« ツイードライド@ヘルメット | トップページ | 明けましておめでとうございます »

2013年12月16日 (月)

山小屋清澄店・もりや(新八柱)

 久しぶりに、九州ラーメンを2店舗、紹介します。

Dscn1925

 筑豊ラーメンと銘打っていますが、味は久留米系のラーメンチェーンです。北九州では幹線道路沿いの郊外店がメインで、トラック運転手御用達。創業者もトラック運転手だったそうです。

 あまり特徴のある味でも風味でもないですが、脂の浮き具合が少なめで好感が持てました。もう一度来ようと思うようなシャープな味ではないです。650円なり。

Dscn1970


 こちらは新京成線の新八柱にある長浜ラーメンのもりやさんです。600円なり。脂がややギトッとした感じで、本場っぽいですが、やはり薄い脂層があって、脂のうま味で食べさせるタイプ。チャーシューが煮豚(いけません)でした。

 じつは紅ショウガや高菜の辛子漬けがあるのが博多系のラーメンの特色で、博多ラーメン以外では、熊本ラーメンで高菜のトッピングがある程度です。したがって、この点は正しい長浜ラーメンと言えましょう。

 紅生姜が添えてある理由は、とくに本場の長浜ラーメンが漁業労働者の補食として味もそっけもないから「そんなん自分で味付けせんかね」という理由で、テーブルに添えてあるのなのです。じっさい、観光客用の屋台や本格店舗型(朝早くとかやってません)以外の、本物の長浜ラーメン店には醤油や塩、紅ショウガで自分の好みに味付けする光景がふつうです。

 

 ワタシのような北九者にとっては、紅ショウガみたいな味の強いものを入れてしまうと、ラーメン本来の味がわからない。まことに、そいつは邪道だと思います。舌がマヒすると言いますか、これはもう北九者が博多の人たちをなんとなく味覚音痴と蔑んでしまう、ひとつの大きな理由なのです。

 それにしても、ここの店長さんが修業した田中商店というお店、なぜか長浜にないようです。長浜ラーメンほどブランド化されて名前が独り歩きしている地方ラーメンも珍しいですね。500円限定(最近まで400円カルテル)、しかも味付けしないと物足りない薄さ限定、という感じで商標登録してみては、と言いたくなります。

Dscn1938

 こいつはワタシが作ったラーメンで、マルタイ製の熊本ラーメン(二人分で190円)。チャーシューや味玉、メンマを入れても200円にはなりますまい。美味いです。650円九州ラーメンの原価は、こんなところかと。

 というわけで、今後も九州ラーメン食べはつづけますが、自宅で作れるものをありがたがる必要は、やっぱりないかなぁ。外食でパスタを食べなくなって、もう10年にもなりますかね。ではまたcat

|

« ツイードライド@ヘルメット | トップページ | 明けましておめでとうございます »

九州ラーメン食べサイクリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176227/58768035

この記事へのトラックバック一覧です: 山小屋清澄店・もりや(新八柱):

« ツイードライド@ヘルメット | トップページ | 明けましておめでとうございます »