« 妙見島探検@地中海料理の隠れ家的レストランを探せ(その1) | トップページ | お知らせ@エコサイクルツァー »

2009年1月13日 (火)

妙見島探検@地中海料理の隠れ家的レストランを探せ(その2)

 真冬の日ざしのなか、えたいのしれぬ怪鳥が甲高い声で鳴いている。小春日和だというのに、ここだけ狂ったように渦巻く旧江戸川の川面。いったい、この島にどんな怨念の歴史が宿っているというのか……。

 ついさっき、われわれの横を爆走して行った大型ダンプカーは競うように地底へと消えていった。ここは人が歩くのをゆるさない島、自転車を吹き飛ばさんばかりの正体不明のダンプ群が行きかう場所なのだ。Dscn3304  

 見たまえ、ここには対面通行という通常の交通法規もなければ、ブレーキをかけるというマナーもない。あるのはただ、人けのない化学工場にこだまするモーター音と吹き出す蒸気、地底深くから(?)聴こえてくる唸(うな)りのような低い音……。

Dscn3305  われわれは島一周をこころみた。無機質に怒り狂ったダンプカーと化学工場、そして底知れぬ(と思われる)産業廃棄物処分場に占められているとはいえ、人間が生息できるエリアもあるのではないか。人らしい暮らしが死に絶えたコンクリートの孤島にも、心なごませる緑や花があるのでは? という期待(いや願望)に誘われたのであった。Dscn3306  

 だが、われわれの一抹の希望も、すぐに打ち砕かれたのだった。コンクリートの道は裂け、いつのものとも知れぬガラスの破片が自転車のタイヤを軋ませる。

 工場の従業員のものと思われる自転車群はあったが、あいかわらず人の気配はない。もしかしたら、死者たちの宴が開かれているのかもしれない。

 砂漠のように厳しい日ざしと、北極のように冷たい日陰。絶望のなかを彷徨すること×分……。

Dscn3300  素敵なレストランに着きました。暖かい日にはベランダで食べてもいいな、と思えるたたずまい。味や値段はともかく、空間としては「穴場だね」と、Kaccinさんと確認しました。Dscn3302  

 秋田豚のソテーとなんちゃらソース(名前忘れた)のランチ1400円、パスタ(1200円)も素材は何だったっけ……。まぁまぁ美味しかったです。そう、ケーキなんか一流だったね。

 その後、われわれはもう一度島を探検し、とても一周は出来ないことを再確認して脱出したのであった。膨大な産廃を呑みこむ島の不思議、人けのない化学工場の謎は、依然として残されたままだ。われわれとともに、妙見島を探検する仲間を募る。ただし、命の保障はありません。

|

« 妙見島探検@地中海料理の隠れ家的レストランを探せ(その1) | トップページ | お知らせ@エコサイクルツァー »

A級グルメポタ」カテゴリの記事

コメント

横山さん、こんばんは!

妙見島にこれ程立派なレストランがあるとは・・・
全く知りませんでした。(驚)

是非とも一度訪問してみたいと強く思ったものですから、
早速ネットで検索してみらたら結構ヒットしました。

でも・・・火曜日が休みと知りガッカリです。
私も火曜日休みなのでレストランでランチ♪の計画は、
しばらく棚上げです。

でも妙見島探検は、近々敢行してみたいと思います。(笑)

投稿: 片山R | 2009年1月14日 (水) 01時57分

私は江戸サイは右岸はきちんと走ったことがないので、
「妙見島」という島があるなんて知りませんでした。
横山さんの臨場感あふれるすばらしい文に、
ハラハラしながら読み進ませていただきましたが、
無事に地中海料理のレストランに着いてよかったです。
しかし荒涼とした島の中とは思えない、
素敵なレストランですね。
テラスからの眺めがすばらしいです。
「妙見島」を探検する勇気はないですが、
一流のケーキというやつは、ものすごーく気になりますし、
今度、行ってみたいです。

投稿: くろばい | 2009年1月14日 (水) 02時03分

片山Rさん こんにちわ

 あのレストラン、日曜日のランチタイムだというのに空いてました。屈強そうな海の男らしい方が2人、ウエイトレスは体格の良い美女。謎の島ならではの荒々しさを感じさせられましたが、風のない日は冬でもテラスでのんびりできそうな感じです。ぜひ一度、探検されることをおススメします。


くろばいさん コメントども

 江戸サイ右岸はトラップの連続で、前にやじばばさんをご案内したときに「港を走ってるようだね」と驚かれていました。
 じつは(上陸用の橋から)レストランまではそんなに距離はないのですが、歩道を走ると着けません。車道(?)を走ると、写真のとおり爆走ダンプにやられます。どうぞ気をつけて行ってらっしゃいませ。

投稿: 横山 | 2009年1月14日 (水) 08時38分

命がけのレポート楽しませていただきました。

件の島、クルマで通り過ぎるだけでもなんだか不気味なのに自転車で降り立つなど、考えてもみませんでした。
でも、怖いもの見たさで行ってみたい気もします。そして、周りの風景と比べ超アンバランスなレストランも気になる103でした・・・

投稿: 103 | 2009年1月14日 (水) 09時28分

103(とーさん)こんにちわ♪

 妙見島に行かれたら、旧江戸川の左岸を走ってみてください。ロード系なら下を、MTBなら岸壁(?)の際を走れます。
 こんど、わんぱく中年探検隊で危険なところに行きましょう。キーワードは「危険な探検」です。

投稿: 横山 | 2009年1月14日 (水) 11時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 妙見島探検@地中海料理の隠れ家的レストランを探せ(その2):

« 妙見島探検@地中海料理の隠れ家的レストランを探せ(その1) | トップページ | お知らせ@エコサイクルツァー »