« 日本一周、ツーリング! | トップページ | 夏日の横浜・中編 »

2012年4月29日 (日)

夏日の横浜・前編

 連休、いかがお過ごしですか?

 ワタシは例年、ツーリング三昧の連休なんですが、今年はすぐ直近に九州行きを控えているのでこれといって予定もなく。そのかわり、神奈川方面に仕事の用件がてら、横浜に脚をのばしてきました。120429_131701

 横浜というと、みなとみらい地区、山下公園、中華街、元町、さらには馬車道というイメージですけど、じつはですね。それらはすべて収入源の観光地であって、本来の横浜ではありません。

 どうです、びっくりしましたか?

 おぉーっ、じゃ何かい。君は地元民なのかね? と言われそうですが、まんざら当たらずとも遠からず。じつはワタクシ、祖父は神奈川相模原、父は宮崎産大分育ちだそうですが、叔父が横須賀在住で、父方の母系がやはり横浜の一族。

 こう言うと、何じゃいannoyお高くとまりやがってpout。な感じがしますように、東京人や千葉・埼玉人にとって横浜方面はスマートで、まぶしい存在なんですね。センスいいしねconfident。というわけで、機会をとらえては憧れの横浜に走る横山です。みなさん、千葉人だからと卑屈にならず、おおいに横浜に出かけましょう。卑屈だなぁ……catface

 では、どのあたりが本来の横浜なのかと言うと、たぶん伊勢佐木町(馬車道の延長・内陸側)モールとその外延部の日ノ出町、黄金町あたりではないでしょうか。その反対側にあるのが横浜橋商店街(右写真)です。120429_140401

 どうです、この庶民性。立石とか三ノ輪あたりと遜色ないっしょ?

120429_142301 こちらは野毛地区。ちょうど大道芸祭をやっていました。このあたりまでは、けっこう色街も。

 道にはみ出して飲むの、葛飾区あたりと同じでしょ。横浜、けっこう庶民的じゃん。

 今日はちょいと、脚をのばしてサガミサイクルが最終目的地でした。ワタシの計算では都内よりも25%、定価より33%安いレプリカジャージが、その標的。
 とはいえ、同じ横浜市でも、かぎりなく大和市とか綾瀬市に近いような、ワタシ的には未踏の地です。相鉄線沿いに走っていればなんとか到着するはずなのに、その相鉄線が川(帷子川というそうです)の向うに見え隠れしつつ、見えなくなったりで不安……。

 とって返して線路を確認しながら走るのでは、とうてい日のあるうちには着きますまい。それよりも、本当に着けるのだろうか。と、不安になっていたとき、ちょうど後方から美人サイクリストが同じ信号待ちになりました。

 サガミサイクルの場所を訊いてみると、彼女virgo「16号線を××から○○して、その先を△△」 ワタシcat「はぁ……(ぜんぜんわからん。地元じゃないし)」 彼女virgo「わたしもこれから行くので」 ワタシcat「じゃあ、一緒に(きっ、君に付いていくheart02)」でした。

※なお、↑のheart02は手塚治が漫画のなかで好んで使った「おお、わしの願いを聞いてくれるか、愛しているぞ」(たいがいは悪い権力者)ほどの意味です。

 サガミサイクルといえば、創業数十年でコアなショップ(らしい)ので、ちょうど同じ時刻に行くサイクリストがいてもおかしくないかな。と、なかば期待をこめて「そういう人がいればなぁ~」と想定していたところ、そのとおりになったのです。本格的なローディーならとても付いてはいけないかもthink、ですが、クリートもクリップも使ってない人だったので、これなら大丈夫であろう。

 帷子川沿いに、ちょうどサイクリングロードのような道を快適に。はじめのほうは快適に走りましたが、ところが……、つっ、は、速い! 

 時間をおもんぱかって急いでくれているのだなと思いつつ、しかしこれが悪夢のような地獄のはじまりになるとは、そのときのワタシには思いもよりませんでした。
(この記事、つづく)

※ここで出会った美人ローディー、プロの写真家さんでした。開催中のイベントがあるので、とりあえずイベント告知を。開催は10日までで、パーティーは終わってます。ぜひどうぞ。

|

« 日本一周、ツーリング! | トップページ | 夏日の横浜・中編 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176227/54590773

この記事へのトラックバック一覧です: 夏日の横浜・前編:

« 日本一周、ツーリング! | トップページ | 夏日の横浜・中編 »