« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月29日 (水)

見沼通船堀@閘門開門実演

 bunaibuさんから情報のあった、見沼通船堀の閘門開門実演に行ってきました。Dscn1152  

 どういうものかと申しますと、右の解説文を読んでください。見沼水路と芝川には3メートルもの落差があり、二つの川を接続する運河が、見沼通船堀(みぬまつうせんぼり)というわけです。

 ふつう、閘門はフタをカタンと落として閉門、枠にそって引き上げて開門するわけですが、ここのは十数センチのどの長板を重ねていきます。まず、Dscn1154

 右の写真のように、長板を閘門に近づけておいて(まだ横になった状態)、

Dscn1156 水圧のチカラで立てます。多少はワザもあるのかもしれませんが、自然の摂理という感じで水圧が長板を立ててしまう感じでした。解説者によると、タイミングがむつかしいとのことでしたが。

 せいぜい十数センチなので、閉門するにはかなり時間がかかります。Dscn1160  

 そこで、妙齢のお姉さまがたが曲にあわせて踊ってくださいました。

Dscn1166  これはもう、長板をはずして開門というか、水を抜いているところです。

 けっこうな人出で、炎天下の見学は厳しかった。Dscn1165  

 見沼はほとんど走ったことがなかったので、大宮あたりまで行ってみようと思いましたが、ここで事件発生……bearing。kaccinさんのリアメカにトラブル。

Dscn1167  これがどうなっているのか、説明できる人は相当な自転車マニアさんでしょうね。手前にテンションプーリーで、チェーンがガイドからはずれてしまっています。

 ふつうのリアメカでは起こりえないことが、起きてしまった模様……。

 初代デュラの場合、ガイドプーリーに可動式のストッパーが付いていて、何かの拍子にはずれたらしい。変速に不安があるということで、大宮行きは断念。Dscn1168  

 右の写真は、閘門の差配役を命じられていた鈴木家の蔵です。支配は幕府直轄だったということ。水路の閘門、街道の関所、交通関係はおそらく勘定奉行の管轄だったはずですが、ちゃんと調べたわけじゃないんで、このあたりにしておきます。

 で、お昼は先週の松虫カレーがガッカリだったので、無農薬野菜食べ放題の店をチョイスしてましたが、予約客で満杯という予想外の事態。そのトイメンにある懐石料理店に入ってみました。これが大正解。一休というお店です。Dscn1147  

 写真が悪いので、あまり美味しそうに見えませんが、さすがに懐石料理店のお刺身。舌がとろけそうになりました。ナスの葛寄せデザートとアイスコーヒー(美味い)が付いて1000円。店主か番頭風の人が打ち水をするなど、なんとなく敷居が高く感じられるせいか、空いているのも魅力です。

 ではまたcat

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年8月25日 (土)

松虫寺コーヒー&ハーベストガーデン

 残暑お見舞い申し上げます。

 チーム東葛(笑)で最近評判の松虫寺コーヒー(焙煎コーヒーガーデン)にカレーを食べに行ってきました。Dscn1139  

 カレーというよりも、鶏肉のトマト煮スパイシー風味夏野菜の素揚げ乗せ、という感じでした。カレーだと思ってオーダーするとガッカリします。

 始めたばかりの素人のお店なので、スプーンが出てこずになかなか食べられなかったり、スプーンが来ても足りなかったりと、ある意味で親しみが持てますが、およそ客商売の水準ではないとbearing

 店の売りらしいコーヒーは、アイスを頼んでしまったので正面からの評価にはなりませんが、苦味がいちおう感じられるので、カレーほど「なんじゃこりゃ」ではありません。が、もっと美味しいアイスコーヒーがあるのは確かです。A級のつもりで期待していましたが、C級(なんとか食べられる)認定っcatface

 唯一、残された癒し空間という評価は、カフェ・アンティグアとかフーカフェとか、味はともかくそれなりに空間演出に凝っている店を知っている者には、つらいものがありましたgawk。立地と自然環境だけは、たしかにA級なのでしょうか。

Dscn1144  本日、もうひとつの目的がハーベストガーデンでした。

 フェスタらしいのですが、上のHPを見てすぐその概要がわかる方は、ベテランのナニですね。ワタシたちは、おぼろげながらわかっていましたが、ある意味で驚きをもって、その全容を理解したのでした。

 ミストが気持ちよかったです。Dscn1145  

 ドレスのご婦人方とソムリエかコンシェルジュ風の美女。ホテルなのでしょうか? いいえ、違うのです。

Dscn1143  雪が運び込まれ、子供たちが遊んでいます。ロングライドで火照った手をつけてみると、ひんやりと気持ちよかったです。

 さて、フェスタの後方の建物にご注目ください。これでピンときた方は、やはりベテランのナニです。Dscn1146  

 それでは、答えです。

 じゃーん。まるでホテルのような従業員の制服、規矩正しい接客態度、そしてゴージャスな室内……。パチンコ店でしたhappy02。※「ベテランのナニ」=「ベテランのパチンカー」です。

 マルハンというメーカーの直営店なのですが、21世紀に進化した郊外型パチンコ店の姿が、そこにはありました。やられた感がしばらく、感心することしばらく、賭け事をしない主義なので嬉しくはありませんでしたが、すごいなと思いました。

 と申しますのも、過日おとずれた松戸競輪場、京王閣競輪場が、そのいずれも設備の更新はそこそこに(ロイヤル席)してあるものの、競輪選手の競走ジャージとか演出(?)とかが、いかにも昭和を引きずったまま、ほとんど進化が感じられなかったからです。

 男子選手はもっと筋肉美を誇示するようなジャージを、とか、女子選手はビキニで走れば人気が出るだろう、とか、無責任なことは言うべきではない(落車のさいの安全策で、パッドのうえにジャージが現状の基本のようです)とは思いますが、もっと何かこう、進化できないものでしょうかと。マルハンさんの企業努力を眺めながら思ったのでした。

Dscn1142  ようやく、こいつを使ってみました。定価は98円(確か)で、約30分ほど気温30℃条件で0℃を実現らしいけど、氷よりは温度が高い感じで肌に着けても痛くはないです。

 問題は、Dバッグに背負うと腰の位置に来てしまうので、首に巻きつけるように工夫する必要があります。ワタシは必要ないなと思いましたが、熱中症の方(たとえば、ゆるさん)用に携行し、使用しなかったら夏の思い出に使って処分するとか、そんな感じでしょうか。

 ではまたcat

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年8月22日 (水)

競輪@京王閣

 競輪の取材をかねて、京王閣に行ってきました。

 途中、こんなところを訪ね、変貌ぶりに驚きました。Dscn1122b  

 むかしの建物は、ほんのわずか……。懐かしさよりも、埋もれていった時代の記憶に時間を忘れました。

Dscn1119b  ワタシらの頃とは、気風もちがうような、似ているような。

Dscn1127  思い出ついでに、K氏の新婚時代の家に寄ってみました。ご本人の許可をえて掲載しています。

 世田谷というのは、いまもむかしも瀟洒な佇まいが多く、ビックリするような広い家もあるけど、こうした小さな幸福っぽい雰囲気がいいですね。

Dscn1129  東京の競輪のメッカ、京王閣です。前回の記事(松戸競輪)では書きませんでしたが、競輪の客層の年齢がひじょうに気になっています。

 はっきり申しあげて、年齢が高すぎる、若い人がじつに少ない。じつは競輪は年間46兆円(平成15年度)の売上がある超巨大ビジネスなのですが、その巨大ビジネスをささえる層が、60歳台~80歳代という現状も、見て取れるわけです。つまり、日本経済をささえている業界の衰退……。深刻です。

 この報告書によると、売上金の10%にあたる5兆円ほどが学校や病院、自転車産業団体、ジャパンカップなどのロードレースに、補助金として支給されているとのこと。ようするに、日本の自転車産業は競輪に支えられているのです。少なくとも、いままでは。ロードレースも盛んなようにみえて、業界の雄であるミヤタが撤退するとか、エキップ浅田はいまだにパリに行けないとか、ブームの頂点が危うい現状。

 で、現状の競輪ファン層がこの先、10年後にまだ存命しているのかというと、かなり心配なことになるだろうと、思えてきました。みなさん、ガールズ競輪も始動したいま、競輪の存続を本気で考えましょう。と、提言したくなりました。

 レースでは、若手のA級(チャレンジ決勝)で金子幸央(19歳)が激しいまくりで、われわれを感動(?)させてくれ、ひょうきんな人気(ファンの「金子、深呼吸して頑張れ」の声援に、深呼吸してみせる楽しさ)を博していました。

 ガールズ決勝では6人中4番手の門脇真由美(39歳)が大番狂わせで、3連単(1・2・3位を単勝式で当てる)32万円の万車券(1000円買ってれば、320万円っ!)が出ました。真由美さん、いかにも体育会系女子という感じのお姉さま系でした。

Dscn1131  帰り道、多摩川サイクリングロードの暗さにビックリ。江戸サイも暗いところは暗いですが、土手下の車道の街灯でなんとなく明るいわけで、けっこうアドバンテージがあるですね。しかも多摩サイ、途中からいきなりダートbearing(いちいちことわる必要はないのかもしれませんが)。

 暗いのでみなさん、ものすごいライトを点けてました。まぶしくて、かえって危ないような自転車も。あー怖かった。Dscn1135

 ただ、遠望する風景は明るいんです(うまく撮れてませんが)。人口密度が違いますからね。

 ではまたcat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 4日 (土)

真夏の蒸し暑いサイクリング@さいかつポタ(久喜)

 熱中症必至! 真夏の炎天下サイクリングというお酔狂企画、敢行いたしました。Dscn1094  

 出発地点には、剛脚な方々もお見送りというか、守谷のハンスに出撃がてら挨拶にいらして、いやがうえにも覚悟と決意が煮詰まってまいります。なにしろ、炎天下の埼玉を途中補給の見通しもなく、ぶっ倒れるまで走ろうという酔狂な企画です。

 とちゅう、落伍者が続出した場合は、あっさり見捨てる放置したままプロジェクトの達成を優先するのか、それともチームワークよく救出のうえ、苦渋の決断で作戦を断念するのか。すなわち、輪友の絆が日本の危機を救う(?)、あるいは酷暑のもとのサイクリング技術に新たな一石を投じることになるのか。といった任務を帯びての出発でありました。

 が……。

Dscn1095  昨日までの暑さが影をひそめ、曇天……。蒸し暑さはあるものの、心地よい感じで霧雨が降っている快適なていたらく。参加者諸氏の日頃の行ないが良いから、いい感じの曇天になったとも、企画の目論見が外れてしまったとも言える顛末。

↑余裕しゃくしゃくで、大落古利根川の由来を学んでいる一行。いつもは手間どる新田用水路から中川→松伏の連絡も最短距離をクリアしたらしく、予定よりも一時間ほど早く久喜に到着しました。

 そこで、さらに数キロ先にある農協食堂という店でランチをと目論見ました。雨が降るでもなく、カンカン照りになるでもなく、ほどよい感じの曇天がつづいておりましたが、どうやら方角を誤ったような……。

 こういう場合、コンビニで道を訊ねても「さぁ、わたし地元のコじゃないから」とか「地図がわからん女性なので」とかになり、自力で何とか解決goodとなるところですが、今日のコンビニのお姉さんは地図がよくわかる方で、すぐに道順を教えてくださいました。じつにわかりやすく。

 あまりにもわかりやすかったので、ワタシのチョンボも明々白々となり、さらには参加者諸氏の戦意をも挫(くじ)いたのでした。橋をわたること3つ、鉄路をくぐること2つ……。

 けっきょく、スカイラーク系の新店舗のステーキガストでランチ。この新チェーン店舗、なかなかです。1000円前後のセット価格でカレーやパン付きのサラダビュッフェです。ま、怪我の功名ということでhappy02Dscn1098  

 三郷での帰路、真横で砲撃されたような音が……。松戸花火でした。

 当面の予定。来週末:まつむしカレー。8月21日:ガールズ競輪京王閣シリーズ決勝。

 ではまたcat

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年8月 3日 (金)

白身魚@ほうぼうの煮付

 白身魚の煮付に凝っています。その理由は、青身魚は脂っこい、肉とか食べる気にならんほど暑い、水分をたくさん摂るせいか味の強いものが欲しい。です。Dscn1085  

 本当は金目鯛とか切り身のものがいいんですけど、形があるのも可愛いのならいいかも。で、方々(ほうぼう)です。300円也。

 お醤油大さじ2、味醂も大さじ+生姜ちょい+水少々。コツは徹底的に煮詰めること。何度か火をとめて、煮含めながら最後はガーツと炒め煮。ほろほろ、コリコリの仕上げです。

Dscn1091  味が濃いので、ほかにオカズが要らんくらいです。

 食欲が落ち気味の盛夏。ご自愛くださいcat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »