« 真夏の記録 & 業界異変 | トップページ | 横置き(裏返し)輪行 »

2015年9月22日 (火)

春日部の亀鶴堂@愛知産博多ラーメン

 愛知県が食の王国であることは、たとえば巷にあふれる中国人経営の本場中華料理店が愛知の食材会社のパッケージであること、万人に愛されるライト系カレーショップ・Coco壱番館の展開でもわかります。
 しかし、その地に根っこもなければ足もない人たちが、愛知の地にて博多ラーメンを名乗るのはいかがなものか。しかも愛知から博多に進出するのではなく、埼玉に突如として出店するという大胆不敵さ……。 
Dscn2921
 けしからんというわけではありませんが、その味を検分するべく食べに行きました。 亀鶴堂さんです。
 炊きこむ豚骨の量が全国一と称するだけに、かなり濃厚ですが脂は少ない。なるほど立派な九州ラーメンですが、博多というよりも久留米ではないでしょうか。何度も申し上げますが、久留米が九州ラーメン発祥の地です。
 久留米・熊本系にくらべて、マー油(ニンニクの焦がし油)がないぶんだけマイルドですが、鋭い味に欠ける。博多ラーメンのあっさり感とはちがうあっさり度。写真は全部乗せで750円、チャーシューだけのスタンダードが680円なり。ハリガネ・バリ硬など、面の硬さも自在。ですが、名古屋で「バリ」とか、なして九州弁かちぁ? 味玉の黄身が半熟でありながら褐色に染まった白身、また食べたいと思いました。
 

|

« 真夏の記録 & 業界異変 | トップページ | 横置き(裏返し)輪行 »

九州ラーメン食べサイクリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春日部の亀鶴堂@愛知産博多ラーメン:

« 真夏の記録 & 業界異変 | トップページ | 横置き(裏返し)輪行 »