« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月31日 (水)

本の紹介@後輩のライター

 編集や出版関係の仕事をやっていると、さぞかし人脈が広がるものと思いがちですが、じつはそうでもないんです。

 たしかに雑誌の編集をやっていたころは、がーっと書き手の売り込みがあったり、編集プロダクションとのツテができたりとにぎやか。小さな雑誌の忘年会にものすごい人数が集まったり、そのいっぽうでは堅実に点数を増やしてる出版社の忘年会はしょぼかったり、雑誌の求心力は侮れないなーと思ったもんです。

 では、なぜ出版社なのに人脈が広がらないかというと、ワタシの経験にすぎませんけれども、書き手の売り込みが多くなるのに比例して、断るパワーが必要になってくるから、おのずと閉鎖的になる。じつは、これなんでした。とくに大学の先生は出版がそのまま業績につながるわけですから、教科書採用を前提に持ち込み原稿が多くなります。ところが、最近の学生は先輩から教科書をゆずり受けたり、かまうもんかいという感じで教科書を揃えないんで、これが売れない。

 いきおい、編集長は先生がたの持ち込みから逃げるようになると、まぁこういうわけです。大学の先生にかぎらず、誰でも自分の本を出して欲しいもの。いまはもう出版不況で「印刷経費はご負担いただきますよ」「買い取りいただけますか」がふつうに会話できる時代になりましたが、ワタシの書斎には持ち込み原稿がゴロゴロころがっています。原稿は捨てられませんしね。

 それでも、どうしても私は書くことで食べていきたい、という根性のある人は何とかなるもんです。編集者に何度ダメだしをくらっても粘り強く形にしてゆく。それがプロですね。そんな後輩がワタシにもいます。9月2日発売Ono『アウトロー刑事の人に言えないテクニック』の著者、小野登志郎クン93597_2

 もうかれこれ10年ほど前に、ある雑誌の立ち上げに参加してもらった頃、まだ現役の学生さんでした。高校の後輩と知ったのは、じつはのちのこと。彼は書斎派のワタシとちがって、行動するタイプのフリーライター。そして、積極的に人脈をつくるタイプなのが、現在の仕事につながってるのだと思います。気鋭のアウトローライターhappy02、にとどまらず、ジャンルをひろげていって欲しいものです。

 もうひとり、作家デビューを果たしたくて、ついに自前のオンデマンド出版会を立ち上げた弟子(?)もいます。なかなか厳しいでしょうが、頑張ってもらいたいもんです。ほかにも、ささやかに続けている月刊メールマガジンに連載短編を送ってくれる弟子(作品は秀逸です!)もいますので、なんとか表現の場をひろげていきたいものだと思います。ワタシの言葉なんで、あんまりアテになりませんが……。

 ではまたcat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月29日 (月)

自転車生活@復活

 こんにちわ、ゆるですchick。まだまだ暑い日がつづきますが、いかがお過ごしですか。

 わたしは熱中症が持病みたいなので、このところ自転車から遠ざかっていましたが、少しは陽射しも衰えたこのごろ。いよいよ自転車生活の復活です(ホントかなー)。110828_153401

 先週の土曜日は、いつも日曜日に閉まってる外観を観るだけだったカフェ・アンティイグアを訪問し、ランチをいただきました。

110820_131502  塩豚のカレーとベーグル(チーズクリームとトマト)です。美味しかった(左の写真)。

 で、今週は、手賀沼方面に。

 陽射しがつよかったですけど、なんとか休み休み・・・・・・。

 110828_114401→ のように、新しく舗装され農道のおかげで、ラクに到着できました。

 その後、天王台まで行って買い物。成果は、トマトと落花生、茄子。片道30㌔・・・・。

110828_141201  ところが。ちょっとした坂で、脳内オーバーヒート。意識朦朧sweat01sweat02

  ← 保冷剤を頭に当てて、ことなきを得る。110828_145401  

  五香の珈琲店・ 珈楽庵で頭を冷却・・・・・。まだまだ暑いですね。

  来月は東北被災地のボランティアと帰省、10月は京都にツーリング(新幹線輪行ですが)か、桐生ツーリング。いま、楽しく迷っています。ではまたchick

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月18日 (木)

ペダルディ@街乗り系イベント

 代々木公園でひらかれたPEDAL DAY 2011に行ってきました。この夏、最高の暑さということでしたが、風のほうがきつかったです。北に秋雨前線があるので、低気圧にむかって吹く風のつよさbearing。風にあおられて、車道を走るのが怖かったっス。

110818_153301 イベントのほうは、ほとんど街乗り系のハンドメイドショップ・セレクトショップのお祭りという感じ。ピストとBMX、あとはビーチクルーザーの専門店。ロード系は外国のメーカーが一軒。

110818_152702  カーボン系のメーカーでしたcatface

 ふつうに街で見かけるピストはともかく、競技用のBMXの少年少女がポンポン跳ねたり、湘南でしか見かけないビーチクルーザーばっかだと、ちょっとワタシの場合は場違いだったかな、とdespair

 そうですね。たとえば、ショップのオーナーが実業団BR1登録のバリバリ現役で、ショップ自体がレーシングチームの需要で成立しているような 入りづらさ。あるいは、競輪選手御用達で、ほかもクロモリのフレームオーダーの玄人ばかりの店と同じような、入りづらさthink

「どこから来られたんですか?」の明るい歓迎もありましたが、無店舗系のショップが仲間内でひらいたイベントだなという印象です。年齢層も低いし(これ、いちばん大きいかも)。大手メーカーが参加するサイクルモードと比べるべくもありませんけど、規模が小さいわりにはマニア度は濃かったなー。来年も続くようなら、イベントの成長を見守りたいと思います(参加出来ればですが)。

 興味があったRoad of Hope to TOHOKU(東北支援ツーリング)の出発見送りまで待てずに撤収……。帰りも灼熱の暑さでしたbearing

 それでも、明日からは北にある秋雨前線rainが南下して、この暑さもおしまい。ある意味、エンドオブサマーライドsunでした。6月(空梅雨)から暑かったぶんだけ、去年よりも走ったなー、という実感です。夏よ、また来年(まだ終わってないか……)。

ではまたcat

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年8月14日 (日)

旧街道・赤線地帯探索@真夏の炎天下サイクリング

 本日(8月13日)のサイクリングのテーマは、歴史観も豊かに「旧街道をたどるconfident」と同時に、ムホホな「赤線地帯lovely」を探索し、さらに「cake和菓子ざんまいhappy02」のはず、なのでした。

 が、じっさいには「炎天下サイクリングsweat02」の様相となりました。「旧街道」「赤線」という、はずせないテーマ、キャッチフレーズに舞いあがってしまったかもcatface110813_140801

 ↓行程もじつに、このようなハードなものでしたbearing

 水元公園(噴水広場)→金町関所跡→旧水戸街道(葛西神社)→江戸川CR→古東海道(葛飾・墨田区)→榎本武揚銅像→隅田川神社(東白髭公園)→木母寺(東白髭公園)→白髭神社→「玉ノ井」(赤線1)探訪→地蔵坂通り(子育て地蔵尊)→幸田露伴旧居跡→「鳩の街」(赤線2)探訪→向島花柳界→見番通り(芸妓の管理所あり)→弘福寺(若き勝海舟が通った禅寺)→長命寺桜餅(和菓子1)→言問団子(和菓子2)→墨田区少年野球場(王貞治少年が練習した野球場)→日本一の吉備団子(和菓子3)→下町名物激安250円弁当を買って→向島百花園(入園料150円)で昼食(買い集めた和菓子123をデザートとする)→白髭橋→千住大橋(船着き場)→旧奥州日光街道→奥のほそ道・矢立の碑→千住宿→「千住柳町」(赤線3)探訪→千住新橋→荒川CR→旧水戸街道(水戸橋から)→葛西用水路→「葛飾区郷土と天文の博物館」の「古代東海道と万葉の世界 ―かつしかに都と陸奥を結ぶ古代の東海道が通っていた―」展を見学(入館料:100円)→葛西用水路→旧水戸街道→モツ焼き街道→金町駅→水元公園(解散)

 ※断腸亭さん企画。断腸亭さん、ありがとうございました。

 この濃密なメニュー、すばらしいです。思わず感動の声がもれるほど緻密で、かつゆきとどいたメニューだと思いましたが……、この3分の1を消化したあたりで、こいつぁ「耐久レース」なのではないかとcatface、参加者たちとささやき合ったものでした。なにしろ、立ち寄りスポットが多すぎる。

 信号待ちは仕方ないですけど、自転車の乗り降りってのも、意外に体力を損耗するもんだなと思いました。

 ニュースでは、熱中症で死者が出てる炎天下sunです。お盆休みなのでクルマが少ないとはいえ、さえぎるものもない灼熱の車道……。アスファルトから照り返す真夏の陽射し、肌を焼く紫外線・・・・。もう、向島に入ったあたりで息も絶え絶えbearingです。

 そんなわれわれを救ってくれたのは、都心(下町ですが)のオアシスでした。110813_131201  

 向島百花園から見上げたスカイツリー →

 110813_132702 絶景。

 萩のトンネルも、いいですね。秋にまた来てみたいもんです。たぶん、また違った風景を見せてくれるのではないでしょうか。

 

 ところで……、単なるサイクリング(ポタリング)だったはずなのに、耐久レースとなった証拠に、このあと荒サイで身体の熱がおさまるまで、自転車談義をしながら休息せざるをえませんでした。みんな、歳だなー。

 さらには、走行不能になるメンバーが出たことでも、事態の深刻さは明らかでした。真夏の炎天下サイクリングは、生死の境をたどるように厳しいcoldsweats02。そして、それゆえにスリリングでたのしい!happy02

 年に一度ぐらい、体力の限界に挑戦しましょう。命がけでgawk参加されたみなさん、お疲れ様でした。また挑戦しませう。

Photo  めちゃ可愛かった、白髭神社のワンちゃん。ミストが必要なほど暑いのに社務所の番、ご苦労さまでした。また会おうね。

 ではまたcat

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011年8月11日 (木)

惜敗・・・・。

 お暑うございます。北関東は37℃越えだとか。

 母校、初戦敗退でした。いくら優勝候補とはいっても、相手も全国レベルのチーム。簡単には突き離せず、重苦しい投手戦のすえ、延長12回サヨナラ負け。報告ページ

九州国際大付 0 0 0  1 0 0 0 0 1  0 0 0  2 
関西高校     0 0 0  1 0 0 0 1 0  0 0 1X 3

 二年生の内野陣の守備がやや甘く(エラー続出)、相手投手の内角攻めにも対応できなかったこと。そんな技術的な課題はともかく、最後までよく戦いました。追いつかれて追いつく、とてもいい試合でした。選手・後輩のみなさん、お疲れさまでした。

 でもこれで、すこし気楽に残りの甲子園を観戦できるかな。ちょいと、今日の観戦(テレビですが)は疲れましたbearing

110811_171502  それにしても暑い……。まだ少年のはずなのに、うちの王子もオヤジ寝です→

   ではまた。おまけ↓

110811_145001 伊勢丹前の広場で、若いお姉さんたちのフラダンス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 4日 (木)

告知4つ@夏真っ盛り

 7月もなかばから8月に入って、台風の通過を機に梅雨がもどったcoldsweats02感じとか、または秋が来ちゃったよgawk、な気分でしたが、そろそろ夏の盛りがやってきそう。

 昨日、黒い雨雲に襲われて雨宿りしましたが、あがってみると入道雲が遠くに見えました。盛夏です。いかがお過ごしですか?

 盛夏にふさわしい告知を4つほど。

 まずは、母校の甲子園日程。2回戦からの登場で、相手は岡山の関西高校(かんぜい)。開会式は8月6日です。後輩たちの健闘をいのるconfident

 毎年、聴きに行ってるよこすかウインドアンサンブルの夏季公演。今年はロシアの管弦楽曲とディズニーですが、吹奏楽団が管弦楽ですと? 楽しみです。8月7日。

 つぎは地元のイベントから、松戸坂川の献灯まつり。たしか今年で6年目になるはずです。商店会のひとたちがお寺さんを立てながら始めた納涼イベント、9日・10日、beer生ビール200円から。

 最後は8月13日、断腸亭さんの企画による赤線地帯探訪サイクリング。下町情緒、歴史散策、お菓子、格安弁当と盛りだくさんの内容です。

 ではまたcat

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »