« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月27日 (土)

夏の千葉大会決勝2014

2014
 恒例の予選観戦です。今年の千葉大会決勝は習志野と木更津総合、好試合が期待されましたが、期待通りでした。

Dscn1775

 地元の習志野がドラフト注目の選手を擁しての勝ち上がりに、観客も外野席まで埋め尽くす大入り。

Dscn1777
 息をつかせぬ点の取り合い、接戦でしたが結果はこのとおり。木更津総合の打力と千葉投手の精神力がすごいと思いました。

 

 甲子園大会が楽しみです。

 空は曇天の予報に反して熱晴れ。暗低雲と入道雲が林立しつつも、夕方まで被害なし。こういう荒天の気はい、なぜか好きです。ではまたcat



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月25日 (木)

ツールのクリテ、ステッカーを入手

 さいたま市庁舎に行ってきました。ネットで聞き付けた、ツール・ド・フランスの埼玉クリテのステッカーを手に入れに。Dscn1767

 市庁舎のロビーには、ピナレロのTT用ドグマとキャノのRI(たしか)が展示され、ゆき交う人が見入っておりました。Dscn1768  

 ステッカーです → 

 あんまりいい色じゃないですね。フライヤー(ちらし)のほうはいい色出してますが……。もっと自転車に貼れるコンパクトな、それでもってツールの集団走行写真かなにかを背景に、カッコいいのを期待していました。ま、もらいもんですから文句言えませんが。

Dscn1769  自転車屋さんに展示してあったブリヂストンの小径車、いいな。

  クリテの告知サイト、貼っておきますね。

Dscn1770  帰りに偶然行き当たった浦和一女の校門。体躯会系女子がトレーニングの最中でした。

 埼玉の高校(旧制中学・高等女学校)がGHQ指導で統合されなかったのは、九州や東北のように旧体質ではないから、という判断だったとか。あるいはOB会やOG会の反発が強かったとか、諸説あります。公立なのに女子高とか男子校、カッコイイなと思います。

 ではまたcat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月21日 (日)

土用間近、梅干しも完成間近!

 ゆるです、ごぶさたしてます。すこし、暑さがおさまりましたですかね。

 料理はあまりつくらないわたしですが、こういうのはやります。Dscn1712  

 梅干です。右の写真はおおむね一ヶ月前、買ってきたばかりの南高梅です。

Dscn1717

 塩とホワイトリカー、赤紫蘇の漬け汁に入れること約一ヶ月。

 本日、晴れて梅干の完成段階に近づきました。Dscn1759  

 どうです? おいしそうでしょう。

 でも、まだこれを漬けるんですね。

 梅干って、梅漬けだったと知った、夏の空♪

Dscn1760

 一日漬けては乾し、また漬けます。

 たのしみですねぇ。Dscn1764  

 というわけで、梅干はまだ食べられませんので、今夜はスープカレーでした。夏野菜の素揚げが決め手です。

 ではまたchick

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月12日 (金)

多摩川サイクリングロード・・・・・がない!

 ありませんでした、多摩川サイクリングロード。

 なッ、何だってぇ――?! それっていうのは、 お前が見つけられなかっただけなんじゃないんかーい??

 いいえ、最初はあったんです。ほらね、ボケてますけど。Dscn1752 ちなみに、左前方のビル群は武蔵小杉界隈。

 ところが、丸子橋あたりから土手上のサイクリングロードがなくなり、やむなく下におりると、水道局が管理している舗装路で「自転車は降りてください」と。

Dscn1753  それが、これです。

 この舗装路が終わるまで自転車は乗ってはダメで、やがてダートになります。

 このダートが延々と・・・・・。Dscn1754  

 荒サイでも川口のところでトラップと呼ばれる舗装路の途切れがありますが、あそこはゴルフ場を迂回すればダートもやがて終わりますよね。でも、ここは終わらないんですwobbly

 もしかして、このダートが多摩サイ?? 一度、京王閣から小田急線まで多摩サイを走ったときに闇夜のダートを体験して怖かった思い出はありますが、今回はそこまで行かない予定だったんですけどね。

 多摩サイ、ありませんでした。

 あきらめて、多摩川堤道路(江戸サイでいうと、土手下のあの危険きわまりない車道)に上がりました。覚悟をきめて走れば何ともないと申しますか、いいんですけどね。

Dscn1755  暑さでアタマが朦朧としてきましたので、危険回避でひとつ下にある生活道路に下りました。 

 まさか、これを多摩川サイクリングロードとは言いますまい、大田区さん。あんまりです。けっきょく、二子玉川まで一般道を走りました。多摩サイ、ありませんでした・・・・。二子玉の高島屋は改装中、ではなく新しい建物をつくってました。いまの建物でも多摩川が一望できてすごいのに、どんなのが出来るのか楽しみですね。

 こっちは野川サイクリングロード(二子玉から)です。Dscn1757  

 すばらしいです、世田谷区さん。もう川の管理道路そのものが公園で、遊歩道かと。本当は仙川を行く予定だったんですが、もうこれで大満足、堪能しました。

 ほかに、今回の収穫(多摩川に出るまで)。

Dscn1746  いつもは15号線(第一京浜)か湾岸道を南下してましたが、うまい具合に旧東海道に入れました。京浜急行のちょい海側を走る感じですね。大森で15号と合流。

 さらにそこから先は商店街沿いに川崎まで行けるんですが、今回はちょいと寄り道しました。Dscn1748  

 馬込の文人村。といっても、大正時代から昭和にかけての文化的フィールドで、旧跡です。この案内に載っていない邸宅が、今回の目的でした。

Dscn1750b  コロニアル風の白亜の邸宅、といえばピンとくる方は、けっこう教養人です。旧跡になっていないのは、ご遺族が住まわれているからで、これ以上は書けません。

 なるほど、ブルジョアジー(昭和の言葉)は高台に住んでいたんだな、と息を荒げながら登りつめて、そう思いました。Dscn1743炎天下に坂を登ると、そのダメージが60㌔超えあたりで、アタマに出てきます。ボーッとなる(熱中症の初期段階?)感じでした。  

 オマケです。三田(田町)駅界隈でみつけた、幕末の史跡。

 ではまたcat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 1日 (月)

鰭ヶ崎駅前のマツノ@洋食屋さん

Dscn1721  ひと口ヒレカツ・ハンバーグ・クリームコロッケ・魚の白身フライ・エビフライ・ポテトサラダ・もやしの中華風サラダ。

 これが、この洋食弁当ランチのラインナップです。どうです、凄い数でしょう?

 お店は鰭ケ崎のマツノさん。Dscn1719  

 じつに豪華な洋食弁当のお値段は、ぬ、ぬわぁーんと、600円也。安すぎます、一つひとつの大きさはともかく、おかずの数があまりにも豪華過ぎるのです。

Dscn1720  お店は、こんなです。一見するとふつうに見えますが、ワタシたちの座ってる席は窮屈な小上がりで、おおよそ30年以上前に回帰したかのような雰囲気がビシビシ感じられます。

 置いてある漫画も古いのが多く、時代小説のほうは最近のブームを反映してか、けっこう新しいです。

 お味の方は、揚げ物ばかりなので普通としか申せませんが、お味噌汁がメチャ旨(うま)でした。これだけで、もうC級+認定。美味しいのに安すぎるというC級+です。まことにあっぱれ!

 ただし、常連顧客さんが来店するよりも、持ってきてくれんかね、の世代らしく。ご主人がひっきりなしにデリバリー(出前)に出かけるところが、うーんたいへんなんだなぁー、でした。

 そのご主人は、自転車で訪れたわれわれを気遣って、店の前で送ってくださいました。洋食店らしく「よい旅を(ボン ボヤージ)」と♪ 旅というほどじゃなくて、けっこう近いんですけどね。

 奥様のほうは、何度も水と氷を追加してくださり(ご主人が出前中につき、料理が出来てこない間)、アイスコーヒーも飲み放題(それほど頂きませんでしたが)でした。

 ありがとうございました♪cat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »