« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月17日 (月)

終活、してますか?

 契約している葬儀会社(互助会系)のイベントに参加してきました。Dscn2087


 友人のご母堂の葬儀で知っていた会場ですが、今回は無宗教葬というテーマでした。写真の手前の祭壇がそれで(奥の祭壇が仏式となります)、色とりどりの生花で飾られています。

 無宗教なので、お焼香ではなく献花となります。神道式の玉串(サカキに紙垂(しで)を付けたもの)と同じく、花を手前に、祭壇には茎のほうを向けます。お経も祭詞(のりと)もないのであっけない感じですが、シンセサイザーでアレンジした好みの音楽が流されます。言われたとおり目を閉じると、過去の思い出や印象的なシーンが浮かぶようで、なかなか音楽の効果があるなと思いました。

 さらに、無宗教ならではの工夫を、故人の画像や映像を大型モニターで、あるいは経歴をナレーションすることで演出できるかもしれません。導師(僧侶とか神職)さんを呼ばないので、経費も安くなるでしょうね。Dscn2086

 お食事(試食)もいただきましたが、天ぷらがちょっと……いけませんでした。ま、無料なのでconfident。お棺に体験入棺も、してみました。

Dscn2071 こちらは横浜にある本家の御墓です。昨年の夏に伯母が亡くなったので、無沙汰を詫びに墓参した次第。

Dscn2077_2


 さらに右の写真は、書斎に置いてみた神棚です。父方の祖父(宇佐神宮の宮司職)と祖母の写真を飾っています。神棚は宗派や信仰に関係なく、神社を訪ねる感覚で飾ってください。神社神道には教義とかありません。神社本庁は政治色の強い団体なので困りますが―――。

 みなさんは終活、どうしていますか? 病気になったら出来ないこと(病室で葬儀の相談とか出来ませんよ)、元気なうちにやっておきましょう。ではまたcat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 9日 (日)

がん闘病記@医学博士の本

 お寒ぅございます。

 昨年お手伝いした本が出ましたので、お知らせします。ガン年齢の方、ぜひお読みください。年齢相応ハードな運動と食生活の改善、あとストレスを溜めこまないことで、ガンは克服できるというお話。1106362805


 著者のホームページはこちら。出版記念会の様子はこちら

 

 お医者さん、とくに医学部教授クラスになると、およそわれわれ普通人とはちょっと違う世界なんだなぁというのが実感。法律家や商社マンの友人もちょっと違うと思いますが、医師というのはもう根本的に違うと申しますか、異人種でした。いい人たちですが……。

 ではまたcat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »