2010年5月 9日 (日)

下見ポタ@県民の森・印旛方面

 第8回東葛ポタリングの下見で、白井・印旛方面に行ってきました。100509_133401  

 北総線沿いに広がる森林地帯、宅地化も進んでいますが、まだまだ未開の地・暗黒地帯(=よく迷う)です。とくに夜は恐ろしいshock

100509_132601  途中、立ち寄った「船橋県民の森」という心霊スポット(神社)。おっと、奇妙なものが写っていますねtyphoon。みなさんには何が見えてますか?

 探索の成果もあり、この神社が怖がられている理由もわかりました。知りたい方は、5月30日にご確認ください。なるほろ……、目からウロコじゃんwink

 でも、怖いだろーなーwobbly、は確実です。霊感の強い方、要注意paper

100509_141301  

 お昼ごはんの場所も決まりました。こんな美女virgo

 がいるお店です。アオザイを着たい方は予約が必要なので、BBSにご連絡ください。ベトナム娘の気分で食事ができますよ。

100509_161701  梅雨をまえに緑が深まる時季、その品性はともかくとして、参加者の好奇心と期待をはずさないのが定評の東葛ポタ。ぜひともご参加くださいね。

●東葛ポタリング(主催:チーム東葛[笑]) 5月30日(日)10時 しょうなん道の駅側の手賀大橋の下に集合

 もひとつ、告知ですcat

●本佐倉城見学会(ガイド付き) 5月22日(土)午前9時50分 現地集合 本佐倉城は、こんな歴史と遺構を持っています。ベタベタに戦国時代のお城です。※↓ 

※チーム東葛有志は、7時半 五香駅付近集合(464号線→印旛サイクリングロード)その後、国立歴史博物館見学。くわしくは東葛人さん かワタシにご連絡ください。

 ではまた。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年11月29日 (日)

東葛ポタ@古民家めぐり

 ものすごい数の参加者で、人数もよくわかりません。数が20をこえると、足し算がよく出来んもんで……cat。参加者の詳細は、こっちで確認してつかぁさい。Dscn5307_187  

 この長首かぼちゃ(確か)、まつさんにいただきました。ワタシのブログに「料理」というカテゴリーがあるんで、気を利かせていただいたようです。まつさん、ありがとうございました。あさって休み(自宅仕事)なんで、何の料理を作ろうかなぁーhappy02。この横山、あらゆる食材を受けつけますので、今後とも新鮮な食材をお寄せください。

Dscn5311_193 清水公園の紅葉です。緑と赤とゴールドと、にじむように入りまざった風情がなんとも、素敵でした。Dscn5313_192  

 こうして訪れるのは初めての公園でしたが、なかなかのもんでした。

Dscn5316_191 公園のなかにある花之井家。茅葺を燻しているところです。

 で、昼食の不老庵に向かう途中。お約束のイベントです。クァハハハっ、本日の主役はたすけさん。Dscn5317_194bみごとなスネークバイト(リム打ち)でしたhappy02。たっ、たのしーhappy01  

 リカも小径車なもんで、なかなかタイヤがはずれません(タイヤが伸びない)。ワタシも手伝いましたが、あまりの硬さにタイヤレバーを一個、オシャカにしてやりましたっbleah。プラスチックも劣化するんで、100円のでいいから3つは準備しておきましょう。

Dscn5323_199  食後は理窓会自然公園へ。写真は3班(カメ組)の到着を待ちあぐねて利根運河を西上する、ちーむ東葛ポタ1、2班。Dscn5325_197  

 さいごは旧吉田家です。案内の方たちの説明もわかりやすく、復刻された部分も綺麗で、なかなか良かったっスね。ゆるさんが参加できなかったんで、こんどまた来ます。

 東葛ポタ初めての方、あまり話もできませんでしたが、よろしくお願いいたします。東葛人さん、お疲れ様。はんぞうさん、迷走楽しかったです。たすけさん、イベントパフォーマンス、楽しませていただきましたっcat

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2009年4月12日 (日)

第6回東葛ポタ@印旛沼

 今日は第6回の東葛ポタ、印旛沼方面にウナギを食べに行きました。Dscn3675  

 初参加のみなさんも多くて、名前おぼえられませんbearing。ブログない方もコメントの書き込みで、近況やらお知らせください。というか、こっちのブログはよく読んでいただけてるようで、まことに恐縮です。

Dscn3674  ←本日のお気に入り。まつさんのパナソニックのランドナー(なんと、今朝8時に納車というか、車体を取りに行ったhappy02)です。先日のエントリーでも触れましたが、ナショナル自転車の時代からパナソニックは高級ブランドでした。現在はオーダーフレームが比較的安くできるシステムがあり、女性でも乗れるフレームという意味ではピカイチの存在かと。

 ワタシは色にこだわるほうなので(ってお前の黒いフレームのどこにこだわりが?punchannoy)、ブリヂストンのオーダー色よりもパナのほうがいいんじゃないかと思います。それはともかく、ゴールドもいいですねー。フレームは分割式、カンチはテクトロながら干渉防止用のガイドが付いていて、なんとも素敵。帆船のようなランドナーという表現、深谷のダボスとどっちがふさわしいか、悩むところです。

 もう一台のお気に入りは、ギャンブルレーサーさんのMASI のセミクラシックロード。写真撮るの忘れたけど、薄い仕上げのラグが印象的でした。 Dscn3676_2  

 自転車談義もそこそこに、いざ出発となったところで、おっしーさんのBD-1がパーンクwobbly。ガラスの切っ先一撃のパンクでした。すぐに寄ってたかって修理されるおっしー号、スタート前の余興もなかなか楽しかったです。

090412a   総勢20名の車列、ファインダーに全部は入りませんでしたっgawk。しかも、汗でボケボケweepじゃ。

 印旛沼方面は、じつは初めてでした。Dscn3682道マニアというか景観のよさと快適な道案内に関してはものすごいリゴリズムを発揮する東葛人さんの先導で、まるでサイクリングをしてくれと言わんばかりの快適ロードを疾走。ひるめしrestaurantは身の分厚いウナギでした。鰻重の写真はこんなブログあんなブログそんなブログにアップされるものをご参照のこと。

 そうそう、食事が運ばれてきた絶妙のタイミングで、入院中のタルサ・マクリーンさんから「ねたみ通信」が配信されてきましたっ! 食事中のわれわれをネタに、2号、3号と爆笑ものの羨ましメール。もう元気に快復して、ヒマを持て余してるってことだね、タルさんhappy02。うなぎ、美味かったぜいbleah

Dscn3683  本日の本当の目的は、この吉高の大桜(ヤマザクラ)です。樹齢は約300年余、この推定が正しければ初めて咲いたのは元禄時代ということになりますね。なかなかのもんでした。Dscn3685  

 観桜ののち、激坂をくだって農道に出たところで「切れてませんか?gawk」「うしろ、付いてきてまーすhappy01」「数かぞえてみろーpout」「おーい、やっぱ人数が足らんぞーsweat01」でした。

 脱落したのは、わいずさん、macchi、ヤマグチ。さんの3名。出店でワタシが草餅を買ってるのをみていた面々は「わいずさんたちのことだから、キムチか何かを買ってるうちに遅れたんじゃね?」「のんびりと、たこ焼き食っていた説」も飛び出しましたが、真相はトイレ前に置き去り。でしたbearing

Dscn3686_2  それにしても、北総台地は広いですね。後半は途中参加の愚兵衛さんの案内で、県道12号をここちよく疾走。せせこましい上に坂が多すぎると思っていた東葛地区のふところの広さを実感したポタ(つーか110㌔越えなんでロングサイクリングでしょうね)でした。

 蓮の群生地で終了後、われわれの横を逆風をついて走るローディーが。って、ありゃKAKAPOさんじゃないっスか。誰あろう、チーム東葛の宿命のライバル、チームストローラーの大幹部(カポネじゃありませんぜbearing)。引きかえしてくるところを歓談にさそい、購入まもない新車(セマスCR-1)を品評させていただきました。

 初参加のみなさん、ありがとうございました。また一緒に走りましょうcat

| | コメント (24) | トラックバック (0)

2009年2月 1日 (日)

NOBリポート@IKEAランチポタ(休日、少年にもどる)

 NOBさんがイギリスから帰られたんで、ロンドン自転車事情をお話いただく。というのを名目にランチポタやりました。急な呼びかけにもかかわらず、集まったわんぱく中年はNOBさんをはじめ103(とーさん)、taroさん、Kaccinさん、たすけさん、ワタシ。

 午後からの集合でしたが、土手の上(江戸サイ)は猛烈な北西風。空はsunでもふつう、こんな風typhoonの日には一人で走ろうとは思いません。けど、そこは自転車仲間がいる強みというか、懲りないと申し上げましょうか。この風のなか「物好きだねぇ」とか「変態だなぁ」とか言い合いながら集まったんでしたhappy02。楽しいー。Dscn3446  

 NOBさんの先導でランチ予定地のIKEAに着くころには、もうあとは帰るだけだな~と、みんな気持ちが折れてましたかね。風、強すぎ……。走行中の写真とか、撮れる状態じゃなかったです。

Dscn3447  ←IKEAのレストラン(ビュッフェ形式)、いまいちでしたcatface。IKEAでおススメは、何といってもフードコーナーの横にある180円でソフトドリンク飲み放題(ホットドッグ1個付き)。でも、この季節はそれほど飲めるわけでもなし、夏ですな、夏。

 NOBさんのロンドン話、めちゃ面白かったですhappy02。とくに旅先でのトラブル、トラベルの語源がトラブルらしいんで当然といえば当然、聴いてるだけでみんなして関西芸人化(笑)。今回は愛煙家が三人居たんで、その苦労話もグゥハハハでした。Dscn3448_2

 驚いたのはロンドンの企業の本社ビルに、自転車屋があること。マイカー通勤規制の結果、ツーキニストを企業が奨励し、その需要が本社ビルの自転車店となったわけでしょう。たまたま今日走った三郷駅前は自転車走行独立レーン完備の警察庁のモデル地区なんですが、ロンドンは必ずしも自転車レーンが整備されているわけでもなく、しかしツーキニストの数は凄いらしい。行政指導(規制)のありかたで、日本も自転車通勤先進国になりうるということか。  

 ところで、ひとつ言えることは同世代で集まれば、たとえ話の中身はオヤジであっても気分は少年に、たぶん高校生ぐらいの感じになっちまうということ。あそこならタバコ吸えるぜ、俺こういう方法で、ってもう君たちは高校生かーい(苦笑)。

 もうひとつ判ったのは、IKEAは午後になるほど混雑する(右上写真)。入場制限とかしてました。

Dscn3449  玉葉橋まで走る予定でしたが、やっぱ風強すぎで無理。気分はともかく、身体は高校生にはもどりまひぇん。で、江戸サイから遠望した富士山。天気、良すぎたなー、横風まじりで走りにくいのが残念。また一緒に走ろうぜ、ご同輩諸氏。 

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2009年1月31日 (土)

お知らせ@ロンドン自転車事情(NOBさんリポート)

 もう明日(笑)のポタなんですが、NOBさんがロンドン出張からもどられました。かの地の自転車通勤やショップなど、貴重なレポートが聞けそうなのでランチポタをします。
 
●2月1日午後12時半、流山橋西詰め(橋から三郷駅北口に降りる階段)集合。
●大場川沿いにIKEA新三郷店、ビュッフェでスウェーデン料理を食べながらNOBさんのお話を聞く。
●北風模様ですが、元気があれば吉川の里山をめぐりながら玉葉橋。流れ解散の予定です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年1月10日 (土)

チーム東葛(笑)新春ポタ@三番瀬

Dscn3288  チーム東葛(笑)の走り初めは戸定邸としゃぶ門、そして東京湾三番瀬でした。ワタシは断腸亭さんとともにTASUKE I プロジェクトの会合に出たあとに途中参加。昼飯restaurant食いそこないましたbearing。 

 会合で決まったことで、特筆しておくべきことが。来年の某サイクルイベントにTASUKE I プロジェクトの成果(製品)を出展するという話。いよいよ中期目標が確定したわけです。この連休中に工房レオナルド(秘密基地)の使用をめぐって、共同使用者との協議をやっちゃいます。Dscn3290  

 ポタのほうは新春の顔合わせもさることながら、ワタシ的には東葛人さんの海ルートに不明な箇所があったので、その確認が獲得目標でした。結果、ワタシの道の見落としhappy02。マップログどおりの道がなかった場合は「東葛人さんの陰謀」として、徹底的に糾すつもりだったのに……ちぇっ。

 東京湾三番瀬は、右上写真の人物がこよなく愛する場所。一時は埋め立てられてしまう計画もあったんですね。ま、写真の人物も順調に快復したようで、めでたしめでたし。

 明日は妙見島探検(11時葛飾橋集合)、地中海料理の隠れ家的レストランをめざせ(笑)。

 来週、17日はハンドメイドバイシクルフェア(12時半葛飾橋集合)、18日は天空の城・地底の神殿ツァー(10時江戸サイ古ヶ崎休憩所集合)。 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年11月30日 (日)

紅葉ポタ@理窓会公園・大町公園

Dscn3038  急遽の思いつき企画にもかかわらず、東葛人さん主催の「紅葉ポタ」大盛況でしたhappy02

 その前に、前夜は103(トーサン)呼びかけのサイクリスト酒宴(笑)でした。TEAM_STROLLERにとっては、これが初の宴会。beerには目がないチーム東葛(笑)の面々も参加して、おおいに盛り上がりましたね。

 言うまでもなく盛り上がりネタは、ひっひっひっのKAKAPOさんの新車購入劇。衝動買いならではの、ノーマルクランクのサイズも違えばギア比も「えぇーっ」bearing、いいんではないでしょうか。ママチャリからクロスバイクへの段階、クロスからロードへの段階、ここにはたぶん冒険にちかい飛躍があるんですね。

 まだまだ本格的に走ろうとする人にとっては、ドロップハンドルというポジションもまたクリアすべき壁であって、少しでもこだわるならばイッキにgood。ご同輩どの、豊かな老後にむけてbicycle精進しませう。この衝動買いのきらめきshine、自分も嬉しくなっちゃいましたっcat

Dscn3041  ポタのほうは、ふところの深い理窓会公園の池を皮切りに、おおたかの森ではオオタカの生態を目撃しました。いや……、ワタシはトンビじゃないかなー、と疑ってますけどねbleahDscn3045 写真は上空の「オオタカらしき鳥」を観察する一行(笑)。 

 この日のネタ的には、前夜の飲み会でshockとなって途中合流のIKAWAさんだなー。と思っていたら、おいしいところをさらった人が……。

Dscn3047  みっちーネコ科さん、ですっ! 砂場(蕎麦屋)で昼食駐輪のときダイヤルキーのナンバーが新規に設定(設定ボタンが押bearing)されてしまいましたとさ。もはやワイヤーを切るしか方法がなく。NOBさん が砂場のスタッフに道具の貸与をかけあい、ワタシも手伝って……切断good。いやー、集団サイクリングならではの楽しいイベントでしたねーhappy02Dscn3048  

 その後、ルートは大きく南下して大町公園(自然遊歩道)へ。

Dscn3054  ←この季節だけ開放のもみじ山。

Dscn3055  → これが市川の尾瀬、大町自然公園の谷津です。どうです、すばらしいでしょう。足元はコンクリなんですけどねdespair

 けっきょく、20人以上が参加しましたけど、初めての方もおおく参加者の名前とかよくわかりませんcat(ネコ頭なもんで)。いえ、ええと……、このあいだの上州ツーリングでお世話になった百舌さん、ミヤジマさんが荒川中上流から車載参加でした。ありがとうございました。

 というか、おふたりは訓練された銀輪軍隊みたいな感じで 「(前方)対向(車)!」 「了解っ!」 「信号オーライ」 「左折、GO!」 な感じで、かーっちいいwink。やっぱ、一般道のサイクリングはキビキビしないとですね。

 みなさん、お疲れ様。たのしいひとときをありがとうございました、また一緒に走りましょうねcat

にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ 人気blogランキングへ

| | コメント (19) | トラックバック (0)

2008年11月16日 (日)

第4回東葛ポタリング@市川歴史サイクリング

Dscn2914  第4回東葛ポタ、雨中決行しましたbearing。思いのほか小雨でしたが、それなりに降られた時間帯はツラかったです。参加者はエントリー希望者のちょうど半分(14名)、参加率5割とはなかなか根性ありますね。つーか。変態率が高いですね。※変態=自転車乗り用語で、ヘンな生態の人たちという意味。

 いえ、べつにDNS(スタートせず)の方々を「ヘタレ」などと申し上げるつもりは毛頭ございません。チーム東葛の周辺に「ヘタレ」などという無分別な言葉が流行っているのも、嘆かわしいとは思っても同調するものではございません <お前が率先して言ってるんだろーがpunchimpact

 ただ、サイクリングの楽しみはsun晴れた日ばかりでなく、rain雨の日もtyphoon風の日も、それなりの楽しみがあるんです。なぜならば、体調の問題で不参加でしたが、kaccinさんが前日に言った「天気を選んでたらbicycleなんて乗れない」というのが、たくさん自転車に乗るためにという意味では、じつに正しいhappy02のです。

Dscn2915  今回のポタリングは別名「市川激坂めぐり」でしたhappy02。市街地は走る距離が知れてるもんで、せめて手ごわい坂を楽しんでいただこうと。写真は国分寺への激坂(推定20%)をクリアした面々。ちなみに真間山(弘法寺)参道迂回坂が最大勾配で、都内港区の坂なんざ物足りないくらいの斜度、そして路面の悪さでした。 Dscn2916_2  

 右の写真は中山法華経寺、市川案内人の会の柴田さんの解説を熱心に聴く参加者たち。真間山を解説していただいた酒井さん、柴田さん、雨の中ありがとうございましたm(_ _)m。

 タイムスケジュールの甘さと雨のせいで、ポタのメニューはややショートカット。大黒家さんで昼食となりましたが。先乗りで予約の変更や女将との交渉をしてくれたのが、タルサ・マクリーンさんでしたhappy02。タルさんありがとう、ホントに助かった。ついでに、大町公園もパスbearing。東葛人さん、来春にもリベンジだぜ。

 最後は予定どおり、4時に手賀沼の藤姫伝説のポイントを解散地に。と……、藤姫伝説の案内人が来てないよ~sad。この雨じゃ無理もありませんが、まことに残念なことです。みなさん、お疲れ様でした。

 ※連日の雨天走行、鬼オイルは快調です。予告どおり明日(月曜日)に写真だけUPします。  

 

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2008年8月 3日 (日)

手賀沼再発見ポタ&川めぐり

 103(トーサン)が企画されたTEAM_STROLLERの手賀沼再発見ポタリングに参加してきました。と言っても、ワタシは前夜に学生ママチャリの報告会パーティーで、beerを覚ましてからのbicycle自走により深夜帰宅。ゆるも某講座で夜半帰宅。夜遅くなったからといって、翌日に備えてすぐ就寝とかしない体質の我が家は、当然にも翌朝手賀沼集合(7時出発=6時起床)などできるはずもなく、中途(10時半の川めぐり)から参加というていたらくhappy02。したがいまして、ポタリングの全容は103をはじめとする参加者のみなさんのブログをどうぞ。

 ところで、見事にsun晴れ渡ったサイクリング日より。とゆーことは、熱中症が持病のゆるにとって困難なクルージングとなるのは目に見えていた。今回は、水冷式の熱中症対策から、少し修正して空冷式を導入してみました。

Dscn2199  まず、この段階ではトレーニング用のバンダナ(のスポンジ部分)に水を含ませ、気化熱を利用したクーリングを行ないます。しかしながら、このままだと息が苦しくなる場合があって、窒息しそうになったり過呼吸になったりします。Dscn2200

 そこで、右の写真のように下からめくります。これで息が出来るとともに、ラジエーターのように風で皮膚の熱を排気するんです。

 そうすると、何となくカメみたいな感じになります。

Dscn2201  カッコ悪いです、思わず吹き出したくなりますが、バンダナで風を遮断することもないので水冷と空冷の利点をうまく引き出せるのです。顔全体を覆うことで犯罪者だとでも言いたげな風貌よりは、笑える分だけいいかもしれませんね。けっこう、いい感じみたいでしたが……。

 ところで、ワタシとゆるが本隊と落ち合うのは、印西市の公民館(川めぐりの船着場)なんですが、手賀沼に着いたころに困ったことになりました。地図を忘れたのが判明したんですねー。ま、地図がなくても行けるだろうとは思ってみたものの、熱中症予備患者を抱えたままでは負担が大きすぎる。それにしても日曜日の午前中の手賀沼、ロードバイクが多いですねlovely。手賀沼に入った段階で、スワッチのクラブチームとすれ違う。ナイスな店長さんが先頭を引いてる集団走行、赤いシンプルなジャージがこれだけ揃うとカッコいいねhappy02

 これだけローディーが多いのなら、知った顔を捜すまでもなく印西市公民館を教えてもらえるのではないかと思っていたところ、いましたsmile。少し前を走ってるGIOS、E-ponさんでした。やったー! いっしょに行きましょう(連れてってくりーcoldsweats01Dscn2203_2  氏は関宿往復を終えて、手賀沼一周中とのこと。このところ、お世話になりっぱなしだなー。 

 で、無事に合流地点に案内いただいたんですが、正確には到着する寸前でゆるがダウン。ハッキリ申し上げまして、かなりの重症でした。座り込んだ木陰から動けないありさま。

 ところが、つぎの行程が川めぐりだとわかった段階で、なぜか急速に快復するいい加減な重症患者さん。「あたしゃ日陰なら、だいじゃぶなのだ」などと、いそいそと船に乗りましたとさbleah

 ここから先は、川舟からの風景をご堪能ください。

Dscn2210 Dscn2212

Dscn2215Dscn2218   どうです、この真夏らしくも涼しげな風景は。目からウロコの手賀沼探訪でした。

 その後、自転車で手賀沼を西上して鳥善へ。Dscn2229_2  

 ワタシもゆるも初めてでしたが、期待通りの美味。こんどは民芸アンティーク調の本館にもお邪魔したいものです。

Dscn2230  ハケの道は志賀直哉邸(みんな、灰色の月・万暦赤絵 (新潮文庫)の自転車エッセイ読んでね)をめぐり、なぜか定休日の煎餅屋さんに。写真の人物は、ポタリング主宰者の103。楽しかったですよ、お疲れ様でした。 Ijyhgt564  

 ゆるは終日、熱中症とのたたかいでしたが、ワタシは暑いほど楽しい脳天気な気質。ひさしぶりに自分のポートレートでムニャ……。夕方、スワッチでE-ponさんとふたたび会う(笑)。小径車の輪行について、いろいろアドバイスをもらう。みなさん、今日はありがとうございましたcat

Dscn2205  おまけ写真、手賀川の土手から見た東葛の真夏の里山風景。夏って、いいなーcat

■お知らせ■

●8月4日(月)23時30分~24時『銀輪の風』(BSデジタル 6ch)
※「ツーリング洞爺湖2008」リポートは23時50分過ぎからになります。

●8月10日(日)11時~ ツーリング洞爺湖の報告会代わりのイベントブースは、エコイベント WATER GREEN です。上記の『銀輪の風』(BSデジタル 6ch)のDVD上映(わずか2分)も、タルサ・マクリーンさんのご尽力で実現できそうです。東葛方面からご参加の方は、9時半に葛飾橋集合(横山がご案内します)。午後から越谷のスポットを走行会の予定。※ツーリング洞爺湖の発展的解消、今後の方向性も打ち出す予定です。どうぞ、ふるってご参加ください。

●8月9日~10日 松戸宿献灯祭 松戸駅西口伊勢丹横の坂川。   

にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ 人気blogランキングへ

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2008年6月 1日 (日)

快適な里山サイクリング→暗転→救援隊により帰還

Dscn1569  本日は第三回東葛ポタでした。相棒といっしょに主水川の一里塚で、タルサさん、E-ponさん、Kaccinさんと落ち合い、流山橋でNOBさん、まっちさんが合流。Dscn1573おおたかの森経由で大堀川に向かいました。  

 と、ここまでは参加メンバーの名前(HN)も書けるんですが、集合場所の手賀沼には二十数名が集まっておりました。

Dscn1574  ワタシはネコ頭(三時間前のことは忘れる)なもんで、もう名前もHNも、ここに正確に書けるわけがありませんhappy02。いずれ、リンク集を拡充してみなさんをご紹介させていただきます。でも、ものすごいですねぇ。自転車が二十台以上もあるともうほとんど、ちょっとしたイベント会場です。

 ルートとか県道名とか、サイクリングの詳細はどうぞ皆さんのブログをお読みいただくとして、里山の風景などご覧ください。Dscn1586 Dscn1580  

 まったくもう、さすがに東葛人さんの絶品のナビというか、東葛の里山の素晴らしさと申しましょうか。天候にも恵まれて心身ともに堪能しました。

 ところで、これまたこういうイベントには格好のネタを、ほかならぬ東葛人さんが提供してくれるんでした。

Dscn1587  パンクでーすhappy02。チューブの穴の位置もわからないほど微細な金属らしきものがタイヤの中に潜み、たぶん自衛隊下総基地の抜け道(ダート)を走ったときにチューブを突き破った、典型的なスローパンクですね。写真はシートポストに仕込んだポンプを取り出しているところ。

 このパンクという「出し物」によって、いろいろと参加者のみなさんの体験談や知見が披露され、自転車談義に花が咲くというひととき。結果的には、さすがに演出の東葛人さんでした。Dscn1588_2  

  みなさんのお腹もへり、もうサイクリングの盛り上がりは最高潮です(笑)。

 ところが、これは衆目の「出し物」にこそならなかったものの、ワタシの相棒が膝に痛みを発症。昼食の会場(フィッシングセンター)までは何とかもったんですが、帰りは左脚だけの片脚走行を余儀なくされる……。試行錯誤ののち、クリップを使って時速18㌔あたりまで出せるようになりましたけれども、このままじゃ、たぶん左脚もやられちゃいますsweat01。 

Dscn1591  たしか、やじばばさんがギックリ腰で走れなくなった時、ゴミ袋を輪行バッグの代わりにした、というのを思い出したり、まだ時間も早いので最寄の駅まで行けばワタシが電車で往復して自転車を回収、とか瞬時にいろいろと考えましたねーwobbly

 そのとき、KASHIWANさんといっしょに伴走してくれていたヤマグチ。さんが、クルマをもって来ましょうと申し出てくれたんでしたhappy01。ひとりで二台の自転車を回収する、もしくは20㌔の行程を押して帰るという地獄のような帰路から一転、われわれは救われたのであった。

Dscn1593_3  しかも、ヤマグチ。さんのクルマは数台も車載可能の多機能でした。分解した相棒のだけでなく、ワタシとワタシのbicycleも載せてもらい、送っていただきました。ありがとう、ヤマグチ。さん。

ここからは相棒chickでございます。

ヤマグチ。さん、(涙目)ほんとにほんとにありがとうございました!

ヤマグチ。さんの人柄が出た、素晴らしく優しい車で送っていただきました。脚も順調に回復しております。これに懲りずに(;汗;)またご一緒させてください。

| | コメント (20) | トラックバック (0)