2016年11月 9日 (水)

上野のクラウンエース

 もう30年以上も前、文京区に住んでいたころ、上野によく来ていました。ランチを食べて衣類を買って、帰りにこの店でカレーが毎度のパターン。行きかえりはのんびり、不忍通りをバスに揺られて。Dscn3472  
 クラウンエースという店のカレーです。値段も味も変わっていませんでした。カツカレー500円。あいかわらず、カツはなくてもよかったけど、あればあったで食欲だけは搔き立てられる。カツカレーって不思議なメニューですね。
Dscn3473 変わったところといえば、二階が喫茶になっていたのに、なくなっていました。喫茶店文化は絶えて久しく、それでもお喋りをしたいのは人間のさがなのか、セルフサービスのチェーン店で復活してるんですが。
 店内のBGMも昭和というか、70年~80年代なんでした。そういえば、店員さんもお客さんも、タイムスリップしたような……。ポークカレーが400円、ゆるに言わせれば風味が違うというビーフカレーが450円なり。
 今日は一日、ABCの選挙速報。共和党になると軍産複合体の要請で戦争をするのがアメリカ。ですが、トランプ氏は孤立主義ということで、ヒラリー・クリントンのほうが戦争をしやすいという、識者の評価。さぁて、どっちが勝つ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月16日 (火)

初夏の横浜

 真夏の炎天下サイクリング、告知です。自転車ショップめぐりは、東京では売っていない(と思う)ウェアの安売りが狙い目です。さすが、横浜はオサレ。

 今年もやります、真夏の炎天下サイクリング。昨年は惨めな途中解散という、本来の目的(挫折)を達した感のある本イベントですが、今年は埼玉ではなく横浜をめざします。ハマの風は涼やかで、炎天下サイクリングの名がすたれる、ような気もしますが、湾岸道・海岸通りは産業道路ならではの大型車両の排気ガスやエンジン熱がすさまじく、その暑さたるや圧巻です。心ゆくまで真夏の暑さ、その過酷さを堪能できます。
 到着後は以下のサイクルショップをめぐる予定です。なお、現地案内人(ロード女子)の都合で、開催日は土曜日(8月1日)となります。暑い夏を実感したい方は、ふるってご参加ください。

8月1日(土)8時、葛飾大橋東詰集合。雨天決行。
食事場所:検討中
サイクルショップ:ワイズ横浜店・キャノンデール横浜ほか

http://ysroad-yokohama.com/
http://goodmyx.com/
http://www.gcs-yokohama.com/static/showroom.html
http://www.fuma.jp/contents/info/
http://www.cannondale-yokohama.jp/

 というわけで、横浜に下見に行ってきました。暑かったです。

 当日のランチにジャイカの「港の見えるレストラン・多国籍料理」を考えていましたが、いけませんでした。ロケーションはまずまずですが、しょせんは社食。Dscn2856

 ライスが冷たいし、おっ珍しいと思ってオーダーしたラムの焼き肉、これも冷たいというガッカリ度。しかたがないので、下記の評判がまずまずのレトロ系横浜らしい洋食店にしようかと思案中。現地の駐在員の情報収集報告を待って告知の予定です。

http://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140102/14000440/

Dscn2858

 山手のドルフィン、内装工事中でした。じっさいは根岸のドルフィン。ユーミンが「海を見ていた午後」を発表した当時の建物とはちがうとのこと。ソーダ水、800円だそうです。根岸は競馬場(明治時代の列強領事館が建設)の跡地に米軍が進駐、その一部が返還されて大規模な公園になっています。競馬場の観覧席の遺構が見ものです。

 東京上野ラインが出来ても、松戸・横浜直通はないんですね……。渋谷か中目黒経由のほうが190円も安いというていたらく。ラッシュ時間帯は日暮里(下りで)異常に混むし、がっかりでした。ではまたcat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月15日 (木)

西東京遠征

 わけあって、西東京市に遠征してきました。西東京市? そりゃどこだ。と思われるかもしれませんが、立川や八王子にくらべるとはるか東に位置する、単なる田無市と保谷市が合併した市です。しかし、東葛地域からだと片道50キロほどの距離ですね。

Dscn2146 右の写真は武蔵関公園。

 どうしてそんな遠征を思い立ったのかといえば、ある高名な装丁家と電話連絡がとれないので、訪ねてほしいと、依頼人の元雑誌編集長から要請されたのでした。その装丁家はある有名な文芸評論家(ここ十数年の織田信長ブームの引き金になった名著で有名)のお連れ合いで、齢80を超えておりますので、ここは緊急出動ということになりました。Dscn2142

 荒サイから環8を西上というか南下、石神井川を探しあてました。王子から練馬あたりは狭い石神井川ですが、このあたりに来るとけっこう広々とした感じです。

 豊島園にぶつかって川を見うしないましたが、西武池袋線を発見っ。Dscn2144_2  

 

 何もないところに鉄道を敷いただけに、保線路がしっかりしていますね。河川道路と鉄道の保線路をすすめば、間違いのないルート選択ができるという原則。道が入り組んだ世田谷あたりには適用できないかもしれませんが、幹線道路を避けた都内遠征、たのしいです。

Dscn2145 びっくりしたのは石神井公園駅。高架化が始まっていました。むかしは畑と空き地しかなかった駅前なのに……。

 けっきょく、装丁家女史さんはご健在で、しかし体調不良で仕事が完成しないまま、他の方に引き継ぐ結果に。使用PCがマックだったので、データをファイルするのが難航。しかも、女史がマックの使用方法を失念……。80歳の女史にマックを覚えさせようとした人、こんどからマニュアルを壁に書き出しておくこと!

 帰りに上井草のキッチン南海でカツカレー。Dscn2147 このところ、老朽化(店および店主ともども)のためか、閉店があいついでいるキッチン南海。つい先日も、前にこのカテゴリーで紹介した蔵前店がなくなりました。

 上井草店のカツカレーは、聖地神保町店のものに酷似。ダクダクと汗をかきながら、ガツガツとサクサクのカツを食べる感じ。最近はこのダクダク・ガツガツを若者が好まなくなったのが、南海の衰退の一因なのかもしれませんね。ではまた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 1日 (月)

鰭ヶ崎駅前のマツノ@洋食屋さん

Dscn1721  ひと口ヒレカツ・ハンバーグ・クリームコロッケ・魚の白身フライ・エビフライ・ポテトサラダ・もやしの中華風サラダ。

 これが、この洋食弁当ランチのラインナップです。どうです、凄い数でしょう?

 お店は鰭ケ崎のマツノさん。Dscn1719  

 じつに豪華な洋食弁当のお値段は、ぬ、ぬわぁーんと、600円也。安すぎます、一つひとつの大きさはともかく、おかずの数があまりにも豪華過ぎるのです。

Dscn1720  お店は、こんなです。一見するとふつうに見えますが、ワタシたちの座ってる席は窮屈な小上がりで、おおよそ30年以上前に回帰したかのような雰囲気がビシビシ感じられます。

 置いてある漫画も古いのが多く、時代小説のほうは最近のブームを反映してか、けっこう新しいです。

 お味の方は、揚げ物ばかりなので普通としか申せませんが、お味噌汁がメチャ旨(うま)でした。これだけで、もうC級+認定。美味しいのに安すぎるというC級+です。まことにあっぱれ!

 ただし、常連顧客さんが来店するよりも、持ってきてくれんかね、の世代らしく。ご主人がひっきりなしにデリバリー(出前)に出かけるところが、うーんたいへんなんだなぁー、でした。

 そのご主人は、自転車で訪れたわれわれを気遣って、店の前で送ってくださいました。洋食店らしく「よい旅を(ボン ボヤージ)」と♪ 旅というほどじゃなくて、けっこう近いんですけどね。

 奥様のほうは、何度も水と氷を追加してくださり(ご主人が出前中につき、料理が出来てこない間)、アイスコーヒーも飲み放題(それほど頂きませんでしたが)でした。

 ありがとうございました♪cat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 2日 (日)

久しぶりのパンク×3回タイヤ装着

 この冬一番の冷え込みという予報でじっさいに寒かったですが、でかけました。作冬の教訓=寒いからといってこもりがちだと、身体と細胞が寒さにおびえてしまい、ますます出なくなる。のを避けるために、今冬は人をさそって出かける方針なのです。Dscn1341  

 が、出発したとたんにスローパンクが判明しました。これも一人で修理だと落ち込みがちですが、K氏との待ち合わせ地点で修理(パフォーマンス)することで、楽しめました。不思議ですね、集団走行でも故障やパンクはイベント並みに愉しい。って、性格が悪いのでしょうか。でも、今回は自分のですし、本気で愉しいんでしょうね。写真はK氏のタイヤレバーを借りたところ。パンクもじつに一年ぶり以上かも。

 わかったこと=プラスチックのタイヤレバーは一年ほどで劣化する(折れました)。軽い金属レバーが必要。パンクはしょっちょうしていないと、修理の手ぎわが悪くなる。

 ところが、タイヤを装着したところで、微妙にヘンなことが判明しました。どうも、バルブの出具合が低いのです。45ミリのロングを使ってるので、土筆(つくし)のような感じで出ているはずなのに、小さな筍(たけのこ)にしか見えません。これだけがロングじゃなかったんじゃないか、という安易な結論で、ランチ前にアンカーショップに機材を見学がてら、エアの充填(ポンプを借りる)に行きました。

 それでも、どうもバルブがヘンだなぁ。なので、空気を抜いて確かめると、リムの内側にバルブのナットが入ってるーbearing

 どうやら、交換したチューブのバルブナットを抜かずに、はずしたチューブのナットを装着してしまったらしい(ナットが上下に2個状態)。そういえばワタシ、空気を入れるときに「ナットがない」と騒いでいたので、そういう結果を招いたのでしょうね。

 パンクも久しぶりにやると、初心者状態にもどっていたようで……。で、まだオマケがあります。二度目の装填をおえて空気を入れて、ポンプをバルブから抜いたとたん、パーンという破裂音とともにチューブがバーストannoyしました。どうやらリムに挟んでいたようです。大丈夫だよな、とおか言いながらの空気補填だったので、本当にビックリしました。

 仕方がないので、ブリヂストンのチューブを購入しました。というわけで、硬いパナのタイヤを3度装填という、もっぱら腕のトレーニングに終始したランチポタでした。あー、疲れた。

 ランチは市政という市川駅の南口にあるラーメン屋さん。店外に流れ出る豚骨の匂いにつられてのご案内でしたが、太麺にコシがなく(物量感だけありすぎcatface)、味も家系(横浜系)のふつうのもの。店主は頑張ってるんでしょうけど、素人まるだしのオバサン店員がやる気まるで無しのC級認定でした。もう行かないと思う。

 来週は渋谷のコルナゴショップに機材を見に行きます。ではまたcat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月25日 (土)

松虫寺コーヒー&ハーベストガーデン

 残暑お見舞い申し上げます。

 チーム東葛(笑)で最近評判の松虫寺コーヒー(焙煎コーヒーガーデン)にカレーを食べに行ってきました。Dscn1139  

 カレーというよりも、鶏肉のトマト煮スパイシー風味夏野菜の素揚げ乗せ、という感じでした。カレーだと思ってオーダーするとガッカリします。

 始めたばかりの素人のお店なので、スプーンが出てこずになかなか食べられなかったり、スプーンが来ても足りなかったりと、ある意味で親しみが持てますが、およそ客商売の水準ではないとbearing

 店の売りらしいコーヒーは、アイスを頼んでしまったので正面からの評価にはなりませんが、苦味がいちおう感じられるので、カレーほど「なんじゃこりゃ」ではありません。が、もっと美味しいアイスコーヒーがあるのは確かです。A級のつもりで期待していましたが、C級(なんとか食べられる)認定っcatface

 唯一、残された癒し空間という評価は、カフェ・アンティグアとかフーカフェとか、味はともかくそれなりに空間演出に凝っている店を知っている者には、つらいものがありましたgawk。立地と自然環境だけは、たしかにA級なのでしょうか。

Dscn1144  本日、もうひとつの目的がハーベストガーデンでした。

 フェスタらしいのですが、上のHPを見てすぐその概要がわかる方は、ベテランのナニですね。ワタシたちは、おぼろげながらわかっていましたが、ある意味で驚きをもって、その全容を理解したのでした。

 ミストが気持ちよかったです。Dscn1145  

 ドレスのご婦人方とソムリエかコンシェルジュ風の美女。ホテルなのでしょうか? いいえ、違うのです。

Dscn1143  雪が運び込まれ、子供たちが遊んでいます。ロングライドで火照った手をつけてみると、ひんやりと気持ちよかったです。

 さて、フェスタの後方の建物にご注目ください。これでピンときた方は、やはりベテランのナニです。Dscn1146  

 それでは、答えです。

 じゃーん。まるでホテルのような従業員の制服、規矩正しい接客態度、そしてゴージャスな室内……。パチンコ店でしたhappy02。※「ベテランのナニ」=「ベテランのパチンカー」です。

 マルハンというメーカーの直営店なのですが、21世紀に進化した郊外型パチンコ店の姿が、そこにはありました。やられた感がしばらく、感心することしばらく、賭け事をしない主義なので嬉しくはありませんでしたが、すごいなと思いました。

 と申しますのも、過日おとずれた松戸競輪場、京王閣競輪場が、そのいずれも設備の更新はそこそこに(ロイヤル席)してあるものの、競輪選手の競走ジャージとか演出(?)とかが、いかにも昭和を引きずったまま、ほとんど進化が感じられなかったからです。

 男子選手はもっと筋肉美を誇示するようなジャージを、とか、女子選手はビキニで走れば人気が出るだろう、とか、無責任なことは言うべきではない(落車のさいの安全策で、パッドのうえにジャージが現状の基本のようです)とは思いますが、もっと何かこう、進化できないものでしょうかと。マルハンさんの企業努力を眺めながら思ったのでした。

Dscn1142  ようやく、こいつを使ってみました。定価は98円(確か)で、約30分ほど気温30℃条件で0℃を実現らしいけど、氷よりは温度が高い感じで肌に着けても痛くはないです。

 問題は、Dバッグに背負うと腰の位置に来てしまうので、首に巻きつけるように工夫する必要があります。ワタシは必要ないなと思いましたが、熱中症の方(たとえば、ゆるさん)用に携行し、使用しなかったら夏の思い出に使って処分するとか、そんな感じでしょうか。

 ではまたcat

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年6月29日 (金)

浦和@埼玉県庁食堂&お知らせ

Dscn0866  写真は見沼通船堀です。外環道経由で芝川サイクリングロードに入り、水路を西に、浦和まで行ってきました。Dscn0867  

 このあたりも、その昔は海だったんですね。関東の高地というか丘はすべて島……。山の中から魚の骨が発見されるんですから、地球の歴史というのは長いです。

 A級グルメの予定だったんスけど、ハンバーグが安くて美味いというフレンチがどうやらランチサービスをやめたらしく、開いてませんでしたbearing。40㌔ちかく走ってきたうえに、脳内はハンバーグにロックオンされてしまってますから、すぐにほかのレストランにとって返しましたが、記憶にあった店はテイクアウトオンリーなのでしたdespair

 しかたがねぇ……。で、浦和という街が県庁所在地であることに思いいたり、C級グルメに変更となりましたとさ。

 C級グルメとは、とにかく安いが、そこそこ食える。という規定です。つまり、町食・社食・学食・庁食(ワタシの造語です)。本庁と第二庁舎の食堂があるらしいので、ここは迷わず古いほうの本庁職員食堂に。建物の中は迷いながら、なんとか。

Dscn0868  地下です……。なんか、怖いですよね、昭和時代にはどこにでもあった風景、いや、建物の中なんですけど。古いなりに新しい工夫もしてあって、十五穀米の採用や各地で採れた安全な食材の説明があったり、やはり平成の食堂です。

 が、13時半ということで定食系は売り切れ、カレーとか蕎麦とかしか残ってませんでした。Dscn0869  

 チキンカレー(360円)で、そこそこ鶏肉も入ってスパイシーな仕上げ、美味しかったです。松戸市庁舎のよりは上、足立区庁舎のピガール(レストラン)カレーよりは、はるかに落ちます。コスパのほうはといえば、新座市庁舎の280円カレー(たしか)に劣るといったところでしょうか。

Dscn0870_2  埼玉ポタガール。このコたちはモデルとかタレントなんでしょうけど、埼玉県庁の美人率、けっこう高かったような。古びた建物のなかに小奇麗な女性がいるから、そう思えたのかもしれませんが……。

 どっちにしても、埼玉は東京都心なみに人が多いので店も多く、東葛地域にくらべると退屈しないですね。そのかわりに、ボーっと出来ないというか。ではまたcat。 おっと。

【おしらせ】です。

 ワタシの高校の後輩と申しますか、いまや立派なビジネスパートナーとなった小野登志郎さんが、メールマガジンを発行することになりました。ワタシも歴史小説を掲載します。以下、ご案内文。

『ノンフィクション・ライター小野登志郎のメールマガジン~牡羊座が見たディープな出来事とスターたち~』創刊のお知らせ(担当編集・中村直人より)

有料メルマガ『ノンフィクション・ライター小野登志郎のメールマガジン~牡羊座が見たディープな出来事とスターたち~』を82日(木)より創刊させていただきます。月額420円(税込441円)で、小野登志郎が取材を重ねたディープな情報と、第一線で活躍するジャーナリスト、評論家、小説家といった多彩な書き手たちの記事を、毎週でお届けいたします! 

また、7月中は毎週「プレ創刊号」を登録者に無料で配布。75日(木)より配信がスタートします。登録は『まぐまぐ』からお願いいたします!

登録はこちらから↓

http://www.mag2.com/m/0001552211.html

■メルマガ目次(サンプル版)

1. 時事ネタ総論

2. 続・龍宮城 日中闇のオセロゲーム

3. 韓流ドラマの視点で見る北朝鮮

4. 東方神起とJYJについて

5. 小説『名をば捨てよ――武田信玄暗殺計画』(横山茂彦)

コンテンツ数は7月5日「プレ創刊号」から倍増する予定です。連載は、安田峰俊さん(ノンフィクション作家)、高橋ユキさん(ノンフィクション・ライター)、伊藤螺子さん(小説家)、松田健嗣さん(東京芸大建築科助手)。そして、KAZMA氏(某芸能関係者)による『ジャニーズ戦略の今と未来』を、また、台湾在住のライター松野幸志さんによる華流最前線『C-POPは上陸するのか!?』を毎週連載します。

これで441円なら安い! といったメールマガジンをなんとかして目指します。どうぞよろしくお願いいたします!

URL

http://www.mag2.com/m/0001552211.html

 有料(週刊配信)ですが、事件情報やK-POP情報、エンタメ小説などを中心に、多彩な記事が楽しみです。どうぞ、ご購読をcat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月16日 (月)

なつかしの喫茶店@大森

 C級グルメというカテゴリーにくくるのはどうか、とは思うのですが、いちおうモーニングサービス(7時~13時)だったのでそういうことに。120415_122701 写真は500円(飲み物+100円)のモーニングサービス(食べたのは1時過ぎでしたがhappy02)。 

 じつに、ンー10年ぶりの訪問でした。まだバブル経済がはじける前に、喫茶店というものが地価の高騰にも耐えられ、高尚な議論をリードおしゃべり文化と喫煙の中心にあった頃の、ワタシ的には名店と思える店です。

 せんじつ、川崎に足を伸ばした帰りに店をみかけて、記憶がほどけてくるにつれてビックリしたものでした。当時、ワタシは留年したまま出版社に足を置き、編集と製作実務を大森の町で体験したんでした。大森界隈に出版社かよ――、と思われるのもそのとおりで、政治経済の情報誌と商品販促、出版社とは名ばかりの業務でしたが、当時は雑誌ブームという現象もあって、文学部系の学生には拝み倒してでも入りたいのが出版社だったわけです。今もそうなのかもしれませんけど。

 で、その出版社もどきの会社が週に一度、朝の会議に使っていた喫茶店が、ここなのです。というのも、二階に会議室というか無料でつかえる個室があり、モーニングサービス500円(当時はもっと安かったのかも)は会社負担で、社員の厚生もかねた朝食会兼編集会議となっていたのです。

 その後、店がどんな風雪にさらされ、荒波を乗り越えてきたのかは知りませんが、いまも一族経営(たぶん)で地元のみなさんに親しまれ、支えられているのだと思うと感慨深いものがありました。おばあさん(当時はおばさんだったかも)が二階にあいさつに来てくれました。モーニングだけでは申し訳ないので、ブレンドコーヒーの牽き売りを買いました。思い出の喫茶店は、歳とともに年々なくなっていくばかりですが、こうして意気軒昂にがんばっていただけると、嬉しくなるものですね。

 ※注意:この喫茶店、一階は常連さん(推定平均年齢65歳ぐらい)の定位置で、愛煙家が多いので二階がお薦め。

120415_145901  

 わかったこと=品川(北口)から田町・三田界隈にかけての第一京浜はくだり基調で、とくに休日は気持ちよく走れる。この時季、江戸の町歩きのツアーが多い。

 ではまたchickcat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月21日 (火)

すくなめランチ

 鬱陶しい日がつづきますね。

 それでも、空を覆うような梅雨雲ではなくて、梅雨前線が太平洋上にあるせいか、北の風が吹いたりします。こんな感じで大気が不安定だと、暑ければ積乱雲(上昇気流)が発生してゲリラ雨になるはずなんですが、冷たい空気なので降ったりやんだり。

 空もようを眺めながらのポタリングになりますね。110618_135701  

 こちら、京成線の立石です。スカイツリーを観たついでに、柴又まで足をのばすおのぼりさん観光客があるらしく、観光バスが来ない日でも帝釈天界隈はにぎわってますが、こちらはその途中にある怪しい下町。昼間っから酒が飲めるってんで人気があるのか、観光案内にも載っているようです。ただし、本格的なディープ路地は夕方からの店が大半で、いち見さん観光客が訪れるのは、仲見世という商店街です。

110618_141501  その仲見世の二毛作という店で食べたのが、カリーライスおじんなるメニュー、各500円。カリーはスパイシーでバラ肉の煮込んだのが眠ってました。おじんは牛すじで煮込んだおでんスープをオジヤにしたもの。美味しいんですけど、量が少ないです。居酒屋の飯っスからね。

 わかったこと→遠くから来たお客さんは思い出づくりに夢中なので、盛り上がる。つまり、やかましいbearing。この日は新潟からの観光客でしたが、間が悪いことに偶然にも新潟出身の地元客が意気投合して、盛り上がっておられました。われわれは飲まないんで、早々に退散しましたが……。

 葛西にあるこの店にも行ってきました。職人が握る回転寿司ということで、しかも105円皿の範囲が圧倒的にひろく、したがって気兼ねなく食べられると期待して行ったんですが……、ネタもシャリもcatface、小さかったですbearing

 たくさんの種類を食べられますが、いまいち満足感に乏しいようで……、仕方がないので300円のかんぱちを食べちまいました。二日連続、すくなめランチで健康的であった、と。

110619_173001  なかなか日が沈みませんね。♪日はいつまでも沈まない、こころはむかし死んだ。

ではまたchickcat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月31日 (火)

キッチン南海@蔵前店

 お暑うございます。もう、夏いいですcoldsweats02。お願いですから、すみやかに終わってください。夏は好きな季節なんですが、もう……。

 このうえ、9月と10月も暑いらしいですね。020jpgb  

 やけくそで、カツカレー食べてきました。キッチン南海(蔵前店)です。神保町の本店の黒いカレーが有名ですが、あっちは必ず相席になる上に脂っこいので、都心に出た日はここでガッツリ食って帰りますrestaurantbicycle

 カレーの味は神保町店よりもゆるいです。630円とB級なみですが、辺鄙(へんぴ)な場所にあるのでC級認定。名物マスター(ネットでは、らしい)が天然ボケ系のウェイトレス(いい歳ですが)さんをイジめるあたりも、C級店。夕方はいつも空いてます。

 キッチン南海も都内各所にあるらしいですが、チェーン店でありながらメニューも味もそれぞれで、価格もマチマチ。まだ食べたことありませんが、蔵前店はスズキのフライが名物らしいですね。こんど、西のほうに探索に行ってみようと思います。

 暑い……。ではまたcat

| | コメント (0) | トラックバック (0)