« サスペンション破断事故@複雑な生産事情 | トップページ | 千駄ヶ谷@ベトナムガーデン »

2010年4月26日 (月)

陶芸展@2010

 ゆるの記事ですが、本人が書かんので代筆しときます。先週は通っている陶芸教室の展示会でした。100423_114901   

 ワタシは近くに某伊勢丹という百貨店があるので、週に一度は気分転換のために陶芸コーナーをひやかしウィンドウショッピングします。そのせいか、買いもしないのにけっこう目が肥えていて、陶磁器のよしあしはわりとわかるほうです。名物の目利きとかは無理っスけどね。

 そんな目で見るまでもなく、上の写真の絵付け皿なんかを眺めると、プロとアマの差はすごいもんだなと思います。絵の線がヨレヨレと申しますか、赤がにじんでますもんねcatface。作者はこういうの造って、イヤにならんもんか向上心を抱くのだろうと思います。100423_115101_2  

 はい、ゆるさんの作品です。テーマがよくわからんうえに、時計皿、地の色と針の色がおんなじなもんで、夜になるとよく読めませんbearing。なんスか、これ……pout。それにしても毎度のことですが、日ごろ自分が無理に愛用させられているしている酒器が展示会に出てたりすると、あれっgawkな感じですね。

 ま、年に一度の発表会。お疲れ様でした。本人のたっての希望で来年も告知はしませんので、興味のある方はこの季節になったら適当にお訪ねください。人に見せる展示会を、恥ずかしがって告知しないとは、いったいどういう……。

 4月29日(祝)14時、紀伊國屋書店新宿南店で加藤登紀子さんのサイン会、よろしく。

 5月5日(祝)、シクルマーモットの走行会です。

 自転車友だちの事故例。気をつけよう、甘い言葉とクルマ止め。

 ではまたcat

|

« サスペンション破断事故@複雑な生産事情 | トップページ | 千駄ヶ谷@ベトナムガーデン »

ゆるの記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176227/48190293

この記事へのトラックバック一覧です: 陶芸展@2010:

« サスペンション破断事故@複雑な生産事情 | トップページ | 千駄ヶ谷@ベトナムガーデン »