« 天災のときの非常食@水で60分おこわ | トップページ | 秋の思い出@多摩動物公園 »

2014年9月29日 (月)

春日部・杉戸・庄和サイクリング

140928_113701


 すでに稲穂は刈り取られ、残った根っこから芽が出て米がなっていました。こいつを刈り取れば、二期作ということになります。

 一説には稲の水耕栽培が全世界に普及すれば、人類の食糧問題は完全に解決する(生協関係者)そうですが、日本のように完成された水田(水の供給システム)、とくに河川管理(水量の調節)がかなりむつかしいのだとか。

 秋の稲穂ツアーとして企画していたサイクリングです。参加者がすでに埼玉県の水路サイクリングコースを体験済みということで、中川の土手がどのていど走れるのか、探索することにしました。

 ランチスポットの杉戸アグリパークです。140928_105601


 かなり大きな施設で、家族ぐるみの休日に適している感じ。ですが、ランチは肝心のお米があまりおいしく炊けていない。保温のしすぎで劣化したのか、そうでなければ古米としか思えん。カレーや銘柄豚のカツレツの味(衣が厚すぎ)は期待してなかったので、米だけは何とか頼みますという感じの農協関連施設でした。

140928_120401


中川の上流はやはり河川管理道路といえるほどのものはなく、農道も途切れ途切れ。でしたが、旧庄和町あたりで中川に並行して走る「田打ち落とし」という水路を見つけました。クルマの通行もすくなく、なかなか快適な直線道でした。水路を組み合わせれば、快適なサイクリングコースを発見できる、はずの埼玉東部。探索の途はまだまだつづきます。ではまたcat

|

« 天災のときの非常食@水で60分おこわ | トップページ | 秋の思い出@多摩動物公園 »

さいかつポタ」カテゴリの記事

コメント

アグリパークまったく、おっしゃるとおりですね。
食事しながらJAの闇を見たような気がしました。
庄和町あたり、うまくつなげられれば素敵なコース
になれますね。

投稿: kaccin | 2014年10月 3日 (金) 12時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176227/60393955

この記事へのトラックバック一覧です: 春日部・杉戸・庄和サイクリング:

« 天災のときの非常食@水で60分おこわ | トップページ | 秋の思い出@多摩動物公園 »