« 真夏の中華 | トップページ | 上野のクラウンエース »

2016年10月17日 (月)

Gショック 海の強者

 二か月半ほど、愉しく迷って購入しました。いま流行りのG-SHOCKです。Dscn3420  
 いままでは、本格派のアウトドアっぽいPRO-TREKを使っていましたが、9年目でお亡くなりになり、機能的にはGも追いついてきた。ということで、デザイン的に派手なGを。
 PもGも、デジタル時計のくせに、時計針を復活させています。そのせいで、液晶部分がほんとうに狭くなり、ハッキリ言って「使いにくい!」。しかし、針があると時計らしくて美しい、なわけですね。この流れは。
 Gはものすごぉーく、モデルが多いです。毎月、新しいモデルがリリースされてる。楽しく迷っているあいだにわかったのは、値段が高いからといって機能がたくさんというわけではない。 値段が高いほうが、ほぼ確実に格調が高く感じられる。
 ちなみに、Gの基本要件は耐衝動性と20気圧防水、世界時計、アラーム、ストップウォッチなど。電波時計(時刻の自動補正)とタフソーラー(太陽充電=充電池は7~10年寿命)が加わると、2万円超えの価格。これに各種センサー(コンパス・気圧・高度計・気温・月齢・潮の干満)が付くと、本体価格で5万円超え。GPSが付くと、もう10万円をかるく超えます。
 いちばん最後まで迷ったのは、こいつ(空の王者)でした。とにかく、サファイアガラスが美しいし、文字盤の構成がハイセンス。飾っておきたいタイプです。
 しかし、センサーがコンパスオンリーなんです。気圧が測れない。こっち(陸の覇者)もタフそうで惹かれましたが、あまりにも陸軍すぎる(泥くさい)。
 
 で、けっきょくスマートな海軍風で、しかも急激な気圧変化を音で知らせる機能付き(嵐のなかを走るのか?)。あとは、カーボンや軽量金属のバンドは、自転車のハンドルを握るには、かなりツラいだろうということで、最後は売り場で20分ほど迷って、ビックカメラの店員さんにご相談の上、決めました。どこまで迷ってるんかーい(苦笑)。
 ではまたcat

|

« 真夏の中華 | トップページ | 上野のクラウンエース »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176227/64361803

この記事へのトラックバック一覧です: Gショック 海の強者:

« 真夏の中華 | トップページ | 上野のクラウンエース »