さ晴らしに、彼女の不滅の代表的な歌声を。

 フランス語を直訳すれば、「あたしゃ、我慢できん!」です。ワタシは何ごとも我慢してますがcatface

 ではまたcat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月18日 (金)

シルビー・バルタン@ちょいエッチ

 邦題は「愛の経験」でしたが、ちょいエッチなYou Tube経由です。

 70年代の曲らしい悩ましさ……。このサイトでは、ギリギリかとwobbly

 雪の効果(?)もあってか、春めいてきましたねcat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月15日 (火)

シルビー・バルタン@兵士のB面

 B面とか言っても、最近はわからん方が多いんでしょうねthink

 悲しみの兵士のB面。Si J'etais General 私が将軍(ジェネラル)になれたら、という曲です。もしも将軍になれたら、愛する貴方をどうにでも出来るワよという歌詞なんですが、昨日の記事の続きで言うと、どうにでもしたらいけないでしょうね。

 何か、テーマだけ投げかけておいて……。外は春の雪snowです。

 2・26事件が季節はずれの雪だったという表現は、間違ってますな。春めいてくる”2月こそ 雪の時季だと 思い知り 寒さに震え 春の夜の空”  しげひこ

 ではまたcat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月13日 (日)

エジプト@軍政移管

 ムバラク、退陣しましたね。でも、民主化がシオニズムとの再戦になる可能性があるイスラム原理主義の復活……?。オバマは親米政権に引導を渡して、その後の成算はあるのか?

 その向こう、闇の中ですねthink

 それはともかく、エジプトは徴兵制だそうで。兵士たちは、いま何を考える。悲しみの兵士(シルビー・バルタン)。

 ではまたcat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 2日 (水)

エジプト・中東情勢@和平

 エジプトの政治情勢がここまで煮詰まるとは、思ってもみませんでした……。

 30年らいの独裁国家だったとは、知らないままで。イスラム系の王朝系国家がどうなっていくのか。これは世界史的な変化の兆しかもしれないと、思いつつ。

 一説には、第一次世界大戦は9.11以降のアフガン・イラク戦争(西欧文明とイスラム文明の激突)だったという説もあり。ということは、20世紀のふたつの世界大戦は、欧米的な世界の内紛にすぎなかった??

 例によって68年の反戦歌ですが、この時期のタイガースはジュリーではなくトッポ。加橋かつみ さんのヴォーカルです。1968って、GSの年でもあったんですね。反戦歌なので、政治経済カテゴリーではなく、音楽カテゴリー。

 その当時、トッポは圧倒的な声量でした。この曲は、風邪で伏せっていた時の記憶が残っています。今年、タイガースは同窓会を再結成との噂happy02

 いずれにいたしましても、世界各国の安寧・平和を祈念いたしますcat。亡くなられた方々の御霊(みたま)に、鎮魂を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月31日 (月)

閑話休題……真冬

 この真冬の歌声、いいですねconfident

 もう、40年ほども昔のなんですが。

 少し、仕事も過去に回帰……。って、16世紀に?

 はっははwobbly、備忘録ですsweat01。ではまた、失礼しやしたっcat

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月21日 (金)

ヒメジョオン@ユーミン

snail まいど……、手抜きブログ記事の音楽カテゴリーっス。

 ま、学生時代のせつない記憶つーことで、おお目にみておくんなさいまし。今週末、大学時代の元女子学生たちと新年会@西のほうにツーリング。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧