« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月29日 (火)

合言葉は「おはしも」@生き延びた児童たち

 日ごろの訓練が生きて、ひとり残らず(350人)津波から生き延びた小学校があったそうです。

 備えあれば、憂いなしconfident。児童たちの機転と行動で、将来の震災対策にも一抹の光明が。

 ↓これです。

 その児童たちの合言葉は、おはしも。お=押さない は=走らない し=静かに も=戻らない

 だったそうです。じっさいには、走っていたそうですがcatface

 訓練・準備は日ごろから、地震と津波を意識した児童たちの努力。なぜ、東電と原子力安全委員会には、その心構えがなかったのかと。

 柏崎原発の火災のときの教訓から、緊急冷却システムを地震の揺れと津波から保護する策は採れていたはずだと、責任は問われてしかるべき。

 母校、ベスト8に。準々決勝は、31日の第一試合。Photo_takashirotoshi  

 高城クン(右写真)、三好クン。みんな、頑張ってね!

2011 ← 母校での応援風景。

 熱いなぁ。

 今日から春sunの予報。ちょい、遠出したくなったな。

 ではまたcat

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月25日 (金)

被災地の記憶@浄土ヶ浜

 Dvc00274a 白い小石の水際が極楽浄土を思わせる、岩手県の浄土ヶ浜です(2008年6月)。

 いま、ここも流木やゴミで惨状になっているそうです。岩の半分くらいの高さで津波が襲ってきた、と。100925_182301a

 でも、観光施設の被害はともかく、ゴミを撤去すれば何とかなるはず。 こっちは、種市という岩手県の北端の浜 →

 ここがどうなったのかは、知らない。

↓岩手と青森の県境ちかく。Dvc00348a

 取り返しがつかないのは、人々の住まう土地・農地・樹木でしょう → ABC放送が掲載しているbefore after 

 こっちはニューヨークタイムズのbefore after  ※どちらも、写真の中ほどにある区切りをカーソルで動かして、震災前と震災後の上空写真が見られます(区切りがわからないときは、写真をクリックしてみてください)。 樹木が失われてるのが、ハッキリわかります。

 樹木の記憶……。エンヤ。

 ではまたcat

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月24日 (木)

一回戦突破@放射能汚染……金町

 母校が初戦突破しました。記事は期間限定のこっち。二年前のチームにくらべると、数段劣るだろうという後輩の評価でしたが、なかなか凄いチームのような気がしました。

 1イニング3ホームランは新記録だそうで、エース(三好君)も安定したコントロール。全員がホームランを打てそうな打線は、相手校の脅威でしょうね。ただし、前回もT京高校とか本当の強豪チームと対戦すると、やおら浮足立つと申しますか。そのあたりに危惧を感じますけど。

 とりあえず、T理高校との対戦が山場だろうと。これから先は、長打力に頼らない得点ができるかどうか、という後輩の評価でした。まぁ、ふつう誰でもそう考えるぞ(苦笑)。

 ところで、近所でもある金町の浄水場で、赤ちゃんに飲ませたらマズいぞ! な放射能(ヨウ素)が検出されました。取水は江戸川。雨で運ばれたという分析ですが、怖いっスね。福島原発の電源復旧(実質は廃炉?)も、なかなか進まず……catface

 世の中、憂さだらけですが。まったりと、エンヤのメドレーです。

 では、またcat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月23日 (水)

光という文化@震災だった神戸から

 停電、来ましたか?

 まだ計画停電の実施地区になっていないのか、ワタシは直近の経験がありませんthink

 予行演習といいますか、擬似体験をしてみましたが、その段階ではじめてライターとかの着火用具がないことに気づきましたbearing。どうやって、蝋燭に火を点けるねんpunchannoy? ふたりとも煙草、やめたからなー。

 そして、あらためて現代は電気の文化なんだと、気づかされました。

 それが良いのかどうかは、簡単に答えが得られませんね。動画は神戸のエミナリオ、震災記念の年末の催し。曲はエンヤのケルツ。

 いわき市にボランティアに出かけた同年輩の某女史に、現地レポートを依頼。がんがってください。

 ではまたcat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月22日 (火)

明日、プレイボール@センバツ

 気分が落ち込むばかりといえば、苦しみにあえぐ被災地に対して不遜でしょうかthink

 それにしても、耐えがたい現実です。頑張れとか言っても、何を頑張ればいいのかという反問が湧きおこるしかなく、ひたすら祈りの日々です。

 とはいえ、季節はめぐり、球春の出番ですねconfident。一昨日は、被災地の仙台から、東北高校が甲子園入りしたとのこと。

 黙とうのあと、守備練習に散った東北高校ナインに、関係者と他校の部員たちから拍手が湧いたとか。健闘を祈ります。

 その東北高校から某若生監督を招へいした わが母校。初日の第二試合だそうです。

 一昨年の外人チーム(出身地が大阪とか近畿地方ばっか)とはちがい、地元選手を鍛えての九州地区2位の実績。けっこう期待が持てそうなんで、後輩に訊いてみたところ。

「いやぁー、ダメっスよ。三好(エースで4番)のワンマンチームだし、夏はもっと行けると思いますけどね」なんだとか。一昨年の夏のチームに太鼓判を押してただけに、このマイナス評価は拝聴するしかないですけどね。

 一昨年、このT京を倒せば全国制覇も夢ではないぞ、とされていたゲームの連続失策……。このあと、逆転負けしますbearing

 またまたエラーで自滅とかは、避けてほしいもんですねcatface

 それにしても、応援の鳴りモノ自粛……。

 生徒の応援動員も、わが母校は決勝戦までNGなんだそうです。選手がイヤがってるのに、利権の足枷で某読売のドンが開幕を急ぐプロ野球(セ・リーグ)poutはともかく、高校野球には震災地復興や郷土の思いが集まるわけで、ふつうにやってもいいんじゃないかと思いますけどね。

 明日(3月23日)甲子園球場、選抜高校野球大会開催。選手たちの健闘を祈ります。

 ではまたcat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月21日 (月)

戦車投入@廃炉に

 福島第一原発。その後の処理が順調なのか、瓦礫(がれき)を取り除いて作業効率をよくするために、ついに戦車が投入されることになったそうです。

 74式戦車。けっこう旧車(1974年製)ですが、密閉性は最新式に劣らない、らしい。

 それにしても、こいつらはディーゼルエンジンなんですよね。

 前に防災訓練で取材したことがありますけど、迷惑な黒煙がスゲー。な戦車さんたちなんです。いえね、環境のために軽量でハイブリッドな戦車を造れとは申しませんが……。

 ま、がんがってくださいhappy02。君たちが造られた真価が問われる、これが初めての実戦なんですから。せめて、見事な廃炉へのはなむけにthink

 戦車という重厚・硬質なオブジェを中和する、癒しに。

 エンヤです。

 では、またcat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月20日 (日)

女川原発@2008

 福島第一原発は電源が回復されつつあり、何とか危機を脱したようですconfident。稼働原発のなかでは老朽施設ということもあり、とくに津波のダメージが大きかったのでしょう。まずは、危機脱出に拍手です。

 とはいえ、原子力発電そのもののシステムに問題はなかったのか。放置すれば自己増殖するエネルギーを抑制する方法はあるのか? たぶん、今回のようなピンチになった場合には、鉛で封じ込めてしまうくらいの安全装置が必須ということになるはず。構造的な問題(欠陥)もあぶり出しにしておくべきでしょうね。

 ふたたび、安全基準の見直しをもとめて、各原発に申し入れを行なったツーリング洞爺湖(2008年)の記憶を。Photo  

 仙台の東にある女川原発です↓→。 ワタシたちのうしろに見えてるのが原発(排気塔が二本)ですが、海岸線の港や市街地、工場群は全滅したそうです。

Photo_2  

 海岸線沿いの道と、牡鹿半島に尾根づたいの道があり、ワタシたちは山のほうを走ったんでした。こっこうキツかったですね、足つきましたしねwobbly。このとき、雨が降ってたんですね。Photo_3  

 いま、女川原発は被災住民の避難先になってるそうです。敷地も施設もそれなりなので、指定されなくても当然と言えば当然ですが、福島との対比はなんとなし皮肉なものです。

Photo_4  原発(炉心)の模型です。青く光ってるのが燃料棒。原発への申し入れの模様は、これ

 お世話になった方々の消息、まだわかりません。ご幸運を祈るばかりです。

 ↓こちらは、もう崩壊した福島第一原発のありし日の見学ビデオ。保存プールが紹介されています。

 ではまたcat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月19日 (土)

取材でわかったこと@原発事故

 昨日、原発の専門家(と言っても、反原発の立場)に取材して、いろんなことがわかりましたthink

 まず、東電が廃炉になるのを恐れて海水注入をためらった、その結果、炉内が高圧化して手遅れになった。という批判があるんですが、取材した専門家に言わせると、海水を注入したのがナンセンスだと。

 海水を煮詰めれば塩が付着し、燃料棒の間に水が通りにくくなる。やがては燃料棒同士が接触し、臨界事故に発展しかねない、らしい。

 かりに炉心が欠損しているとしたら、チェルノブイリの場合と同じように、鉛で燃料棒を覆うしか、確実に封じ込める方法はない(冷却窒素で固化する)。

 あと、放射能は風に乗って拡散するので、半径20㌔~30㌔とかに関係なく飛来する。したがって、チェルノブイリの例で確実に安全なのは、おおむね半径100㌔。アメリカ政府が80㌔以上に退避するよう指示したのは、この実例に従ってのこと。

 なので、東京は安全です。あと、炉心溶融はもう起きないとのこと。事故から10時間以内に起きているはずだと。ただし、使用済でも停止した燃料棒でも、壊れて結合したら核分裂がはじまる。したがって、臨界事故の危機は残されている。

 以上です。4月までに、原発事故対応マニュアル入りの雑誌(増刊号)を編集する方針。詳しくは、またcat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月18日 (金)

原発街道ツーリングの記憶@2008年

 3年前の北海道ツーリングは、じつは別称「原発安全基準見直し要望ツアー」なんでした。回顧録的というか、今日的に振り返ってみましょうconfident

 まずは、いま問題になってる福島原発。訪問したのは楢葉サイクリングターミナルに宿泊した翌日、福島第一、第二原発の広報担当者が揃っての面会。ちょい眠かったけど、しっかり覚えています。

 新聞記事は、こっちです。現地はけっこう、山の中だったような記憶が。たぶん、第一原発は、その後に遠目に眺めたんだと思います。あんまり記憶にないっス。Photo  

 第二原発前での記念写真です。→

 原発の耐震問題はともかくとして、思い出の写真をUPしながら、今後は北関東・東北・三陸の素晴らしさを伝えます。しばらくお待ちを、準備中ですwink

 山田町・宮古方面への走行記録。上の申し入れ書なんかを読み返すと、この年にも東北地方には内陸地震があったわけなんですよね。記事中、津波がここまで来るのか? というワタシたちのおどろく印象が、いまは牧歌的な感じです。

 寒いおり、被災者のみなさんに勇気をcatface

 それにしても、鬼の警視庁の高圧放水車。原発の標的(使用済み燃料棒プール)に届かず、ダメだったとか……。しっかりせんかーいangry。むかしは、もっと凄かったような。 やっぱり予算的には、自衛隊に負けているのか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年3月17日 (木)

思っていたよりも、事態は……

 いまだ恢復には、ほど遠い。ような……think。現実ですね。

 被害の深刻さが、ますます生活領域に及んでくるようで。これ、立て直せるのだろうか。いやいや、立て直さないとbearing

 福島第一原発も、早朝には警視庁機動隊の高圧放水車が注水(冷却)とのこと。別の情報では、米海軍の放水車が先に到着したとか。どっちでもいい、一刻もはやく燃料棒を鎮めてくれー。

 明日、地震と原発問題の専門家のインタビューを予定。ちょい、寒そうbearing

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年3月16日 (水)

落ち着いたみたいです、原発災渦。

 福島第一原発の燃料棒、7割が損傷……annoy。炉心のメルトダウンは、いまだに検証できてない様子。

 それでも、何とか落ち着いたというか、放射線の検出もそれほどでもなかった、らしいのですが。予断は許せません。文科省はデイリーで放射線濃度の検出を命じたそうですから、事態の推移を見守りたいものです。おさまってくれ。

 日本を応援の「日本加油」。世界のみなさん(ヘンな言い回し?)から、わが祖国がこれほど同情されるのは、あまりないような気がconfident。この国に生きてきたことが、これほど切なくなるとは……。

 犠牲になった方々のご冥福を、祈るばかりです。

 静岡東部で地震……bearing。大地よ、海よ、山よ、もう鎮まりたまへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月15日 (火)

バルブ閉塞? やばいぞ、メルトダウン?

 福島第一原発、メルトダウンの危機……!!

 炉内の圧力が高くなり、水を入れられんらしい。そもそも海水を入れる段階(自転車を雨ざらしにするようなもん)でピンチなんだが、ついに炉心溶融かbomb。関係者、何とか頑張ってほしい。つぅか……、何万人も死ぬぞwobbly

 詳しくは、こういう感じ。最初は煮物をしていたが、水がなくなるまで空炊きしてしまい、焦げたimpact。焦げてしまった結果、部屋じゅうに臭いのnewmoonが蔓延し、なぜか加水もできん。火も消せん(核エネルギーの自己増殖)。

 で、この「臭いのnewmoon」が猛毒の放射性物質、ということになる可能性が大きい、ということらしい。

 大地震が来れば、いかに岩盤の上に建てた発電所でも危機に陥ると、ツーリング洞爺湖で申し入れたことが、いまや現実に? 東電の記者会見がさっぱり意味不明に聴こえるんですが、誰か理解できてますかねcatface

 今晩、寝れませんbearing

◆追加◆

雑誌の編集者さんから↓

私の友人から二つの情報が入っています。
皆さんのところにも多くの情報があると思いますが、判断材料にしていただければありがたいです。 

(1)NYタイムズは、100キロ離れた女川原発で、通常の4倍のセシウムが観測され、「福島原発がメルトダウンしたのは確実」と報道しています。ネットで電子版が見れます。東電の福島第一と第二の両発電所には、計10基の原子炉があるそうです。既に3基が燃料棒露出状態です。

(2)もうすぐ日本政府は避難距離を現在の20キロから100キロに変えるとのことです。
外務省ではそんな話がOBまで流れているとのことです。
官僚の考えることですから、そのための準備などあれこれ考えているのかも。
いつごろ発表するのかわかりませんが。

とにかく深刻な話です。

原発関連の団体経由、写真家さんから↓

皆さん
 写真家の森住です。

 いま福島第一原発の町双葉町の取材から帰ってきました。
 双葉町役場や双葉厚生病院はすさまじい放射線が出ていました。
 チェルノブイリ事故の現場から二〇〇メートルのところより酷い。測定器は振
 り切れてしまった。
 町はゴーストタウンになっている。
 住民は慌てて逃げ出した様子だ。
 病院は玄関前にストレッチャーが斜めになったり、輸血用ビニールパイプが散
 乱していた。
 住民は放射線が出ていることを知らず町に入って,布団や衣類を取りに戻る人
 もいた。
 彼らに危険だから早く避難してと訴えた。

 ちょうど、東電が3号炉のガスを放出したと発表した直後に我々は双葉町に入
 っていったことになる。
 しかし、双葉町に入る道には検問もなく誰でも入ることが出来た。

 追って、情報を追加しますcat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月14日 (月)

食糧ピーンチ! 外食難民……

 被災から3日め、かなり深刻な情勢になっているようです。宮城県内だけで、行方不明(連絡取れず)の方が1万人を超えるとか。ご幸運を祈るばかりですthink。現地の食糧事情は、厳しいところでは一日一食だけとか。

 そういう深刻な事態からすれば、やや不謹慎なテーマかもしれませんが、ワタシのほうもちょっと食糧がピンチでした。110313_170301  

 これ→ 昨日の某スーパーのパン売り場なんですけど、本日は店自体が終了、というかお休み。某大手百貨店をはじめ、軒並みお休みでした……。

 じつは、昨日の時点では家族そろっての買い出し光景をみても 「何を大げさなhappy02」 と思っていたんですが、本日はどうしても必要な資料をさがしに外に出たところ、ランチが食えません……。

 あてにしてた外食系、ほとんど 「準備中despair」 でした。お休みというわけでもなく、店員も出勤してみたものの、ネタがないから店を開けられない、というのが実情のようです。

110314_105101  駅ビルのショッピングモールも休業なので、わずかにやってる店に長蛇の行列。ここで並んでも生野菜しかないんで、ランチの代わりになるのを必死に探しました。110314_114101  

 ありついたのが、これ→ やはり、おにぎりとかパンとかは売り切れで、お寿司系がすこしだけ。あと、備蓄用のパスタ系。相方よ、悪いがしばらくは、イタリアンな気分でいてくれ。

 これ以上は食糧事情が悪くなるとは思えんのですが、計画停電とか云ってるので、明日は早起きして買い出しに行くかなぁ……。

 ではまたcat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月12日 (土)

観測史上最大! 都心で激体験・・・

 みなさん、大丈夫だったですか。ワタシは都心で遭遇しました。まず、これをご覧ください。110311_145501  

 出版社にいたもんですから、返品在庫の山が間近で崩落しました。通路がふさがれて、向こうに行けませんbearing

 鉄製のラックが倒れてきました。右に見えている白いテーブルの向こうにワタシが座っていました。110311_145502       

 わっさわっさと揺れはじめてbomb、どうすッかな、ラックを支えるかな、逃げようかな……。と迷っているうちに激しくなって、部屋の真ん中に逃げたところ、ガッシャーンannoy

 メチャ怖かったですね、揺れの長いこと長いこと。もうこの世の終わりかとthink

 その後、青山で打ち合わせ一件。終えて帰るころには帰宅歩行ラッシュに巻き込まれました。やっぱ東京は人間が多いgawk110311_200201  

 右の写真、京橋です。いつもは人なんて歩いてないのにね。地下鉄のない東京は、こうだったんだろうなと……。歩道からはみ出して、車道も人の波。

 食糧の確保に苦労しました。なにしろ帰宅難民の方々が会社で宿泊されるらしく、コンビニのお弁当類はもちろんのこと、パンやカップめんまで買占め買われていました。ファーストフード系も満員、行列だし……。

 やばッ、ハンガーノックかというところで、やや空いているコンビニを発見。おでんと携帯フード(某ソイジョイ)を購入。なんとか脳内エネルギーを回復させ、帰路に就きました。

 わかったこと、都心はプチパニックになる。携帯食を常備すること。

110311_204401  浅草のハンバーグのベア―(なぜか上野本店)でありついたカレー(450円)。ハンバーグは肉屋さんと電話が通じないので、ミンチが入荷せず欠品だそうでした。カウンターのコvirgo、「これから自転車で帰るんですかぁ?」と、愛想がよくて愉しいなhappy01。亀戸から歩いてご出勤だったそうです。

 帰宅後、割れた珈琲ポットを回収中、危ないから手袋をと。けど、慎重さが欠けて指先に鋭いのが……wobbly。被災者になりました。

 被災された皆様に、お見舞い申し上げますthink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 3日 (木)

シンシア・ローズ@アカデミー作品

 この時季、アカデミー賞特集でいろんな映画が観られるのは愉しいですね。昨日と今日はダンス映画でした。

 まず、フラッシュダンスのシンシア・ローズ。

 フラッシュダンスといえば、ジェニファー・ビールズのブレイクダンスと軽快なテーマ曲が思い浮かびますが、彼女のダンスは吹き替えなんです。やっぱ、通(痛)としては、女優としてはイマイチでしたが、元ダンサーのシンシアがカッコいいheart01。というか、怖いcatface

 バックの曲はマンハント(男狩りbomb)です。

 それはともかく、このクリップの合間に、ジェニファーが自転車(キャリア付きのクロモリロード)に乗ってるんですね。いやもう、全編にわたって彼女は自転車に乗ってます。この映画の日本封切りは83年の夏でしっかり覚えてるつもりでしたが、さすがに自転車には目が行かなかったですね。

 こっちも、脚を振り上げてマンボを踊ってるのがシンシア。映画は63年のアメリカが舞台のダーティダンシングです(87年作品)。まだブルジョア階級(観光客)と労働者階級(ホテルのダンスチームの若者たち)という物語性があって、けっこう古典的にアメリカを堪能できるんですが、とにかくダンスがカッチいい。自転車は? 出てきませんでしたっ。

 ではまたcat

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月 2日 (水)

アベマリア@サラ

 ちょいと腹立たしいことがあった翌日、わかってくれる人に話を聴いてもらい、なんとなし解放感にひたる。みなさん、ストレスは発散しましょうねhappy02

 そういうときは、讃美歌系がいいのかも。

 で、サラ・ブライトマン。

 最初のがライブ盤;で、こっちは、ちょいエッチ盤(金箔ヌード)です。

 不愉快から、何となく爽快になった備忘録に。ではまたcat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »