« 松虫寺コーヒー&ハーベストガーデン | トップページ | 山形ツーリング2012 »

2012年8月29日 (水)

見沼通船堀@閘門開門実演

 bunaibuさんから情報のあった、見沼通船堀の閘門開門実演に行ってきました。Dscn1152  

 どういうものかと申しますと、右の解説文を読んでください。見沼水路と芝川には3メートルもの落差があり、二つの川を接続する運河が、見沼通船堀(みぬまつうせんぼり)というわけです。

 ふつう、閘門はフタをカタンと落として閉門、枠にそって引き上げて開門するわけですが、ここのは十数センチのどの長板を重ねていきます。まず、Dscn1154

 右の写真のように、長板を閘門に近づけておいて(まだ横になった状態)、

Dscn1156 水圧のチカラで立てます。多少はワザもあるのかもしれませんが、自然の摂理という感じで水圧が長板を立ててしまう感じでした。解説者によると、タイミングがむつかしいとのことでしたが。

 せいぜい十数センチなので、閉門するにはかなり時間がかかります。Dscn1160  

 そこで、妙齢のお姉さまがたが曲にあわせて踊ってくださいました。

Dscn1166  これはもう、長板をはずして開門というか、水を抜いているところです。

 けっこうな人出で、炎天下の見学は厳しかった。Dscn1165  

 見沼はほとんど走ったことがなかったので、大宮あたりまで行ってみようと思いましたが、ここで事件発生……。kaccinさんのリアメカにトラブル。

Dscn1167  これがどうなっているのか、説明できる人は相当な自転車マニアさんでしょうね。手前にテンションプーリーで、チェーンがガイドからはずれてしまっています。

 ふつうのリアメカでは起こりえないことが、起きてしまった模様……。

 初代デュラの場合、ガイドプーリーに可動式のストッパーが付いていて、何かの拍子にはずれたらしい。変速に不安があるということで、大宮行きは断念。Dscn1168  

 右の写真は、閘門の差配役を命じられていた鈴木家の蔵です。支配は幕府直轄だったということ。水路の閘門、街道の関所、交通関係はおそらく勘定奉行の管轄だったはずですが、ちゃんと調べたわけじゃないんで、このあたりにしておきます。

 で、お昼は先週の松虫カレーがガッカリだったので、無農薬野菜食べ放題の店をチョイスしてましたが、予約客で満杯という予想外の事態。そのトイメンにある懐石料理店に入ってみました。これが大正解。一休というお店です。Dscn1147  

 写真が悪いので、あまり美味しそうに見えませんが、さすがに懐石料理店のお刺身。舌がとろけそうになりました。ナスの葛寄せデザートとアイスコーヒー(美味い)が付いて1000円。店主か番頭風の人が打ち水をするなど、なんとなく敷居が高く感じられるせいか、空いているのも魅力です。

 ではまた

|

« 松虫寺コーヒー&ハーベストガーデン | トップページ | 山形ツーリング2012 »

武蔵・北関東の歴史」カテゴリの記事

コメント

横山さん、こんばんは。
お疲れさまでした。
無事に実演会に行かれたようで安心しました。
写真を拝見すると、水位を上げる板とその位置が昨年と違うような…、こんど閘門をよく観察してみようと思います。
「一休」機会があったら行ってみます。

投稿: bunaibu | 2012年8月29日 (水) 23時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 見沼通船堀@閘門開門実演:

« 松虫寺コーヒー&ハーベストガーデン | トップページ | 山形ツーリング2012 »