« 究極の自転車の鍵 | トップページ | 駅伝応援@横須賀ツーリング »

2011年12月26日 (月)

中華・肉饅頭に苦戦……

 年もおし詰まりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
 年末年始を前に、やや世俗的なハレといえばノエル(クリスマス)ですね。何ごともなおざりなわが家の場合はとくにクリスチャンというわけでもないので、世俗的なことに背を向けていようと思うのですが、世間のザワザワとした雰囲気と無縁でいることも出来ず……、中華肉曼(にくまん)を作ってみました。意味不明ですが……。

Dscn0489  レシピ本によると、まず最初は粉を牛乳(+砂糖・塩)で溶かし、ドライイーストを添加してこねます。Dscn0491

 粉は強力粉。中力粉がいいらしいですが、売ってませんので薄力粉とブレンドするのがいいのかも。薄力粉だけでは、たぶん無理でせうね(お好み焼きになります)。

 力いっぱい練るとのことですが、練れば練るほど粘りが出て、何だかむつかしいような。30℃~35℃くらいで寝かします。

Dscn0495  気温が低いのでどうかなぁ……、と思っていましたが。ちゃんと膨らんでます、醗酵してますね。だいたい、2倍から3倍の大きさになってました(実質2時間程度、日当たりのよい室内で)。Dscn0496

 さらに小分けしてから、レンジで温めつつ醗酵をうながすと――↓。このまま焼けば、ふっくらパンになりますね。

Dscn0497  けっこう大きくなりましたが、醗酵を進めすぎると、却って蒸したときに膨らまないという説もあって。このあたりがむつかしいところですcatface

 形成が大変なので、ゆるさんchickに手伝ってもらう。Dscn0503_2  

Dscn0493  タネはこんな感じ。ひき肉とタマネギに中華調味料・オイスターソース・塩コショウ・砂糖・みりん・醤油+最後に片栗粉(ふっくらになります)。

Dscn0502  ま、フワフワ感はないものの、食えなくはない。程度に仕上がりましたとさhappy02

 蒸し具合はイマイチでしたが、醗酵は上手くいったので、こんどはナンに挑戦してみますね。

 ではまたcat

|

« 究極の自転車の鍵 | トップページ | 駅伝応援@横須賀ツーリング »

料理」カテゴリの記事

コメント

今日は 肉まんは難しそうで、作りたいとは思うのですが、手が出ません。よくおやりになりましたね。凄い!

投稿: 相子 | 2011年12月28日 (水) 19時02分

相子さん お久しぶりです

 ドライイーストが眠った状態から、起こして醗酵させるのが難しく、しかし楽しいのです。生イーストが手に入れば、もっと簡単にできるらしいconfidentです。
 また醗酵食品にチャレンジした時はレポートしますね。

投稿: 横山・ゆる | 2011年12月28日 (水) 20時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176227/53570796

この記事へのトラックバック一覧です: 中華・肉饅頭に苦戦……:

« 究極の自転車の鍵 | トップページ | 駅伝応援@横須賀ツーリング »