« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月30日 (日)

春爛漫@新機材

 すっかり暖かくなったかと思うと、春の嵐、花曇りですね。Dscn2105  

 新機材、できました。

Dscn2102_2

 

 こんな感じです。フレーム素材はレイノルズ531、そのむかし流行ったレース用素材です。したがって、ハイテン系のグワングワンしなる柔らかさはありません。

 アルミのようにカツンと跳ねるほどでもなく、振動をフレーム全体でグニャンと同化する感じ。 太いカーボンみたいに素材そのものが吸収する感じはないです。その意味では、クロモリ特有の自転車が生きた感じで反応する。このあたり、乗ってみないとわからないとは思いますが……。足掛け3年、新機材を思い立ってからはもう5年ほど、様々な機種を試乗してきた感想です。Dscn2103_2

 総括すると、FELTのカーボン車(2113年)はカラーリングに難点、最強アルミ車CADD10もいい色が出ればと思っていましたが、やはりレース仕様なのでのんびりツーリングというのには向かない。ブリヂストンはどこかおとなしくて、ワクワクする魅力に欠けた(うーん)。

 フォーカスのイザルコ(フルカーボン)には超惹かれましたが、価格が50万越えでしかもツーリングに不向き。コルナゴ、デローザ、トマジーニほかイタリアンハンドメイドは軒並みフレームが値上げ―――。ほかにジェイミスの7キロ台前半のアルミ車にも惹かれましたが、やはり自転車は観るものでもあるというわけで、最終的にはクロモリになりました、とさ。お付き合いいただいたみなさま、ありがとうございました。自転車は乗ってなんぼですが、眺める、語らう、そして選ぶのも楽しみのひとつだと感じた3年間でした。

140329 記念撮影……。

 撮影はK氏。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年3月17日 (月)

レトロシフト&ニューフレーム

Dscn2099 レトロシフトです。

 テクトロのブレーキをベースに、Wレバーを手もとシフト用に配置したしろもの。何だこれ感のあるクラシカル、かつデュラエースのSTIよりも軽いというのが魅力。ですが、シフト感は、はなはだ重たい(硬い)です。

 前シフターはダウンチューブにクロスでワイヤリングして、何とかフロントバッグのスペースを確保したいところ。Dscn2098_2  

 で、ニューフレームはラレーのカールトン・レコードというクラシックなクロモリです。メイドイン台湾ですが、日本でメッキラグをやってもらう半額ていどのお値段、イタリアンハンドメイドの3分の1?かと。

 ギアコンポはカンパをと思っていましたが、ショップの店長がまるでやる気なし(苦笑)。カンパを自信持って扱ってるショップって、都内に数軒しかないみたいなんですね。結果、こちらも105とアルテでお安くあがりましたとさ。ハンドル周りはNITTO、サドルは賛否両論のあるSDGにしました。足まわりはマビックのキシリウムでまったり感を期待。以上、完成前の途中経過でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »