« 本の紹介@後輩のライター | トップページ | 被災地ボランティア@遠野へ »

2011年9月 2日 (金)

ガンボ@アメリカの南部料理

 暑すぎませんか? いえ、夏の終わりだから残暑は当然です。地球が暑くなってるのも承知のうえです。

 しかし、晴れてもいないのにボウボウと暑かったり、雨が降りながら暑いのは困りますね。西の空は積乱雲が乱立し、台風が吹き荒れているというのに、ただひたすら暑い空気につつまれる……。

 何もやる気がしないので、アメリカ南部(ルイジアナ州)の料理を作ってみました。Gumbo(ガンボ)というそうです。110830_184801  

 材料は、セロリとパセリ、タマネギ、トマト、ピーマン、オクラと、思いっきり香味野菜のオンパレードです。それにニンニクと魚介類はエビ・ホタテ。

 オクラとトマト以外の野菜はみじん切りにして、レシピによると1時間ほど煮ます。が、圧力なべで15分+10分(冷ます)ほどでOK。

110830_185601   ルーはカレーと同じ要領で、小麦粉をサラダオイルでキツネ色になるまで炒めます。ま、灰色キツネていどにしておけば、あとでよくふくらみます。110830_193401  

 オクラを炒めます。こいつは徹底的に、糸を引くまで炒めます。ほんらいなら「フィレ」なる材料でトロミをつけるそうですが、どこにも売ってません。

 なので、オクラと小麦粉のトロミが頼りなんです。もう、この時点で香味野菜のつよい香りで部屋じゅうがもの凄くなってます。材料を合わせて、魚介類(エビとホタテ)に火を通して完成です。レシピによっては10分ほど煮込むとか書いてありますが、エビは火を入れすぎると硬くなってやっかいです。プルンとしたら終わりにしましょう。

110830_194201 はい、塩胡椒とタイムをくわえて、できあがりました。まぁ、香りだけで食欲をそそりますなcat110830_000602  

 ではまた。

|

« 本の紹介@後輩のライター | トップページ | 被災地ボランティア@遠野へ »

料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176227/52629522

この記事へのトラックバック一覧です: ガンボ@アメリカの南部料理:

« 本の紹介@後輩のライター | トップページ | 被災地ボランティア@遠野へ »