« 環境イベント(C級グルメ)&やじばばサイクル迎撃(変態グルメ) | トップページ | 自転車と法律 »

2009年10月10日 (土)

印西牧場之真景図@チューブラータイヤ交換(Kaccinさん)

 表題の企画展を観に、白井郷土博物館に出かけました。小金から印西にかけて、江戸時代は野馬の牧場があったんですね。北総一帯は天領(幕府直轄地)と旗本領で、いわば幕閣への恩給地として配分されていたのです。そのなかに、幕府御用達の野馬の生産地があったということ。

 21世紀の森で待ち合わせたところ、Kaccinさんがお約束のパンク。ワタシが氏のパンクに付き合うこと、じつに8回目という快挙(?)。某ショップにいくたびにチューブラータイヤの良さを聴かされますが、Kaccinさんにかぎってのことかどうか、パンク多すぎます。

 Kaccinさん+ワタシ=Kaccinさんパンクの図式ってことは、やっぱワタシが疫病神なのかなー。Dscn5019_092しかし、ほかの人には適用されない疫病神度ってのも……。  

 それでも氏のタイヤにはパンク防止剤が入ってるので、6箇所からシュウシュウと噴き出して「それ、もう走れませんよ」(ワタシ)「うーん」(Kaccinさん)な状態になるまで走ったんでした。

 全国のチューブラータイヤにしてみようかな、と思ってる皆さん。チューブラータイヤ交換の実演、解説でございます。右上の写真は、必死にタイヤを剥がしてるところ。リムテープのような形状の両面テープで接着してありますので、なかなか剥がれません。硬めのクリンチャーといい勝負か? Kaccinさん、がんばれ

Dscn5020_091  やっと剥がれました。穴が大きくても修復可能ですが、さすがにここまで穴が多いとオシャカですね。Dscn5022_089  

 新しいタイヤを装着しますが、両面テープは必ずしも必要ないとのことです。メチャクチャに激しく乗らないなら、少々のことでは外れないんだそうです(バーストした銚子サイクリングで実証済み)。硬いクリンチャーよりは、わりと簡単に填(は)められるようですね。

Dscn5023_088  はい、はまりました。あとはセンターを出して空気を入れるだけです。Kaccinさん、お疲れ様でした。とても楽しかったですよ、しょせんは他人ごとですから。こんど、ワタシがパンクしたときは大いに楽しんでください。Dscn5026_085  

 牧場之図の見学もそこそこに、白井から船橋県民の森をへてアンデルセン公園(かつて、画伯が企画に参加した公園)まで森の中を走りました。

Dscn5029_083

 森林浴です。秋晴れの連休、みなさんもたくさん走りましょうね。ではまた

|

« 環境イベント(C級グルメ)&やじばばサイクル迎撃(変態グルメ) | トップページ | 自転車と法律 »

自転車のアイテム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 印西牧場之真景図@チューブラータイヤ交換(Kaccinさん):

« 環境イベント(C級グルメ)&やじばばサイクル迎撃(変態グルメ) | トップページ | 自転車と法律 »