« チーム東葛(笑)新春ポタ@三番瀬 | トップページ | 妙見島探検@地中海料理の隠れ家的レストランを探せ(その2) »

2009年1月11日 (日)

妙見島探検@地中海料理の隠れ家的レストランを探せ(その1)

 (↑エントリーテーマ)というわけで、妙見島の探検に行ってきました。Dscn3292  

 → 江戸サイから妙見島の北端を撮影。江戸サイ(旧江戸川)右岸を走った方なら、江戸川の中に奇妙な島があるのは知っていると思います。でも、じっさいに行った方(酔狂なひと)は少ないんじゃないでしょうか。

Dscn3293  島全体が工場と倉庫(?)そして、ゴミや産業廃棄物を受け入れる(受け入れるスペースは無尽蔵にあるのか?)という、いわば大都市の日陰的な存在。最も観光とは正反対に位置付くにもかかわらず、その島には食通をうならせる隠れ家的な地中海料理のレストランがあるというのだ。

↑工場の寮か? 人が住んでいる気配は、……ない。Dscn3295   

 休日にもかかわらず、島の工場は稼動しているようだ。ひっきりなしに、産業廃棄物を満載したダンプカーが行きかう。それにしても、全長800㍍ほどの島なのである。膨大な産業廃棄物はどこへ捨てられているのか? もしかして、この島にはゴミと産廃物を呑みこむ地底の大空間への入り口があるとでもいうのか。写真は浦安橋から(左の道が江戸川サイクリングロード)。

Dscn3296  妙見島上陸の第一歩をしるすKaccinさん。奇妙なことに、人の気配がしない。釣宿とは名目だけのラブホテル(営業しているのか)、廃屋と化した定食屋、歩いている人はいない。いや、人が歩ける環境ではないのである。Dscn3298

 と、その時。大型ダンプがモウモウと土煙をあげて、われわれに迫って来たのだ。Kaccinさん、危ない。なんと、そのダンプカーの運転席には、人が誰も乗っていないではないか。レストラン探しどころではなくなってきた。  

Photo  猛然と土煙をあげて走り去るダンプカー、そしてもう一台。こんどこそは逃げ場がないぞ、絶体絶命か……。

(つづく)

|

« チーム東葛(笑)新春ポタ@三番瀬 | トップページ | 妙見島探検@地中海料理の隠れ家的レストランを探せ(その2) »

A級グルメポタ」カテゴリの記事

コメント

え~、続くんですかいっ!
こんなオイシイポイントで切るなんてさすが作家!読者のウィークポイントを知り尽くしてますな。

お願いです。1秒でも早く第2弾アップしてください。そうしないとkaccinさんの安否が確認できませ・・・あ、kaccinさんのブログ見りゃいいのか(爆)

投稿: 103 | 2009年1月12日 (月) 18時52分

横山さん、こんばんは!

私、片山Rも妙見島は興味津々です。
江戸川CRは制したとはいえ、この妙見島を制さずには、真の覇者にはなれそうにありません。(苦笑)

先ずは横山さんのリポートを注視し、今後の作戦を練りたいと思います。(爆)


投稿: 片山R | 2009年1月13日 (火) 00時48分

103(トーサン)ご安心ください。

 Kaccinさんもワタシも無事です。どうぞ安心した上で、ハラハラしてください。


片山Rさん コメントども♪

 そうですね、妙見島に行かずして江戸サイを制したことにはならないですね。でも、かなり危険です。ダンプに挟まれてグシャッ→そのまま廃棄物として地底に埋められる。可能性は否定できません。
 あと、島一周は不可能というか命がけです。レポートの続編をお待ちください

投稿: 横山 | 2009年1月13日 (火) 11時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 妙見島探検@地中海料理の隠れ家的レストランを探せ(その1):

« チーム東葛(笑)新春ポタ@三番瀬 | トップページ | 妙見島探検@地中海料理の隠れ家的レストランを探せ(その2) »