« 三郷中央の志乃・金町の風の家 | トップページ | 川越新ルート(新河岸川) »

2013年4月11日 (木)

道鏡皇位神託事件の真相1

 今年は伊勢神宮の式年遷宮の年です。たしか20年前は、ある民俗史研究者の本を編集していて、その人が式年遷宮の年に本を出せるのは望外の喜び、みたいなことを書いておられた記憶があります。早いものです。

 そこで、今年は伊勢神宮にまつわる謎、正史にはけっして書かれていない部分をすこし解説しましょう。歴史サイトで連載する予定なので、リンクも貼っておきます。

●「道鏡皇位事件で、伊勢神宮はなぜ宇佐神宮に神託の栄誉を奪われたのか?」

 古代奈良王朝をゆるがした大きな事件のひとつに、私たちは弓削道鏡の皇位神託事件を知っている。道鏡を帝にという神託の正否をめぐって、禁裏のみならず日の本の国を騒がせた政争ともいえよう。

 このとき、道鏡の皇位託宣をくつがえしたのは豊前の宇佐八幡神宮であり、称徳帝の勅使として八幡神の神託を確かめた、和気清麻呂の功績が今日につたわっている。仏教が旺盛に流行っていたこの時期、神託が皇統を決めることで、神道がほんらいの役割をしめした事蹟でもある。

 
 ではなぜ、このとき皇室の祖廟である伊勢神宮は皇統にかかわる神託を依頼されることなく、九州の地方神にすぎない宇佐八幡神宮に名を成さしめたのであろうか。これは、ながらく疑問とされてきた史実である。

 
 それいらい、宇佐八幡神は石清水八幡(京都)、鶴岡八幡(鎌倉)などに勧請され、戦国時代には武士の神社として各地に建立されることになる。つまり伊勢神宮は、道鏡神託事件に何ら積極的に関わらなかったことによって、近世に至るまで八幡神の後塵を拝することになったともいえるのだ。

 
 さらに言えば、平安期には熊野詣として、熊野信仰が朝廷をふくめた貴族階級に流行するも、伊勢神宮はついに帝の参拝も得られなかった。代々の帝は禁裏から伊勢神宮に拝礼するにとどまったのである。

つづきはこちらで(無料です)。

|

« 三郷中央の志乃・金町の風の家 | トップページ | 川越新ルート(新河岸川) »

神道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 道鏡皇位神託事件の真相1:

« 三郷中央の志乃・金町の風の家 | トップページ | 川越新ルート(新河岸川) »