« ミッシングリンク@チェーン洗い | トップページ | 松戸アートラインプロジェクト »

2010年11月 7日 (日)

サイクルモード2010

101107_124901  今年も行ってきました。サイクルモードのレポートです。

 去年あたりから、会場も2ブロックの大幅スペース拡張で、さらに混雑のあり様。スポーツ自転車ブーム(というよりも流れ)、いよいよ本格的ですね。

 ちなみに過去記事は、昨年2008年2007年、という具合です。

 というのも、会場に来ている人たちの大半が、スポーツ自転車はまだ始めたばかり、とかこれから始める、の雰囲気の人が多く、トークイベントも「なーんだ、なにを偉そうに自転車の乗り方を教えてんのかよhappy02」な(高みから物を言ってすみませんヾ(_ _*)ハンセイ・・・)初心者向けのものが多かったことです。

 会場が広いので疲れるのと、あとは人に酔うと申しますか、雑踏疲れでくたびれました。歳ですね……(ぼそっcatface101107_125501  

 → イタリアンカラーリングのジオスです。ゆるさん、お気に入り。

101107a  ← ここまでくると、もうオヤジ趣味ですね。

 あくまでも、渋ぅーいクロモリのクラシックロード。この店で扱ってるMILANIというブランドのレプリカというロードバイクです。101107_2   

 来場者が多い分だけ、試乗も順番待ちがかなり長くて、人気のあるブース(とくに有名ブランドのカーボン車)正午すぎに申し込んでも、「3時半の乗車ですね」な状態でした。

 が、京都のGRAND BOIS(グランボア)さんのランドナーにはすぐ乗れました。あくまでも、オヤジ趣味ですから……。Kc3r0011  

 ワタシ的には、これが注目でした。フレームを分解するツーリングバイクはこれまでにもありましたけど、小径車なみに折りたためるのは珍しいです。強度は大丈夫か、という問題はありますが、こいつの輪行はラクでしょうね。

 帰りの出口で、ツーリング洞爺湖でもお世話になったシクロイマージュさんにインタビューされました。番組は11月29日の午後11時半から。支離滅裂なことを喋ってますんで、観れる方は笑ってやってください。

 ではまたchickcat

|

« ミッシングリンク@チェーン洗い | トップページ | 松戸アートラインプロジェクト »

自転車一般」カテゴリの記事

コメント

横山さんご無沙汰しております。
ボクはアラヤのランドナーに試乗したのですが、やはりほとんど待ち時間なく乗ることができました。
みんなカーボンとか、軽〜いのに乗りたいんですかね。
でも、細身フレームは静かにブームが盛り上がっているようで、今後メーカーも頑張ってラインナップが充実すると嬉しいです。

投稿: 103 | 2010年11月 8日 (月) 07時51分

103 ご無沙汰しています

 アラヤのランドナー、かなりいいですね。ビルダーのフレーム価格で完成車ですから。
 ただ、デュアルコントロールレバーに慣れた人には、Wレバーはちょっとつらいでしょうね。ディズナからトップハンドルで操作できるレバーが発売になった(装着車もCモードに出品されてました)ので、標準オプション装備になれば(ついでにギドネットブレーキも)中高年に受けそうですね。
 友人のカーボンデローザのクラウンがCLの車止めで簡単にボロボロになったのを見て以来、カーボンには食指が動きません。

投稿: 横山 | 2010年11月 8日 (月) 17時20分

サイクルモードおつかれさまでした。
今年はさらに入場者が多かったように感じました。
この折りたためる自転車はびっくりでしたね。
こういう大きさでこんなふうに折りたためる自転車は見たことがなかったので、すごく目を惹かれました。
これだったらわが家でも簡単に輪行できそうです。
11月29日の放送楽しみにしています。

投稿: くろばい | 2010年11月 8日 (月) 21時46分

くろばいさん コメントども♪

 京都の工房によると、フレームがクロモリなら分解できるように加工できるようです。アルミは、無理だとか。
 レースに使わないフレームなら、700cの自転車も折りたたみが主流になるかもしれませんね。

投稿: 横山 | 2010年11月 8日 (月) 23時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176227/49962617

この記事へのトラックバック一覧です: サイクルモード2010:

« ミッシングリンク@チェーン洗い | トップページ | 松戸アートラインプロジェクト »