« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月30日 (日)

三鷹ツーリング@けっこう近かった(笑)

 ゆるさんの大学時代の成り行き同窓会と申しますか、ちょいとしたお誘いがあったんで三鷹まで。100529_144801寒い風と雨模様のなか、自転車ツーリングですhappy02。うーん、たのしーdelicious。でした。 

 写真は都庁前(新宿中央公園)。ここまで霧雨でゴーグルに水滴びっしりbearing、輪行にしようかどうかしばらく迷いましたが、雲にムラがあるような! つまり、明るい部分(うす雲)と黒い部分(雨雲)が散在している様子。なので、冒険的に自走を決意しました。土曜日なんで、すこしは冒険をせんとねhappy02

100529_150101_2  とはいっても、クルマの多い青梅街道でもなく、流れの速い甲州街道でもなく、ここはのんびりとした方南通りなんです。小金井方面には、たぶん最短距離かも。

100529_155101  方南通りが西永福で終りますと、しばらく井頭通りを走ってから左折。そこからは人見街道です。

 武蔵野の森のおもかげを残す住宅地の景色はとても素敵なんですけど、道がめちゃくちゃ狭いですsad

 右の写真は久我山付近。赤信号のあいだにクルマを引き離してしまいましょう。

 ここは制限時速30km/hなので、勇気を出して全速疾走すればクルマの流れに乗れますけど、脇道から飛び出しとかあるんで無理ですね。というよりも、勇気わかないしねーdespair、この日は濡れた路面だし……catface

 このあたりは、その昔に小金井に住んでいたころの自動車帰宅路で、気分だけは慣れたもんしたwink。街が狭いだけに、なんも変わってねぇなぁーconfidentみたいな。

100529_155901  三鷹台の団地が見えてきたら、南方に回り込んで、東八道路(東京と八王子をむすぶつもりだったらしいが、用地の買収に失敗?して頓挫)。ワタシたちが住んでいた昔よりも、沿道が少しはにぎやかになってましたかね。100529_163601  

 予定よりも1時間半に、早く着いてしまいましたっ!

 三鷹も大沢あたりは調布市か小金井市に近く、地図NAVI(=重要なんですが、何かと遠回りをしたがるpoutような)では57kmとなっていて、都心部の50km超えはけっこう大変そうだろうなー。と思っていたところ、実際は47km弱でした。なんだよ、けっこう近いじゃん、三鷹って(笑)。写真は野川です。この野川沿いに、二子多摩(多摩サイ)まで行けるらしいです。

 同窓会は元美女たちに囲まれて、すこぶる楽しかったぁーhappy02。というよりも、アっと驚いているてるうちに、気分が学生時代にもどってしまうんですね。初対面の美女がいてもおかまいなし(?)。次回(9月の予定)はやんちゃな♂を連れてこんと、品行方正なワタシだけではやや盛り上がりに欠けるような(苦笑)。

 それにしても、人生が後半になると人間てのは想い出に生きるもんなんですかね(ぼそっ)

 というわけで、リクエストは想い出に生きる。ワタシが少年時代だった頃のフレンチポップスのヴィッキーさんです。いい歌声ですよね。

100530_103201_2

 翌日は、久しぶりの野川公園でした。ここは周囲の公園(野川に連なる武蔵野公園、国際基督教大学の緑地)などと溶け合って、お洒落な雰囲気がさすがですね(西のほうはお洒落だと思うからなのでしょうか?)。

 規模的には水元公園が勝るとは思いますが、やっぱりこっちはセレブ的ともうしますか、どっかハイソな……。この先入観というか、潜在意識はいかがなもんでしょうなぁ。

100530_111802  ←玉上水の水路(この右が五日市街道)です。最後は地面の下を走る武蔵野線を見失いつつも、なんとか帰ってまいりました。

 昨日も今日も、たのしかったです。では、またcat。  

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月25日 (火)

パンツコレクター(笑)

 久しぶりのウェア系インプレです。前にレーサーパンツの評価を行ないましたが、その続報と考えてください。パンツコレクター(笑)です。もう変態ですhappy02

 自転車が健康と環境のためのアイテムである以上に、身体的快楽(乗って走って、気持ち良ぃー)なのは、ウェアによるところが大きいでしょう。と気づいたワタシは、いつの間にかパンツコレクターになっていたもんです。インナーパンツを入れると、10枚を越えてました。

 そのうち、インナーは1枚殉死、ウイザートのインナーは股ズレ起こし廃品。冬用のタイツ(パールイズミ)は二年目で殉死(穴あき)。いままた、二枚ほどイズミのレーパンがお亡くなりになりました。100525_142901_2  

 まだ死亡していないものの、右の写真のSUBARUパンツ。ほつれが出ています。こういう上下ジャージは揃ってなんぼなので、下だけ2枚買う必要があるようです。シーズンごとにデザインも変わっちゃうわけだしね。

 下に写ってる白黒パンツ、コンフォートシームレスというイズミの新製品です。プリント系が2年連続1シーズン半で身罷られましたので、値段的には3漱石ほど高いけれども、3Dパッド系のものにしたんでした。

100525_134001  シームレスというのは、縫い目がないんですね。では、どうやって縫合されているのかというと、超音波で接着だって? だいじょうぶか、剥がれないのか……?。

 皮膚と一体化するという着心地、いや穿き心地は、穿きにくい……bearing。自分的には余裕のLなんですが、穿きにくい脱ぎにくい。たしかに、皮膚に一体化するというか。ウェアは高いのにいくほど、安いのに戻って来れないといいますが、できれば手の打ちどころを探りたいものです。 

 3Dパッドの効果は、なるほどhappy01。でした。それにしても、イズミにこだわるのはパッドの、とくに前の形状(イタリア製はだいたい形がピュア=あの部分で恥ずかしいです→シマノもangry)なんですが、なんとか一年半という寿命を更新して欲しいものです。

 エコサイクルツアーの詳細、UPしました。秋に向けての偵察(ボーイスカウト風)ツーリングの予定でしたが、どうも秋はコップ10(名古屋ツーリング)とかになりそうなconfident

 ではまたcat

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月22日 (土)

本佐倉城址@歴博

 本佐倉城址のガイドツアーに行って来ました。右下の写真、城址の東山馬場です。右から二人目が案内人のSさん。うしろの100522_101201置き盾に千葉氏の家紋である月と星、なかなかいい感じ。  

 それはともかく、着くまでが大変っした……。距離を適当に考えていたのか、待ち合わせの時間に間に合わないというチョンボ。誰なんだい、間に合わないようなタイムスケジュール作ったの? →ワタシでした。しかも前半のんびり走ったもんで、後半の20kmはアベレージ30km/hsweat01 愚兵衛さん、お待たせしてすんませんでしたっwobbly

 朝が早かった(ワタシ比)んで、もう寝不足というか夕べのアルコールがじゅうぶんに肝臓処理されていないというか、着いてからも辛かったです。ハンガーノック気味のうえに、水分欠乏状態。もう立っていられん状態におちいり、座って説明を聴きましたcatface。ナメてたんですね、歴博のある城址公園ほどではなくても、自販機とかあるんじゃなかろか、とね。100522_102501  

 では、ちょいとばかり城址の解説を。

 右の写真の向こうが印旛沼なんですが、当時(1500年代後半)はすぐ下の田んぼあたりまで水が来ていたそうです。なるほど、沼を天然の水堀にしていたわけですね。

100522_104501  大堀切です。左右に郭(くるわ)があって、この堀切の上に橋が架かっていたのではないかと推論されてます。郭の土塁は今もかなり高い感じ。中世の城で、ここまで遺構が残ってるのは珍しいでしょう。100522_104901_2  

 酒々井町の管理予算があまり潤沢ではないのか、草が多くて発掘当時の遺構を見ることはできません。中世の息吹を感じさせる城址、この先どう見せていくのか、先立つものがムニャムニャなんでしょうね。

 ガイドさんの解説もわかりやすかったですが、小田原(天正18年)に佐倉から3000騎(徒歩兵を入れると1万?)が赴いたという説は、どうも一次史料によるものではないのでは? と(論拠は千葉市史の記述らしい)。

 というのも、合戦の動員兵力というのは中世史研究でいちばん厄介なハードルなんです。だいたい当時の文書(書状)では味方の大勢に、敵を過少に書き勝ちで、確かな証拠になるはずの軍役帳は、ほとんど残ってないんですね。

 ちなみに、かなり正確とされている上杉家軍役帳では、徒歩の兵もふくめて4000弱なんです。この程度が一国の御屋形が軍役衆として動員できた数。やはり上杉文書の関東注文幕で、関東250将(その軍勢は11万5000人)というのがありますが、これもやや過大な数字。ただ、あんまり「論拠の原史料は何じゃー?」とか問い詰めるのも大人げないしcatface、こっちで調べてみます。でもまぁ、満足でした(眠かったけど)。

100522_134301  本日の大きな成果は、国立歴史民俗博物館の新展示室。「現代」です。ただ、戦争展示が多くて、生なましーbearing。疲労ピークだったんで、じっくりとは観れませんでしたwobbly。やっぱ早く寝ないとダメですね。

 ではまたcat。  

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年5月19日 (水)

久しぶりにレイ二ーライド

 都内で打ち合わせの帰り、rain降られました。去年のこの時季は八ッ場ツーリングの中日に降られて寒い思いをしたんでした。

 まぁ、今日は心地よい程度の気温。たまにレイニーライドをやると、晴天のありがたみが身にしみると申しますか、幸せ感が増すんですけどね。100519_163601  

 問題はこいつ(カセットがドロドロ)→ コンパウンド溶けすぎじゃないか?? 製品は105ラインナップのカンチなんですけど、ちょい重いし、どうせ効かんのなら見た目カッコいいテクトロとかテスタッチのフロッグとか。こいつの寿命がきたら換えようかなconfident

 で、軽いのを探してみると、けっこう種類が出てました。最近よく目にするメーカーのとか自転車が買えそうな値段のやら、カーボンのも。軽いのを計算してみると、自転車パーツは「(100)グラム10000円なり」というのがよくわかる。で、思いっきり安いのも。うーんthink

 ではまたcat

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月16日 (日)

新緑の季節♪

 新緑の季節、身も心も躍る。はずですが、なんか寒い……。今年はヘンですね。100515_131101  

 自転車月間ということで、水元公園にレンタルサイクルが開店してました。が、これは柴又公園のを持ってきたようですね。

 寅さん記念館見物→レンタサイクルbicycle→水元公園happy02→もどるsweat01 を簡略化したというか、そんな感じです。高校生以上2時間200円、中学生以下100円。

100515_134801  バラがほぼ全開、いい感じでしたhappy02

 この赤いのは銘柄は失念しましたが、剣弁高芯咲きという分類のカッコいい花です。夏に向かって、咲いては枯れ、また咲き。薔薇の生きざまが好きです。100513_123202  

 こちらは、某ヨーカドーに出店している保険屋さんのアリオネです。可愛いですね。水温は5℃……。寒そうですがsweat01

100515_135701  こちらは、ふたたび水元公園の鳩。

 鳩は平和な鳥なので、日本という平和な環境ではのんびりと飛び惜しみをするのがつねなんですが、こいつはもう大地におなかを着けて、足がダメになられたのかとビックリsweat01して見てました。が、単にくつろがれていただけでした。平和すぎねぇか? 轢かれないようにpout

 告知です。

 bicycle5月22日(土)7時半、五香十字路あたりで集合。本佐倉城址・国立歴史民俗博物館。

 bicycle5月23日(日)11時前、日比谷公園集合。ツアーオブジャパン東京ステージ

 bicycle5月23日(日)ツアーオブジャパン終了後、ブログ友が出展してる文芸フリマ

 bicycle5月30日(日)10時、手賀大橋南側集合。第8回東葛ポタ。うーん、参加できなくなったbearing。三鷹ツーリングに変更(笑)。

 bicycle6月13日(日) エコサイクルツアー。目的地はここ。8時市川駅集合→千葉駅(輪行)→富津あたり→目的地。宿泊は3500円(見学料+食事restaurant付き)、日帰りは700円(見学料+食事)。※食事は横山のカレーライスですbleah。お土産appleたぶん期待できます。

 くわしくは、また告知しますcat

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010年5月 9日 (日)

下見ポタ@県民の森・印旛方面

 第8回東葛ポタリングの下見で、白井・印旛方面に行ってきました。100509_133401  

 北総線沿いに広がる森林地帯、宅地化も進んでいますが、まだまだ未開の地・暗黒地帯(=よく迷う)です。とくに夜は恐ろしいshock

100509_132601  途中、立ち寄った「船橋県民の森」という心霊スポット(神社)。おっと、奇妙なものが写っていますねtyphoon。みなさんには何が見えてますか?

 探索の成果もあり、この神社が怖がられている理由もわかりました。知りたい方は、5月30日にご確認ください。なるほろ……、目からウロコじゃんwink

 でも、怖いだろーなーwobbly、は確実です。霊感の強い方、要注意paper

100509_141301  

 お昼ごはんの場所も決まりました。こんな美女virgo

 がいるお店です。アオザイを着たい方は予約が必要なので、BBSにご連絡ください。ベトナム娘の気分で食事ができますよ。

100509_161701  梅雨をまえに緑が深まる時季、その品性はともかくとして、参加者の好奇心と期待をはずさないのが定評の東葛ポタ。ぜひともご参加くださいね。

●東葛ポタリング(主催:チーム東葛[笑]) 5月30日(日)10時 しょうなん道の駅側の手賀大橋の下に集合

 もひとつ、告知ですcat

●本佐倉城見学会(ガイド付き) 5月22日(土)午前9時50分 現地集合 本佐倉城は、こんな歴史と遺構を持っています。ベタベタに戦国時代のお城です。※↓ 

※チーム東葛有志は、7時半 五香駅付近集合(464号線→印旛サイクリングロード)その後、国立歴史博物館見学。くわしくは東葛人さん かワタシにご連絡ください。

 ではまた。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年5月 7日 (金)

アクア・パッツァ@ビタクラフト

 イタリア語の暴れる水(アクア・パッツァ)、やってみました。意外に簡単です。Dscn5464_290  

 材料は、ふつうは小ぶりの鯛fishなんですが、白身系の魚なら何でもOK。今回は、小型のカレイと金目鯛を使いました。

 必須なのがアサリ、プチトマト、ニンニク、オリーブの実(黒のほうが見栄えがいいんですが、なかったんで緑灰色のを)、パセリ(これは飾りっス)。

 魚は塩コショウをして、15分くらいおいて水を切ります(けっこう水が出ます)。で、ニンニクと一緒に、オリーブオイルを敷いた鍋(厚いの)でイッキに焦げ色をつけます。これに150~200mlほど水を加え、他の食材も放り込んで、激しく煮ます。

Dscn5465_289  写真は激しく煮ているところですが、煮るというよりは水蒸気でガンガンと熱を加えるという感じ。これが暴れる水(アクア・パッツァ)です。

 付け合せのパスタはペペロンチーノ。Dscn5467_288  

 → こーんな感じです。上からふりかけたのは、乾燥パセリとバジリコです。煮詰まる感じになると、火をとめます。

Dscn5469_291 おさらいgood= ①強火で焦げ目をつける(2分) ②他の食材を入れる ③水蒸気で熱を加える(10分ほど)。じつに簡単ですbleah

 ポイントgood= 魚は焦げやすいので、厚手の鍋・フライパンがいいです。ウチはビタクラフトというブランドの鍋を使ってますが、こいつのいいところは焦げても食材自体の脂で、焦げが剥がれるんです。今回は水煮料理なので、アルミ鍋で焦げても簡単に剥離しますけどね。

 イタリアン系は手軽で簡単、食材も安くすみますね。ということで、あんまりイタリアンレストランには行かんのです、貧乏性のワタクシは。

 では、またっcatrestaurant。  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月 5日 (水)

ショップ走行会@シクル・マーモット

 連休最後の日、シクル・マーモットの走行会に参加しました。100505_075801

 なにしろプロショップ過疎地帯だった松戸(駅付近)に、忽然とあらわれたシクル・マーモット。すぐにメインショップにはできないものの、立ち上がりをサポートするにしくはなし、と参加した次第です。

 店長が船橋のワイズに勤務していた時代からのお付き合いで、船橋のレーシングチームがサポートをしてくれて、じつに安全快適なサイクリングとなりました。わかったこと→車列は5台程度がよい。100505_104401  

 サイクリングの目的地は、たちかわという和菓子屋さんでした。わかったこと→ショップの走行会というのはランチポタではない。つまり、食べるrestaurantために走るのではなく、走るために補給riceballする。これは大きな文化の違いでありましたcatface

100505_113301  参加者は26人、ゆるさん以外はベテランも初心者もロード。落車事故もパンクもあって、けっこうにぎやかな走行会になりました。帰りの江戸サイの逆風25km/h、暑くてきつかったっスbearing。店長の馬場さん、参加されたみなさん、ありがとうございましたchickcat

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010年5月 3日 (月)

連休@自転車ざんまい

Kc3r0038  こんにちわ、ゆるです。この連休、はやめに起きて自転車の日々です。

 まず、流山にあるカフェギャラリー黎明で開かれている「美しき自転車たち」に行って来ました。Kc3r0040  

 まさに工芸品ですね。

Kc3r0045  繊細なラグワークに注目です。

 クロモリの美しさに、うっとり。Kc3r0042_2  

 細身のフレームが好きですheart02

Kc3r0037  そうは言っても、乗れそうなミキストに目が行きますね。

 うっとりconfidentのひととき、でした。100503_100901  

      今日は海へ。

 江戸サイの左岸、下流のほうが工事中迂回。

100503_103601  河口付近の江戸サイ終点、入れません。

  道がひろくなるんでしょうか?

  仕方がないので、市川港まで走りました。100503_104201  

  海です。

100503_112801  これは高円寺の藤まつり。

 100503_114101  

 すばらしい市川の牧場、うそbleah、ゲートボールしてました。

 では、またchick

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月 2日 (日)

レビュー@『多摩のまち 自転車探検』(斎藤円華)

 ツーリング洞爺湖をいっしょに走った斎藤円華さんから『多摩のまち 自転車探検』(けやき出版)が恵送されてきたので、さっそくレビューを。bicycle季節を逸しても何ですし、献本されたらレビューが原則think

 中身はジブリ(トトロ)の風景を訪ねて、基地と戦跡(こいつは廃墟ともhappy02)、ユーミンの歌詞をもとめて。ほかに、三億円事件、廃線探訪と、どうやら廃墟系なマニアックテーマなんですが、著者がじつに実直な性格と申しますか、まじめな人なのでイマイチ、おどろおどろしいテイストにはなりきれていません。

 他人の評価に耳を傾けられるのがプロ、というわけで厳しくも難点をいくつか。切り口が探訪なのに、上記のとおり、やや突っ込み不足。おとなしい。で、笑いをもっと仕掛けてもいいのに、性格ゆえにちょい無理か……。

 そのいっぽうで、生真面目な性格ゆえに記事への信頼感、じっさいに走った者ならではの感想は頼りになる。このあたりが持ち味じゃないでしょうか。ヘンに浮っついてないし。ただ、ワタシのほうが実際に走った場所が少ないので、いまいち評価は踏み込めず、ですなsweat01。すんません。多摩方面のひと、実用性の面で突っ込んだレビューよろぴこcatDscn5463_280  

 ちょいと、画像で見ていきましょう。

 右の写真は野川(国分寺→二子玉川)の案内図ですが、よく出来てると思います。が、写真が眠い。ワタシが撮った写真自体も眠いので、二重に眠くなってますね。著者はカメラに造詣もあり、一眼レフを使ってるはずなので、これは基本的な考え方(センス)の問題です。いや、ちょいと考え直せば克服できます。

 眠いのは、ハイライトがないからです。ハイライトのない風景絵画がどんなに筆使いがよくても色のあつかいが巧くても、曇った風景に見えてしまうのと同じ。曇った雰囲気では、自転車で走ろうぜ!という感じにならんのです。

 まず、屋外写真の場合、すこし慣れてくると逆光を使いたがるんですが、これがダメ。どんなに光が豊富でも、逆光の遠景部分は飛んでしまうんですね。それと、全体的に光量不足なのは、おそらく2~3月の撮影だったからか? この季節に屋外写真(バカンス用)を撮ってもダメです。撮るなら雪景色のみ。たとえば、ワタシが撮った逆光を参考に。Dscn5455_284  

 今日撮ったのですが、新緑なのに、ちょい光量がないなー。

 で、コイツをグレースケールにするってえと。Dscn5455_284b  

 もうこいつぁ、冬景色っス。さっ、寒い……bearing

 このように、モノクロにするってえと眠たい写真になっちまうわけです。そこで、PCで使えるレタッチで手を加えると。別の画像ですが。

Dscn5458_286  コントラストをいじってみました。どうです、初夏っぽいでしょ。それでも逆光なもんで、背景が飛び加減になってます。

 では、順光ならどうでしょう。Dscn5460_282  

 → これ自体は眠たい写真なんですが、

Dscn5460_282a  これでどうです? その昔、写真製版がデジタル化された時期によくやったもんです。印刷会社の営業さんが技術者を連れてきて、「こんなもん?」「いいですか?」と、画像に手を加えていくんです。

 あと、自転車で走ってるシーンが欲しかった。あっ、私も走りたくなった、という訴求力のために。 

Dscn5461_285

 ところで、PCでの編集が進んでからは、製版(アミ入れ)がなくなった分だけ、工期とコストの低減がはかられましたが、写真は自動的にアミが入る関係で、なおざりになってるんじゃないでしょうか。その分だけ、カメラマンのほうで工夫しておく必要があるんです。以上、ブックレビューがいつの間にか、写真加工講座になったbleah。でしたっ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »