« 駅伝応援@横須賀ツーリング | トップページ | 恵方巻き »

2012年1月17日 (火)

ピザ生地@強力粉

 中華肉まんにつづいて、ピザ生地をつくってみました。Dscn0556  

 生地の原材料は、強力粉(200㌘)・ドライイースト(5㌘)水(150cc)・砂糖(おおさじ一杯)・塩(小さじ一杯)・オリーブオイル(おおさじ一杯)。

Dscn0558 力いっぱいコネます。粉の感じがなくなるまで、コネては押しつぶし、コネます。

Dscn0560 こんな感じで、200㌘を四等分します。大きさや分割は、グリルやオーブンの大きさにあわせて、適当に。

Dscn0562 暖かい日は縁側(南向きの窓際)で醗酵させますが、あいにくの曇天。オーブンの醗酵モード(40℃)を使ってみます。

Dscn0563 ソースはケチャップにタバスコ・塩コショウ・オリーブオイルでのばす。ネタはチーズにオリーブ、ミニトマト、ベーコン。ソースの味は……、イマイチだなぁ。

Dscn0564 60分ほど醗酵モードで温めましたが、まったくダメです。小麦粉の塊ですな。最低でも2倍に膨らませたいところ、せいぜい2割ぐらいしか大きくなっていませんね。オリーブオイルを塗ってましたが、乾いたのが敗因のようです。乾くとイースト菌が眠ってしまうらしい。

 そこで。

Dscn0566 キッチンタオルを温水で濡らして、生地をつつみます。そのまま30分ほど、発酵時間を延長。

すると……。

Dscn0571 出来ました。2倍以上に膨らんでいます。35℃~40℃で水分過多の高温多湿が醗酵にはよろしいようで。

モチモチ、ふっくらです。

Dscn0570 こっちは、生地がとうとうダメだった場合、相棒に「バゲット(パン)買ってきて!」のつもりだったチキンのイタリアン風焼き。

ネタはピザ用をそのまま。

Dscn0572 ついでにナンをつくってみました。昨日の残りのカレーとあわせて……、膨らみ加減がイマイチでしたが。

Dscn0573 はい、出来ました。

乾燥低温のこの時季、なかなか難しいなという印象でした。

わかったこと→魚焼き用のグリルや電気オーブンではなく、石窯で焼いてみたい。きっとふっくら感が得られるのではないだろうか。

ではまたcat

|

« 駅伝応援@横須賀ツーリング | トップページ | 恵方巻き »

料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176227/53755045

この記事へのトラックバック一覧です: ピザ生地@強力粉:

« 駅伝応援@横須賀ツーリング | トップページ | 恵方巻き »