« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月30日 (月)

夏日の横浜・中編

 午後になってジリジリと暑くなり、まさに夏日sunの様相をていしてきたゴールデンウィーク前半なか日の横浜。サガミサイクルへの道を迷っていたワタシは、美人サイクリストの案内で、めでたく危機を脱したのでありました。前編はこちら

 ところが、です。クリートを使ってないので千切られることはないだろうと思っていた彼女virgoに、ワタシcatはじょじょに置いていかれるようになっていました。女性のプロポーションを云々するのは極力ひかえますが、どちらかといえばやや筋肉のたくましい印象の彼女。スプリントタイプとでもいうのか、グイグイ引っ張ってくれる。いや、ワタシが置いていかれてしまう。したがって、余裕がないので写真とか、ありません。

 最初のうちこそ登りで何とか追いついていたものの、つっ、ついに……、坂道でも追いつけなくなりました。ちなみに風は南西からで、ほとんど真逆、けっこうな向かい風です。にもかかわらず、サイクルコンピュータはつねに20キロ台の前半をしめして、彼女を速いと感じるのがワタシの疲れや心理的なものではないことを物語っているのだった。ダッ、ダメだ、このままでは。千切れますbearing

 信号待ちのたびに「速いですねぇ」とか「いつもショップのチームで走ってるんですか」「ウチのチーム(すいません、チーム東葛のことっスm(_ _)m)に、こんな速い人いませんよ」などと、暗に「もう少しゆっくり走ってもらえませんか」と訴えるのですが、なんか通じないようで……。ま、泣きごとも言えませんし。

 会話でわかったこと → いつもは16号を(激しく)走っていること(東葛方面なら、6号線を走るようなもんですな)。過去にロードバイクで激しい事故経験があること。明日、津久井湖(高尾山付近)まで走るので、半袖のジャージをサガミサイクルに買いに行く。つまり、彼女は本格ローディーだったのであーる。

 最初ワタシは、集団走行に慣れていない人にありがちな、速く走らなければという感じで飛ばしているんだろうと思っていたのです。でも、どうやらそうでもないらしいsweat01。ワタシが呼吸を乱しているのに、彼女はゆっくりと水分補給する余裕。こうなったら、みっともないところを見せず、目的地に到着するのを祈るばかり。

 じつはこういうシチュエーションの小説book、書いたことがあります。編集部から回春小説というオーダーだったので、あまり詳しくは紹介できませんが、サイクリングロードで若い美女と知り合った熟年ローディーがサイクリングに誘われ、はりきって参加したものの、彼女のほうは彼氏とおぼしき男性と一緒。熟年氏は落胆させられるばかりか、若いカップルのスピードに付いていけず、ついには気をうしなってしまうという顛末。じつは若い二人の関係は熟年氏の誤解で……という展開なのですが、まさか自分が女性ライダーに千切られるとは。

 ワタシはよーく知っています。夏日に無理をしたロードバイク乗りがどういう運命をたどるのか。急激な熱中症におちいったり、バランスをうしなって落車したり。じょじょに危険領域に近づいてくるような、いきなりドーンと来そうな。

 それにしても、もう10キロちかくも走っているのに、相鉄線の駅はもういくつも通過(横浜―三ツ境間は11駅)したはずなのに、まだ着かない。
 そのとき「アッ!!」 やっ、やばい! 「ああーっ!sweat01

(後編につづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月29日 (日)

夏日の横浜・前編

 連休、いかがお過ごしですか?

 ワタシは例年、ツーリング三昧の連休なんですが、今年はすぐ直近に九州行きを控えているのでこれといって予定もなく。そのかわり、神奈川方面に仕事の用件がてら、横浜に脚をのばしてきました。120429_131701

 横浜というと、みなとみらい地区、山下公園、中華街、元町、さらには馬車道というイメージですけど、じつはですね。それらはすべて収入源の観光地であって、本来の横浜ではありません。

 どうです、びっくりしましたか?

 おぉーっ、じゃ何かい。君は地元民なのかね? と言われそうですが、まんざら当たらずとも遠からず。じつはワタクシ、祖父は神奈川相模原、父は宮崎産大分育ちだそうですが、叔父が横須賀在住で、父方の母系がやはり横浜の一族。

 こう言うと、何じゃいannoyお高くとまりやがってpout。な感じがしますように、東京人や千葉・埼玉人にとって横浜方面はスマートで、まぶしい存在なんですね。センスいいしねconfident。というわけで、機会をとらえては憧れの横浜に走る横山です。みなさん、千葉人だからと卑屈にならず、おおいに横浜に出かけましょう。卑屈だなぁ……catface

 では、どのあたりが本来の横浜なのかと言うと、たぶん伊勢佐木町(馬車道の延長・内陸側)モールとその外延部の日ノ出町、黄金町あたりではないでしょうか。その反対側にあるのが横浜橋商店街(右写真)です。120429_140401

 どうです、この庶民性。立石とか三ノ輪あたりと遜色ないっしょ?

120429_142301 こちらは野毛地区。ちょうど大道芸祭をやっていました。このあたりまでは、けっこう色街も。

 道にはみ出して飲むの、葛飾区あたりと同じでしょ。横浜、けっこう庶民的じゃん。

 今日はちょいと、脚をのばしてサガミサイクルが最終目的地でした。ワタシの計算では都内よりも25%、定価より33%安いレプリカジャージが、その標的。
 とはいえ、同じ横浜市でも、かぎりなく大和市とか綾瀬市に近いような、ワタシ的には未踏の地です。相鉄線沿いに走っていればなんとか到着するはずなのに、その相鉄線が川(帷子川というそうです)の向うに見え隠れしつつ、見えなくなったりで不安……。

 とって返して線路を確認しながら走るのでは、とうてい日のあるうちには着きますまい。それよりも、本当に着けるのだろうか。と、不安になっていたとき、ちょうど後方から美人サイクリストが同じ信号待ちになりました。

 サガミサイクルの場所を訊いてみると、彼女virgo「16号線を××から○○して、その先を△△」 ワタシcat「はぁ……(ぜんぜんわからん。地元じゃないし)」 彼女virgo「わたしもこれから行くので」 ワタシcat「じゃあ、一緒に(きっ、君に付いていくheart02)」でした。

※なお、↑のheart02は手塚治が漫画のなかで好んで使った「おお、わしの願いを聞いてくれるか、愛しているぞ」(たいがいは悪い権力者)ほどの意味です。

 サガミサイクルといえば、創業数十年でコアなショップ(らしい)ので、ちょうど同じ時刻に行くサイクリストがいてもおかしくないかな。と、なかば期待をこめて「そういう人がいればなぁ~」と想定していたところ、そのとおりになったのです。本格的なローディーならとても付いてはいけないかもthink、ですが、クリートもクリップも使ってない人だったので、これなら大丈夫であろう。

 帷子川沿いに、ちょうどサイクリングロードのような道を快適に。はじめのほうは快適に走りましたが、ところが……、つっ、は、速い! 

 時間をおもんぱかって急いでくれているのだなと思いつつ、しかしこれが悪夢のような地獄のはじまりになるとは、そのときのワタシには思いもよりませんでした。
(この記事、つづく)

※ここで出会った美人ローディー、プロの写真家さんでした。開催中のイベントがあるので、とりあえずイベント告知を。開催は10日までで、パーティーは終わってます。ぜひどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本一周、ツーリング!

 みなさん、日本一周のツーリングです! 日本一周ですぜ。

「おおっ、ついにその気になったかhappy02」 「すげーっ! 見送りだけなら付き合うぜ」

 などと思われた方、ありがとうございます。でも、これ、ワタシじゃないんです。

 昨日、上野界隈で日本一周・友達づくりの青年に会いました。滋賀を出発し、北陸経由甲信越をへて関東に入ったとのこと。

 以前は自転車に乗ってると、日本一周ツーリングの人たちによく会ったような記憶がありますが、なんか久しぶりでした。千葉方面をまわって東北、北海道に北上する予定らしいので、会ったら声をかけてくださいね。嫁さんも募集らしいです。

 ところで、お前は日本一周、どうするんだいpout ですって? はい、誰かいっしょに走りませう。覚悟が決まったら、お知らせください。

 夏日とはいえ、夕方は夏ジャージだと寒いbearing。ではまたcat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月21日 (土)

栗丸、がんばれ!

 先日、取手に先輩編集者を訪ねました。元日刊ゲンダイ報道部長・元週刊金曜日編集長・その他もろもろ。この方です。ガーデニングの仕事をしていらっしゃるので、いろいろとエクステリア関係で相談もあり、けっこう猫の話題がメインでしたが……。Dscn0719  

Dscn0718  取手の駅(西口)っス。撤退した東急百貨店をバックに、裸婦のブロンズ像。

 勃興する(?)我孫子と相対的に、やや地盤沈下の様相(さっ、寂しーbearing)が見てとれましたが、それはうわべだけのこと。走るbicycleと奥行きのある田園地帯がひろがり、なかなかいいなぁhappy02。という印象でした。いつも、このあたりは6号線沿いに走るんで、けっこう初めての訪問の気分でした。

Dscn0720  猫愛好家のみならず珈琲道も先輩なので、その香りと雰囲気を堪能してきました。砂糖壷も子猫の取っ手(左写真の、こいつ↓を参照)が(笑い)。

Dscn0722  

 すっかり盛り上がったあとは、リンパ腫瘍と診断されている栗丸(3歳男の子)を見舞いに行きました。人間用の抗がん剤を投与されているそうですが、それほど副作用は感じられませんでしたね。♂の3歳前後、思いがけない病におかされることがあるそうです。

 栗丸ーっ、病気になんか負けるなよ! 

 では、またcat

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年4月16日 (月)

なつかしの喫茶店@大森

 C級グルメというカテゴリーにくくるのはどうか、とは思うのですが、いちおうモーニングサービス(7時~13時)だったのでそういうことに。120415_122701 写真は500円(飲み物+100円)のモーニングサービス(食べたのは1時過ぎでしたがhappy02)。 

 じつに、ンー10年ぶりの訪問でした。まだバブル経済がはじける前に、喫茶店というものが地価の高騰にも耐えられ、高尚な議論をリードおしゃべり文化と喫煙の中心にあった頃の、ワタシ的には名店と思える店です。

 せんじつ、川崎に足を伸ばした帰りに店をみかけて、記憶がほどけてくるにつれてビックリしたものでした。当時、ワタシは留年したまま出版社に足を置き、編集と製作実務を大森の町で体験したんでした。大森界隈に出版社かよ――、と思われるのもそのとおりで、政治経済の情報誌と商品販促、出版社とは名ばかりの業務でしたが、当時は雑誌ブームという現象もあって、文学部系の学生には拝み倒してでも入りたいのが出版社だったわけです。今もそうなのかもしれませんけど。

 で、その出版社もどきの会社が週に一度、朝の会議に使っていた喫茶店が、ここなのです。というのも、二階に会議室というか無料でつかえる個室があり、モーニングサービス500円(当時はもっと安かったのかも)は会社負担で、社員の厚生もかねた朝食会兼編集会議となっていたのです。

 その後、店がどんな風雪にさらされ、荒波を乗り越えてきたのかは知りませんが、いまも一族経営(たぶん)で地元のみなさんに親しまれ、支えられているのだと思うと感慨深いものがありました。おばあさん(当時はおばさんだったかも)が二階にあいさつに来てくれました。モーニングだけでは申し訳ないので、ブレンドコーヒーの牽き売りを買いました。思い出の喫茶店は、歳とともに年々なくなっていくばかりですが、こうして意気軒昂にがんばっていただけると、嬉しくなるものですね。

 ※注意:この喫茶店、一階は常連さん(推定平均年齢65歳ぐらい)の定位置で、愛煙家が多いので二階がお薦め。

120415_145901  

 わかったこと=品川(北口)から田町・三田界隈にかけての第一京浜はくだり基調で、とくに休日は気持ちよく走れる。この時季、江戸の町歩きのツアーが多い。

 ではまたchickcat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月12日 (木)

さらば冬の旅人よ@やっと春

 桜を散らすような雨が降って、やっと本気の春cherryblossomですかね。

 いや、もう夏が来てもおかしくない待ち焦がれた気分。桜はcherryblossomたぶん散ってます。明日は夏のきざしでしょうか、さらばシベリア鉄道……。12月からこっち、寒すぎました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 9日 (月)

もう夏っス!@多摩サイ

Dscn0692  仕事の関係で、川崎まで走ってきました。久しぶりの多摩川サイクリングロード、もう夏の陽ざしでした。

 走行ルートは新大橋通りから築地をぬけて海岸通り(湾岸高速の下)、さらに第一京浜となりますが、品川・大井・大森・仲六郷と、ずーっと商店街のような街がつづくので、わき道(繁華街)をけっこう走れます。それにしても、東京と川崎・横浜、つまり東京都と神奈川県はつながった街なんだなぁーと思いました。ほんとうに、切れ目がないと申しますか……。
 千葉も小岩(江戸川区)と市川市はほぼつながりで、浦安市(ネズミの楽園街)も川ひとつで、何とかつながってる風情なのですが、わが松戸は……sweat02江戸川を渡った瞬間に、広大な矢切地区の農地がありますもんですから、いなか(田園)やなーsweat01感がぬぐえず、ホッとする半面で情けない気分もあるわけです。

Dscn0693  川崎も久しぶりでした。けっこう小じゃれた街になってましたね、南欧風のカフェテラスとか。Dscn0696

 横浜の街の歴史観とかには及ばないものの、工業都市ならではの、猥雑な若々しい雰囲気。いいです、けっこう好きです(はーと)。

 で、わかったことは、川崎市はめちゃめちゃ広い。ということでした。

 市内をかなり走っても、海岸線であるはずの大黒埠頭まで○○㎞とか、同じような街並みがつづくのも驚異ですね。日本有数の工業地帯だけに、産業道路は大型車両の交通が激しいんですが、とにかく碁盤の目の道が多くて自転車的にはうってつけの走りごこちです。基本、平地ですしhappy02
 そのせいか、中心部は自転車駐輪の取り締まりが思いのほか厳しく、あっちこっちに放置自転車禁止指導員(と呼ぶのかどうかは、よく知りませんが)が手ぐすねをひいて待ちかまえ、すこしでも駐輪の気配を察するとギロリと厳しい視線をくれます。

 ちょっと本屋に寄りたかったので、コンビニの前にいかにも「買い物中につき、駐輪(無断放置)にあらず」みたいな感じで駐輪してみました。すると、もどってきたところ「ここ、駐輪オーケーみたいじゃん」「わたしも停めようっと」的な感じで駐輪(違法放置自転車)が発生していました。ワタシが悪うございやしたッbearing
 ちなみに、公共駐輪施設は一時利用170円からで、微妙なお値段。これが100円なら「ま、いっか」となると思うのですが……。かさねがさね、申しわけありやせん。

Dscn0698  と思っていたら、それなりに民間努力もなされていて、駅前のテナントビルに3時間まで無料の施設がありました。かさねがさね……。

        ここは吉原と双壁の……→Dscn0699_2

 通り過ぎただけです。ではまたcat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 5日 (木)

バイシクルNAVI(浅草橋)

Dscn0683  この駐輪施設はバイシクルNAVIの出版社、ボイスコミュニケーションズです。向こうをむいて、携帯電話を使っているのがbomb鳥インフルエンザになっていた宮崎くん。

「鳥じゃなくて、香港B型ですよ」(宮崎くん) あ、ゴメン。そうでしたね、鳥は頭のなかみ髪型でした。もう10年以上もまえに、ワタシが懇意にしていた版元に入社した彼も、いまや2誌の副編。デスクワークが向かないフットワークだなぁ、と思っていましたが、あまり座っていなくてもいい雑誌社では水を得た魚のようです。Dscn0686  

 昨今は競争のきびしい自転車雑誌ですが、ご購入のほどよろしくお願いいたします。今月はイタリア特集。秋にツイード特集、やります。

Dscn0680  名前が「東京スカイツリー前」になったという押上駅。どうやら押上駅(スカイツリー前)が正式名称のようですね。

 こんな狭いところにとんでもないものを造ると思った(下が公園だらけの東京タワーにくらべて)ものでしたが、川まできれいにされると、やっぱ本気だったんだわと思わせられます。Dscn0682  

 ではまたcat

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »