« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月28日 (火)

さよなら、2010年。よいお年を。

 まだあますところ3日ありますが、年末は忙しそうなので越年のご挨拶を。今年、いいことあまりなかったなぁ。愚痴です、すいやせん。

 来年やりたいこと。仕事がうまくいくこと、本が売れること、イタリア旅行。

 とくにアマルフィ、行ってみたいです。映画は脚本家(原作者)がテロップから名前を削るほど中途半端(バチカンシーンを回避=ゴッドファーザーⅢみたいに踏み込めなかった)で不出来でしたが、映像は素晴らしかったという昨年の記憶……。

 サラ・ブライトマンの声の魅力もあって、無性に行きたくなっています。行きたいなぁ。行けるかなぁ。

 彼女の動画と歌詞付きはこちら。英語タイトル(Time to say goodbye)と違って、中身は旅立ちの歌なんですね。さよならを言う時って……結婚式で歌うのマズイだろと思ってましたけど。101228_180701

 というわけで、ツーリング準備です。正月2日、箱根駅伝前走→平塚→横須賀sleepy→横浜restaurant

 では、よいお年をcatchick

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月25日 (土)

里親……

 じつはこのところ、毎週末に遠出しています。吹きすさぶ寒風であろうと、多少の雨であろうと。

 と申しますのも、我が家では二代目になるネコcatが逃走し、三代目を物色中なのです。逃走したというのも、今年は秋になっても暑く、うっかりドアを開けたまま就寝したんでした。

 日ごろは外に出るのを怖がる二代目ネコだったんですが、その夜は彼女も冒険心が湧いたのか、どうやら旅に出られたもようです。WANTEDの貼り紙とかしてみましたが、まったく音沙汰なく……。

 そこで、しばらくネコなし生活でもいいかと思っていたんですが、やはり癒しが欲しいと申しますか。なにしろ結婚して○十年ほど、ネコを子供代わりにしてきたもんっスからね。

 というわけで、毎週末かなり遠方までお見合いに行っているのです。今日は、この子とのお見合いでしたが……、101225b  

 おネコ様の居室を開けた瞬間、どっかに行ってしまいましたとさ。

 その代わりに見せていただいたのが、左下の三毛ネコちゃんでした。

101225_105701b  けっこう可愛いですが、右上のキャラメルブラウンのおネコ様にくらべると、やや容貌が劣りますと申しますか。

 性格本位とか、飼ってしまばウチの猫がイチバン可愛くなるとか、いろいろ申しますが、選ぶほうとしましては、やはり見た目が……。

 こういう仲介保護者さんというのは、年に何十匹もネコをさばく里親に縁組をするベテランさんが多く、どうやら見せネコと め合わせたいネコってのがあるらしく、しきりに三毛ちゃんを薦めるんですね。もう一匹(キャラメルブラウンちゃん)は、どこに行ったのかと(ワタシたち)。

 けっきょく、抱き合わせでどうかという話(キャラメルブラウンちゃんは里親応募者が多いので、多頭飼いの方を優先だそうです)になりましたが、さすがに二匹は体力的にも気持ち的にも心の準備がなく、あえなく破談となりました。う~んcatface101225_160201  

 本日のおみやげ、というか晩飯の副菜。

 竹ノ塚駅の東口の商店街で売ってる肉まんっス。前は4個で200円と超お買い得でしたが、360円(1個90円)になってました。経営者の中国人の方、日本の相場をお知りになったんでしょうねbearing

 味は本場もんで、なかなか美味しいんですが。ではまたcatchick

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月23日 (木)

若洲@アイランドハンター

 いまが一年でいちばん昼が短い季節、遠出するのも覚悟が要りますね。そこで、海外出張のために一カ月も自転車に乗れなかったkaccinさんの誘いに乗じて、若洲に行ってきました。

 この時季、天気が良ければパスハント(峠)なんでしょうけど、脈絡ももなくwave海がいいぜ! というか、平坦な道がいいですconfident101223_110501  

 若洲海浜公園です。いちおう、ここは島(埋立地)なんで、アイランドハントみたいな位置づけで、江戸川の孤島・妙見島探検その① 、その②の延長というふうな具合に考えたいです。

 ま、公園なので開発され尽していると申しますか、レンタルサイクルとかの施設も完備で、お子様でも楽しめる安全な島なわけなんですが……。

101223_112101  変わり自転車とか、タンデムもありました。1時間100円也。

 それにしても、右上の写真の橋がすごかったです。こいつが開通すると、島(埋立地)づたいに羽田空港まで行けそうな気がしますが、そのときは自転車も走れるんでしょうか。かなり高度があるので、無理かな(登る体力も心配ですが、自動車専用かもという意味です)という気もしますが。いずれにしても、万難を排して対岸の島(埋立地)には、いつか上陸してみたいと思います。

 若洲島(埋立地)は簡単に征服できましたが、ランチタイム前にめざした夢の島が思いのほか難儀で、公園に入るのに苦労しました。わかったこと→夢の島公園は入り口が難しいcatface。どっからでも入れる、というわけではなかったようですthink101223_120701  

 → ヨットハーバーのレストランでランチです。ポークカレー850円、フリードリンク(各種コーヒー・紅茶・桃ティー=写真参照)。200円前後の業務用カレーだと思います(肉3個入り)が、桃ティーとエスプレッソが飲み放題なので、ナイスだと思いました。

 日照というか、昼間時間最短日だとはいえ、まだ12時を過ぎたばかりだったので、自転車屋めぐりをしながら帰りました。101223_130301

 SUNAMOというショッピングモールのスポーツDEPOさん。ルイガノとジャイアントの2大人気ブランド。というよりも、ミーハーブランド(ワタシもオーナーですthink)のエントリークラスの自転車ばっかりでしたが、なかなか数は揃ってました。小物も、手を変え品を変えと申しますか、物欲をそそりますねぇbearing101223_135601  

 → こちらは南砂のジャスコにあった丸石エンペラー。堂々たるもんです。新中川のところで、こいつに乗ってる人を見かけましたhappy02

 立石のセオでコルナゴのマスターXライトのフレームを鑑賞してたら、来年度版のブリヂストンアンカーのカタログもらいました。このカタログが今夜の酒の肴っスhappy02。ありがとやんしたーcat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月18日 (土)

応援@年末年始

 今年も残すところ、2週間を切りましたね。早いもんです。 

 年末年始はウインタースポーツの応援のための休暇、みたいなところもあるわけですが、応援の要請がとどきました。母校(サッカー部)が久しぶりに全国大会ということで、31日に埼玉スタジアム2002という場所に来いと。どうすっかなーcatface

 わが母校は、公立の進学校を落ちた者たちが予備校的に通う二流校なので、高進学率を誇るとはいえ、大学ならどこでもいいという感じの地元大学の付属高校。そういうわけで関東在住のOBが少ないんでしょうか、わざわざ「OBは家族も無料入場」とか赤丸で書き寄こしてくれました。でもなぁ、サッカーは好きじゃないんですよね。点が、なかなか入らんし……。ものすごくストレスのたまるスポーツだと思いますよ、じっさい。

 だからこそ、サポーターと称して自分たちが試合に参加しているかのような位置づけを与えられ、お祭りみたいなスポーツ応援が好きな人たちを集めて成立しているのが、Jリーグだと思うんですが、どうですかね。

 そのストレスがたまる証拠に、わが母校の後輩たちの試合をご覧ください。暇な方は。最初は1-0で勝っていて、相手側のペナルティキック(間接)がゴールエリア内で与えられたという設定。

 つぎは今年の試合。こっちは何をやってるのか、よくわかりませんが。高校サッカーに詳しい方はご存じかもしれませんけど、敵味方あわせて44本のPK戦のすえ、全国大会出場が決まったという顛末。

 サッカー好きじゃないんでどうでもいいけど、PKをとくに力を入れて練習してきたということは、前後半90分間は防御に徹して0-0で耐えぬき、PK戦に持ち込んだのかと。そんな疑念も浮かぶわけなんです。ま、全国選抜部隊の野球部とはちがって、地元の子ばかりでチーム編成しているのは感心しますけど。

 ラグビー部が花園出場なら、かりに年末であろうと応援に行くんですけどね。そのラグビーといえば、大学のほうの母校は今年も国立出場がほぼ決まり。なんですが、ライバル(W大)との対抗戦で見せた、80年代型の戦術にこだわってるようじゃ、名門復活は覚束ないかとgawk。事実、大敗しましたしね。

 ワタシが教えられたラグビーは、自分を殺してボールを生かすgoodhappy02。これ、チームスポーツとしての普遍性もあると思います。ところが、ゴール前でボールを止めて(殺して)トライを取りに行くのを「力勝負」などと称賛してみても、組織ディフェンスを崩せない以上は、相撲トライもできないはず。90年代にリーグ戦各校に負けた原因を思い出し、もうすこし考え直してもらいたいもんです。

 というわけで、年末の高校サッカー応援は微妙ですが、正月2日の大学箱根駅伝応援(前走参加)は確定しました。去年の様子は、こんな感じ

 こいつらアホだなー、でも楽しそうだなー、と思う方はこちらにエントリーしてください。大手町読売新聞社前、6:30集合、7:00スタートrunbicycleです。GOOD LUCK!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月14日 (火)

雨やまず……パンク

 このところ、寒い寒いと予報では触れまわっておきながら、けっこうあったかいじゃん。な日々があったかと記憶しております。

 で、今日は朝方こそ雨が残るものの、昼からは12月とは思えない小春日和sunという予報に浮き立っておりました。今日の都心での打ち合わせ相手はとても気前のよい方で、用件が終わるとかならずbeerとなって、帰りが輪行になるのは厄介ですが、昼からは飲まんだろー、と。ランチrestaurantが楽しみなんでした。

 ところが、家を出るときは上がっていた雨が、都心に近づくにつれてrain1ミリ/時間どころの分量ではない感じに……。都心はタイル張りの道も少なくないので、スピードも出せずに、待ち合わせ時刻に遅れましたcatface

 なんだかな~。グローブずぶ濡れだし、書類も濡れて……。

 で、海鮮ランチで何とか気持ちは持ち直しましたが、自転車のところに戻ってみると、……パンクです。

 長びく不況、あんまり良いことないね。と思っている皆様。ワタシの不幸をみて、すこしは癒されてください。人の不幸で癒されるタイプの方に限られますが、101214_141501いい気味だと(聴こえないように)笑ってもいいすよ。

 なんか、踏んだり蹴ったりのような。久しぶりのパンクなんで、手間取りました。パナ、こんなに硬かったっけ……bearing。おまけに、小さいポンプしか持ってきてねいし。腕が痛いです。けっこうな負荷をかけて10㌔ぐらい余計に走ったような。

 というよりも、夢の中に出てきたクマとか野犬と格闘して、食い殺される寸前に目が覚めたものの、腕がなんか無駄な筋肉痛になっているような。そんな疲れ方ですね。

 明日、いいことあるといいなcat。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月 8日 (水)

南船橋@自転車ショップ

 久しぶりに、スポーツ自転車ショップのメッカともいうべき南船橋(ららぽーと・ビビットスクエア)に行ってきました。ららぽーとにセオサイクルが2店舗、ビビットにワイズロードが1店舗と、大型ショップが乱立して、この戦争はどうなる……。と思わせていた場所です。

 いつものように、ビビットのほうから価格チェックをしようと、自転車をモールの建物の中に入れてみますと、な、ない……。ワイズロードが大きなディスカウントショップに変わってました。隣にあったスポーツウェアのショップも撤退されたようで。まことに厳しい不況、地獄のデフレスパイラル……catface。そういえば、新松戸のダイエーにあったサイクルベースあさひ、撤退してた(ふつうのファミリー自転車ショップが新規オープン準備中ですが)しなー。

 いかに住宅地をそばに控えた南船橋といえども、エリアに3店舗は多すぎたんだろ。

 と、思っていたところ。3階にありました。ワイズさん。101208_145901  

 健在でしたが、3階に追いやられたということは、あんまり売り上げが芳しくないのかなぁ、と思ったものでした。

 ところが、そうではなかったようです。

101208_145701  1階の船橋競馬場に面したオモテに、もう1店舗展開してるんでした。御見それいたしやした。もともと広めのショップでしたが、なんか面積を合計すると1.5倍ぐらいになったような。1階がロードと高級部品・トライアスロン系、3階のほうがもともとのショップだったような感じ。MTBとロードはクロモリ系も。それとウェアも多め。

 と、1階の店を出ると、そのまん前に新しい自転車ショップが!happy02 こっちはディスカウントショップの延長のファミリー自転車のコーナーでしたが、ちゃんとツーリング系のロードバイクが置いてありました。これで、このエリアは大きなショップが5店にwink

 やっぱ、自転車ブーム半端ないぜ、という印象ですね。価格比較のためにセオさんにも寄ってみましたが、こっちも繁盛しているようで。ただ、ウェスト館の3階にある店のほうは、ウェア部門が縮小中というか、寂しかったですけどね。オモテから歩かせる場所だからなー。

 で、何を買ったのかというと、メットでした。内側のクロニウムロックの細い部分が切れて、使い物にならなくなったんで買い替えbearing。GIROのを使ってましたが、本国でならパーツの注文もできるんでしょうけど、ネットで調べたかぎりでは無理っぽく、新しいのはパーツの替えがきくOGKのにしましたとさ。

101208_170801  じつは、雨の日対策(ゴーグルに水滴を付けたくない)と冬の横から陽射し対策に、バイザー付きのが欲しかったんで、いろいろ探していたところ。OGKのエントリーモデルを見つけたんでした。 

 どうやら、バイザーというものはその必要上、一般にMTB系のにしか付いてないんですね。MTBのだと、ペチャっとしたカニみたいな感じのシェルのしかなくて……。OGKのリガスはバイザー付きなんですけど、モストロが男性用とするとリガスは何となく可愛いんで女性用(ゆるさん御愛用)なイメージがあって、どうすっかなー、と思ってたところ、さすがOGKカブト。しかも安いbleah

 バイザーを付けてみると、陽射し対策はいいけど、なんか視界が狭くなるような。当たり前の印象ですが……。あと、こいつの効能としては、ゆるさんが二度ほど地球にキーッス!ジャックナイフをやった時に、目や鼻を直撃しないですんだことがあるんですね。つまり、フェイス防護になる、と。

 そんな防御効果が発揮されないことを祈りますが、これで3個めのメットなんでしばらく使ったら比較インプレでもしますね。GIROのメット、北海道にもいっしょに行った間柄なので保管しておこうかと思ったんですが、持って帰るのも大変なんで殺処分廃棄しました。いま、2年半使ったインナーパッドの切れ端だけ、手元にありますthink。 

 ではまたcat

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月 4日 (土)

火縄銃のDVD付き

 最近の雑誌、とくに女性誌はブランドもののバッグが付録に付くというか、バッグに雑誌が付いてくるというのか……。

 性風俗広告系の実話雑誌もDVD付きなら、ついに歴史雑誌にもDVDが付くようになりましたねconfident。ま、これも時代の流れということで。75914  

 取材を受けた雑誌なので、宣伝をかねて紹介しておきましょう。火縄銃の実射実験のDVD付きです。どんな実験かというと、長篠合戦の三段撃ち、一斉射撃はあったかどうか、という検証。けっこう迫力あります。

 ワタシが取材されたのは、「飢餓と戦火のさなか、戦場に男女の区別はなかった」という項目。全体に通説を批判する内容で、異説好きな版元の傾向が色濃く出てます。戦国史観をくつがえす心意気、いいですね。

 ただ、ワタシが「戦国時代は飢餓の時代だった」という藤木久志氏・黒田基樹氏の説を強調したあとに、「戦国争乱の根底には飢餓による食糧争奪戦があったを疑え!」がくるという構成の乱雑さ、本能寺の変イエズス会黒幕説を批判しながら、いったい何が言いたいのかわからん記述とか、ちょっとなーcatface。ま、立ち読みだけでも楽しめます。

 では、またcat

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »