« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月25日 (月)

竜巻??

 今日の突風、すごかったですね。

 柏と鎌ヶ谷でクルマが飛んだり、瓦が剥がれたと、NNNニュース

 猛風が窓を叩く音に気づくまで、ワタシは昼寝してましたっhappy02。大気の乱れか、雨も大粒だったんで、自転車を室内に避難。備忘録think

 ではまたcat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月12日 (火)

被災地レポート@福島

 無事に帰ってきました。写真レポートです。110409_102801

 テレビや新聞写真で見てる分には、すごいなーwobblyだった光景ですが、間近に見てしまうと、言葉にならんですねcatface、もう。

110409_152501  田村市・三春の避難所(スポーツセンター)です。

 ちょうど、陸上自衛隊の作業班が放射能圏内に出かけていくところ。白衣と防護マスク、ものものしいです。110409_171101  

 スクリーニング(放射能測定機)で、スキャンしているところ。→

 じっさいには、ずべての放射能を検知できないのだという専門家の話。

110410_105303  いたるところ、泥と瓦礫の山……。

 晴れると埃っぽいので、放射能除けのマスクが必須でした。110410_152501  

 避難地区(半径20㌔圏内)にも入ってみました。国道6号も寸断され、右の写真のように、脇道もダメ……。

 避難地区には犬が置き去りにされていました。パンをやると、何匹も集まって大喜びで食べてましたが、そろそろこっちにも補給食がなくなり……。

 チョコレートをやると、犬さんたちはしばらく悩んでいました、とさ。動物保護系のNPOもここには入れないわけで、後ろ髪を引かれたもんです。飼い犬というのは忠実な生き物で、飼い主が戻ってくると信じて、ずっと家の前で待ってるんですね。

 いつまで待っていればいいんですか? もう、わたしたちペコペコにお腹がすいてるんですけど……。みたいな、犬たちの訴えるような瞳が痛かったです。

110410_154101  ← 問題の福島第一原発です。このあたりは放射能線量、バリバリなんですよねbearing

 もう道路もズタズタで、ちょいと油断するタイヤが挟まるか落ちてしまう状態。何とか山間の道に活路を見出すも、そこにも道に亀裂があったりで、生きた心地がしませんでした。乗り捨てられたクルマばかりで、かなり不気味でしたcoldsweats02

 別動隊が無事に支援物資(単なる水ですが……gawk)を運んだ報告を聴きながら、暗い常磐道を帰ってきました。PAも電気が暗くて、なんか異様な雰囲気。 はー、疲れたsweat02

 ではまたbearing

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年4月 8日 (金)

福島第一@取材&被災支援

 明日から、原発事故(福島第一)の取材・被災支援punchに行くことになりましたcatface

 じつを言うと、好んで行きたいわけではないのですが、原発の安全基準の見直しを三陸・北海道ツーリングで訴えてきた身なので抜擢され(?)、震災被災者支援を頑張っている諸先輩方のご要望もあり、参加することにgawk

 土門拳賞を受賞した報道カメラマンの撮影支援でもあって、了解という感じでした。その意味では報道活動?

 とはいえ、どこまで行けるのか? ←避難指定域。じつはまったくわかりません。とりあえず、マスクと雨具(放射能対策)、乾パン・魚肉ソーセージ(長期保存可)・パックのお米・缶詰+ダウンジャケット(シェラフの代用)・長靴を準備confident

 それと、ちゃんと宿泊できるのかどうか、よくわからんのだそうですbearing。その結果、支援物資は届けたとしても、被災者に保護・支援されるようになる(迷惑な)のではないかと……、一抹の不安があります。

 エニグマのReturn to Innocence(原曲は台湾のアミ族の詠歌)。

 ではまた、無事に戻れたらcat。死んで帰ったら、あとを頼む。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月 5日 (火)

低濃度放射能@海洋放出・・・

catしばらく、母校の甲子園活躍で浮かれてましたが、福島第一が深刻な事態に……。
 某共同通信から、引用。
 福島県漁連の野崎哲会長は4日夕、取材に対し、東京電力が福島第1原発から低レベル汚染水を海に放出したことについて、「混乱している時でも守らなければいけないルールがある。漁連に直接知らせるべきだ」と述べ、東電の対応を批判した。
 一方、福島県の鈴木義仁農林水産部長は記者団に対し、「水産業に及ぼす影響はあまり大きくないと聞いているが、それでも(汚染水は)出ない方がいい。排水が海域に悪影響を及ぼさないよう祈っている」と語った。
 低レベルとはいえ、放射能を海に流しちゃうって。どうなんスか? もともと、沸騰式の原子力発電は海洋水を冷却水にしているので、地球温暖化装置になっちゃうんだと思っていましたが、もろに汚染水を海に垂れ流すことになるとは……。
 
 もう、この先数十年は、三陸沿岸の鮮魚は食べられますまいweep。刺身はダメでも、焼けばいいかなとは思いますが、セシウム・ヨウ素は熱で殺菌されるわけでもなし。
 しかも、東電によると、汚染水の出どころがわからん? こらもう、ダメかもしれんねdespair。マジで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月 4日 (月)

完敗@春に乾杯

 母校、完敗でしたbearing

東海相模 0 0 2 1 2 0 1 0 0 6
九国大付 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1

 結果は予想どおりですが、かなり戦力の差に際立ったところがありました。

 まず、投手力はエースが一枚っきりの当方(5連投)に対して、先方は4枚と、これは投手陣の組織力の差が如実に。2011

 三好クン一人では、やっぱり無理でしたcatface。よく頑張ったよ。

 打力については、点差ほどなかったと思います。ただし、打点力の差につながるのが、じつは走力と守備力なのでした。

 ここでの差が決定的なもので、攻めてはヒット性の好打をことごとく好守備で防がれ、守ってはつぎの塁を盗む走力で、守備のリズムをズタズタにされた。これじゃないでしょうか。

 そういう意味では東海大相模は、打力偏重の最近の傾向やエースの力を頼りにした守備型チームともちがう、ほんらいの高校野球のスタイルをベースに据えた鍛えられ方をしていたと。このように総括してみました。

 具体的には、無理な送球はしない(エラーのリスク回避)、打力よりも走力(攻守)を生かしたチーム構成、徹底して鍛えられた守備。これ、じつはどこのチームにも出来る方法なんですね。

 出来る(可能)と出来る(実行する)が、別なのだとしても。

 選手諸君、お疲れ様でした。春に乾杯bottle

 ではまた、夏にcat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 3日 (日)

今日、決勝戦@センバツ甲子園

 母校(硬式野球部)が決勝に進出しました。部活動もなおざりだったワタシたちの高校時代から考えると、全国レベルでの後輩の活躍には隔世の感があります。

 いまや、県下では押しも押されもせぬ強豪校なのだとか……。

2011  一昨年(三回戦進出エラーで逆転負け)に比べると、野球留学制度(?)が制限されたにもかかわらず、チーム力と試合運びの巧さが、素人目にも感じられました。2011_2

 もう決勝まで進んだのだから、優勝して欲しいとは思いますが、まぁここまででいいんではないかと。夏に雪辱する、という余地を残したほうがいいような気もします。 (写真は甲子園のアルプスと母校の視聴覚室)

 しょせん、春の選抜大会は序幕とでも申しますか、夏の選手権大会が本番です。血と汗と感動は、苛酷な夏にあるべきだと。むしろ、惜しくも負けてチームの課題が残ったほうがいいように思うんですね。

 投手陣は複数エースを揃えるべきだとか、守備力で勝てるチームを構成すべき(現監督の方針とは違ってきますが)とか、理想を追い求めたほうがいいんではないかconfident

 ベスト4という中途半端な実績から、少なくとも準優勝という栄誉shineで、ワタシなんかはもう満足っス。というか、負けたときの心理的な予防線なんですが……(ぼそっ)。

 ではまたcat

 今日、12時半プレイボールbaseball。後輩たちの健闘を祈るthink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 1日 (金)

ベスト4@もうここまでで?

2011331  母校がベスト4進出(←期間限定も記事)ですが……。もう、このへんでいいのではないかと。

 ←写真は母校、準決勝進出に狂喜乱舞する生徒たちと女教師(?)。

 よくやった、もうこれでいいぞーconfident

 でも、そのいっぽうでは、もうひとつ行けー! という気も、しないではありません。

 と申しますのも、ベスト8(準々決勝に参加)というのは、なかなか偉業なわけで「すげー!happy02」となるわけですが、ベスト4(準決勝に参加)というのは、それ自体としては凄くても、どうも……。記録として、イマイチのような。↓

 準決勝で負けた場合、なーんだ「決勝には行けなかったのね」というような感じで、残念感が多く、もひとつ頑張れば、決勝戦に行けたのにぃ。な、心残りがthink

 つまり、決勝に行けば、負けても準優勝shineという栄誉。具体的には記念品(準優勝杯・メダル)とかも貰えるわけですよね。準決勝で負けた場合は、準々優勝shineというのがあるわけではありませんので、この落差は、けっこう理不尽なほど大きいなと思います。

 そんなわけで、明日はセミプロ(?)のN大三高と準決勝の第一試合。勝って欲しいんですが、またそのいっぽうでは、思わぬ寄付をお願いされても困りますしねぇdespair。目下のところ、ワタシの場合は電子書籍の印税が某サイトの申し出で、震災復興の義援金になっています。まことにわずか(些少)なんですが……catface

 ま、そんなわけで。明日の試合は頑張って欲しいと思うのですが、なかなか複雑なものがあると。

 煮え切らない説明ですみません。まさか、ここまで勝ち進むとは思わなかったもんでwobbly

 三好クンの奪三振シーン(対前橋育英戦)です。

 三好クンと捕手の高城クン(昨日は5の5)、いずれもプロのドラフト名簿確定だそうです。ただし、三好クンは打者としての評価であろう、と後輩の情報。

 そのほかの選手諸君も、頑張ってね。では、またcat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »