« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月30日 (日)

紅葉ポタ@理窓会公園・大町公園

Dscn3038  急遽の思いつき企画にもかかわらず、東葛人さん主催の「紅葉ポタ」大盛況でしたhappy02

 その前に、前夜は103(トーサン)呼びかけのサイクリスト酒宴(笑)でした。TEAM_STROLLERにとっては、これが初の宴会。beerには目がないチーム東葛(笑)の面々も参加して、おおいに盛り上がりましたね。

 言うまでもなく盛り上がりネタは、ひっひっひっのKAKAPOさんの新車購入劇。衝動買いならではの、ノーマルクランクのサイズも違えばギア比も「えぇーっ」bearing、いいんではないでしょうか。ママチャリからクロスバイクへの段階、クロスからロードへの段階、ここにはたぶん冒険にちかい飛躍があるんですね。

 まだまだ本格的に走ろうとする人にとっては、ドロップハンドルというポジションもまたクリアすべき壁であって、少しでもこだわるならばイッキにgood。ご同輩どの、豊かな老後にむけてbicycle精進しませう。この衝動買いのきらめきshine、自分も嬉しくなっちゃいましたっcat

Dscn3041  ポタのほうは、ふところの深い理窓会公園の池を皮切りに、おおたかの森ではオオタカの生態を目撃しました。いや……、ワタシはトンビじゃないかなー、と疑ってますけどねbleahDscn3045 写真は上空の「オオタカらしき鳥」を観察する一行(笑)。 

 この日のネタ的には、前夜の飲み会でshockとなって途中合流のIKAWAさんだなー。と思っていたら、おいしいところをさらった人が……。

Dscn3047  みっちーネコ科さん、ですっ! 砂場(蕎麦屋)で昼食駐輪のときダイヤルキーのナンバーが新規に設定(設定ボタンが押bearing)されてしまいましたとさ。もはやワイヤーを切るしか方法がなく。NOBさん が砂場のスタッフに道具の貸与をかけあい、ワタシも手伝って……切断good。いやー、集団サイクリングならではの楽しいイベントでしたねーhappy02Dscn3048  

 その後、ルートは大きく南下して大町公園(自然遊歩道)へ。

Dscn3054  ←この季節だけ開放のもみじ山。

Dscn3055  → これが市川の尾瀬、大町自然公園の谷津です。どうです、すばらしいでしょう。足元はコンクリなんですけどねdespair

 けっきょく、20人以上が参加しましたけど、初めての方もおおく参加者の名前とかよくわかりませんcat(ネコ頭なもんで)。いえ、ええと……、このあいだの上州ツーリングでお世話になった百舌さん、ミヤジマさんが荒川中上流から車載参加でした。ありがとうございました。

 というか、おふたりは訓練された銀輪軍隊みたいな感じで 「(前方)対向(車)!」 「了解っ!」 「信号オーライ」 「左折、GO!」 な感じで、かーっちいいwink。やっぱ、一般道のサイクリングはキビキビしないとですね。

 みなさん、お疲れ様。たのしいひとときをありがとうございました、また一緒に走りましょうねcat

にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ 人気blogランキングへ

| | コメント (19) | トラックバック (0)

2008年11月26日 (水)

チェーンフック@洗車

Dscn2989  このところ、雨天走行がつづいてチェーンは洗ってもすぐドロドロ。晴れた日にこそ洗いましょcatface。ところで、ディグリーザー(パーツクリーナーかブレーキクリーナー)で洗車すると、タイヤとかに飛沫がつきますよね。ワタシのはサイドスキン(タイヤの横のゴム肌まる出し)なんで、特別に汚れるんです。

 で、ホイールをはずして洗うためにシルバのチェーンフックを買ってみました。北松戸にある某プロショップの店長のイチオシお薦めなんで試してみたところ、丈夫そうだし洗車にはOK。なのですが、エンド金具が使えないので後輪はずしの輪行には使えませんね。Dscn2991_2できればこいつが欲しかったんですけど、(松戸界隈の)どこにもなかったうえに、ロードレーサーのプロショップ(チームの監督はモノホンのプロレーサーだし)から薦められたんで、べつだん文句は言えないっス。  

 したがって、ディスプレイスタンドも使えない(修理用スタンドは安いので諭吉一枚以上bearing)ので、チェーン洗浄するには車体をさかさまにしちゃいました。ハンドルをグッと横に曲げて、チェーンをセンターからチョイとずらすと……。洗浄液が車体にかかりませんwink

 チェーンに付いてるの、洗浄用のガラガラです。こいつでガリガリやるんですが、コマの内側の汚れ。というよりも油が吸ったゴミ、なかなか落ちませんねぇpout。これ、雨の日にやるとなかなか乾きませんし。

 ガラガラと格闘すること十数分angry、乾かすこと一時間余sad

 ふーっ、やっと注油じゃーhappy02。というわけで、VT-08(20㍉機関砲チェーン用潤滑油)もけっこう汚れます。やっぱrainbicycle乗るのも、考えもんですね。ま、プロ推奨のチェーンフックのほうは使い勝手よし。としておきましょう。

 今日、手賀沼のヒドリ橋に人垣ができてると思ったら、孔雀を観てるんでした。動物園かどっかから逃げ出したのか、個人で飼ってたのが逃げ出した? それとも天然の孔雀?

Dscn2995  ひこうき雲、きれいcat。 

      

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月24日 (月)

上州ツーリング@妻沼・太田・館林(11月23~24日)

 Kaccinさん主催の上州ツーリング、無事に終わりました。

 集合場所の南流山駅には、なんとたすけさんが……。Dscn2933 最近、チーム東葛(笑)のサイクリングでは、参加した仲間達から「たすけリミッター(制動装置)」と呼ばれている彼が参加しても、まぁそんなにハイペースじゃないからconfident。と、たかをくくっていたところ。思いがけないことで、たすけさんは「リミッター」ならぬ「ストッパー」になったんでしたhappy02

 というのは……、後輪のブレーキアーチが張れないんです。ワイヤーの張りすぎというよりも、バナナの角度(アウターの長さ)が問題じゃないでしょうか。やむなくワイヤーをゆるめて装着して羽生駅を出発するころには、もう百舌さん(武州bicycle案内人)との約束時間を過ぎてましたbearingDscn2938  

 ま、なんだかんだで利根川サイクリングロードっス。ツーリング日よりのsun上天気でした♪

Dscn2939  行田サイクリングセンターで、百舌さん、ぷにさんご夫妻、ミヤジマさんと合流。というか、われわれの到着があまりにも遅いので探してくれていたところ、本隊から先行したワタシが遭遇したんでした。遅れてすみませんm(_ _)m、いえね、すべては×××さんがね(ぶつぶつcatface)。Dscn2940  

 → 利根大堰の観察場所で、鮭の遡上です。ちょい可哀相だったのは、産卵地までわずかなのに網で遡上が止められてること。生命力のほとばしりを見せて戴きました。

Dscn2941  このツーリングの最大の獲得目標は、ラットエンジニアリングのたかはしさんに色々と話をうかがうことでした。Dscn2949  

 たかはしさんは二人乗り用自転車やベロタクシーをはじめ、さまざまな次世代自転車に取り組んでこられた職人さんです。かのアレックス・モールトン博士にもレポートを直接提出するなど、その活躍は世界的。

Dscn2947  新しい自転車を造るときは、かならず模型を作製するんですね。実車よりも、ワタシは模型のほうが欲しいな~bleah、でした。Dscn2955  

 この大きなベロタクは、ブリヂストンが愛知万博用に造ったものです。たかはしさんの工房から様々なアイデアが実用化され、人類の未来(環境と健康)を実現することでしょう。ワタシもそれを少しでもお手伝いできれば幸甚です。

Dscn2956  国道407号線を北上して、太田市へ(写真は刀水橋)。妻沼で昼食restaurantを摂ったにもかかわらずsweat01、太田でも名物の焼きソバrestaurant(お店はソースばばぁ)。太麺に黒くなるまで炒めたおたふくソース、かつて中島飛行機の工場労働者たちが食した「冷めても美味い」焼きソバが名物になったんですね。Dscn2958  

 → は呑龍様こと大光院。子育ての寺院なんで、七五三の真っ盛りでした。

Dscn2962  こちらは多々良沼と弁天島。沼の大きさはどれほどでもないはずなんですが、周囲が原野だったり田畑なもんで広々感はふつうではないです。もう、広大な関東平野のおへそ。みたいな。Dscn2965  

 ここはもう、近場でぜったいにまた来て見たい場所。五本の指に入りますね。猫も可愛かったし。

Dscn2969  柄がウチのじゅりあcatと同じですな、と思っていたらぷにさんちには3匹もいるんだそうです。こんど、ブログにUPしてください!

Dscn2971  ところで、ここまでは百舌さんのプロみたいな案内で、じつに楽なサイクリングを楽しんできたワタシたち。いよいよ自力で館林市街に入り、つつじヶ丘サイクリングターミナルに近づいたと思っていたところ、なぜか藪の中に入って……みごとに遭難weep。とぼとぼと戻ろうとしていたら、ゆるさんの強行突破で事なきを得ました。

Dscn2974  名誉の負傷、つーか草の種が突き刺さってました。まぁ、ツーリングらしいアクシデントつーことでbearing

Dscn2976  じつは、さらに迷走は続いたんですが、そのへんはもうご勘弁ということで、めでたくサイクリングターミナルにcoldsweats01。ええサイクリングでした。

Dscn2979 Dscn2980

翌日も、迷走はつづきました。利根川をめざすも、ダートの袋小路に補足されるbearing。なんとか利根川にたどり着くも、土手上はダートで走れずcoldsweats02

Dscn2981  水路沿いに走って、何とか北川辺町。コンビニで初老のサイクリストbicycleに激励される。こんど、一緒に走りましょう。Dscn2982

 ようやく利根川CR(舗装路)かと思って、登ってみると渡良瀬川CRでした。そのまま江戸サイに入るのは日常への回帰(つまらない)なんで、関宿が見えるあたりで4号線(バイパス)に入りました。ラクだと聞かされてた、4号バイパス。本線を走ってみると、けっこう怖ぇーじゃんsweat02 そう、側道を行けばいいんでした。

Dscn2984  午後からrainの予報も、まだ陽射しが少しあって。ぽかーん、という感じでのんびり走りました。途中で輪行の予定も、陽射しがあるので越谷レイクタウンまで自走。もう、ここまで来ればhouseというわけで、最後は激しく濡れながら帰宅しましたbearing

 二日間、とても楽しかったです。ありがとうございました、kaccinさん、百舌さん、たかはしさん。お付き合いいただいた、たすけさん、ぷにさん、ぷにじいさん、ミヤジマさん。また一緒に走りましょうcat

 にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ 人気blogランキングへ

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2008年11月21日 (金)

上州ツーリング@妻沼・太田・足利・館林

 今週末、Kaccinさん主催の上州ツーリングです。

コース:11月23日:8時南流山駅集合、輪行で東武線羽生(10時ごろ)。利根川CR(百舌さんのガイド付き)~妻沼でラットエンジニアリング訪問(11時ごろ)&妻沼正天山歓喜院見学(稲荷寿司restaurant)。

    その後、太田まで一般道でB級グルメ焼きそば探訪restaurant後、足利へ足利学校見学。渡良瀬CRでつつじヶ丘パークイン(サイクリングターミナル)。ここで1泊restaurantspa(30種類のハーブの湯・振り分けの湯あり)
    
    24日:渡良瀬CR~遊水池経由~4号バイパス~越谷~流山(雨が降っていなければ、一般道で邑楽町おうら町シンボルタワーなどを見学の予定)
    往路=約80km(実走)。復路=100km弱 (距離は目安です)

関連URL:
    ラットエンジニアリング
    http://www5e.biglobe.ne.jp/~team-rat/
    妻沼正天山歓喜院
    http://www.ksky.ne.jp/~shouden/
    上州太田焼きそばの旅
    http://www.tasyo.com/yakisoba/
    つつじヶ丘パークイン
    http://www.city.tatebayashi.gunma.jp/park/
    足利学校
    http://www.ashikaga-kankou.jp/nihoniti/gakkou.html

※例によって、中途参加・離脱OKです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月17日 (月)

BB破損?

 鬼オイルことVT-08、20㍉機関砲チェーンオイル(民生転用品)のインプレです。Dscn2917_3  

 300km走行、うち100kmはrain雨天ドロハネ走行。の結果、スプロケもチェーンもドロドロに汚れてますが、ヂャリっとした感じはありません。ビュンビュン、異音なく回ります。土煙や雨の中の戦場で使用するのを想定しているだけに、ドロ水や汚れには強いんだと思われます。

Dscn2879  が、注入時(右の写真)にくらべるとずいぶん汚れてます。汚れの付着はウェット系のオイルとほぼ同じ。なのではないでしょうか。ただし、汚れはオイルの皮膜の外?

 洗車は明日にしよ、と出かけたら、クランク付近で「パキっimpactBb……クランク、回りませんよ~bearing。   

 うっはぁー、これってBB破損sign02 だいたい、いいものでも3万km走行で逝くらしいんで、安いのが付いてると2万未満でもダメになるんだろうなー。と思いつつ、さいわいにもショップまで5kmほどの場所だったんで、押しました。

 荒サイはスロープを下るいきおいでスーっとキックボードみたいに走らせてみました。おおっ、けっこういけるぞぉ、頑張れマビック(ハブ)回れ回れー! でも、ほどなく失速weep。しゃあない、snailまた歩くか。荒サイも4kmほど、はじめて自分の足で歩きました。歩くって、けっこう大変っスね。一日に何十キロも歩くウォーキングの人たち、マジで尊敬しますcatface

 歩き疲れてくると、先日見た「犬自転車」のことを考えましたね。さいわいにも南風なんで、犬に引かせたらいけるかも。でも、ウチのは猫だからなぁ。きっと役に立たんだろうな。Dscn2770 

  日本猫類ノラ科、臆病・卑怯種、粗暴系♀。じゅりあと申します→

 クランクも取っ換えるかなー、と歩きつかれた頃にショップに着くと。BBがゆるんで樹脂部分が飛び出し、クランクの圧力で「パキっ」だったようです。旧型のBBの構造上、右だけ締まる(樹脂部分は泥除け効果のみ)なんだとさ。締めたら直りました。ではまた♪

本日の走行距離:54km 歩行距離:5km(笑)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年11月16日 (日)

第4回東葛ポタリング@市川歴史サイクリング

Dscn2914  第4回東葛ポタ、雨中決行しましたbearing。思いのほか小雨でしたが、それなりに降られた時間帯はツラかったです。参加者はエントリー希望者のちょうど半分(14名)、参加率5割とはなかなか根性ありますね。つーか。変態率が高いですね。※変態=自転車乗り用語で、ヘンな生態の人たちという意味。

 いえ、べつにDNS(スタートせず)の方々を「ヘタレ」などと申し上げるつもりは毛頭ございません。チーム東葛の周辺に「ヘタレ」などという無分別な言葉が流行っているのも、嘆かわしいとは思っても同調するものではございません <お前が率先して言ってるんだろーがpunchimpact

 ただ、サイクリングの楽しみはsun晴れた日ばかりでなく、rain雨の日もtyphoon風の日も、それなりの楽しみがあるんです。なぜならば、体調の問題で不参加でしたが、kaccinさんが前日に言った「天気を選んでたらbicycleなんて乗れない」というのが、たくさん自転車に乗るためにという意味では、じつに正しいhappy02のです。

Dscn2915  今回のポタリングは別名「市川激坂めぐり」でしたhappy02。市街地は走る距離が知れてるもんで、せめて手ごわい坂を楽しんでいただこうと。写真は国分寺への激坂(推定20%)をクリアした面々。ちなみに真間山(弘法寺)参道迂回坂が最大勾配で、都内港区の坂なんざ物足りないくらいの斜度、そして路面の悪さでした。 Dscn2916_2  

 右の写真は中山法華経寺、市川案内人の会の柴田さんの解説を熱心に聴く参加者たち。真間山を解説していただいた酒井さん、柴田さん、雨の中ありがとうございましたm(_ _)m。

 タイムスケジュールの甘さと雨のせいで、ポタのメニューはややショートカット。大黒家さんで昼食となりましたが。先乗りで予約の変更や女将との交渉をしてくれたのが、タルサ・マクリーンさんでしたhappy02。タルさんありがとう、ホントに助かった。ついでに、大町公園もパスbearing。東葛人さん、来春にもリベンジだぜ。

 最後は予定どおり、4時に手賀沼の藤姫伝説のポイントを解散地に。と……、藤姫伝説の案内人が来てないよ~sad。この雨じゃ無理もありませんが、まことに残念なことです。みなさん、お疲れ様でした。

 ※連日の雨天走行、鬼オイルは快調です。予告どおり明日(月曜日)に写真だけUPします。  

 

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2008年11月15日 (土)

雨天決行@第4回東葛ポタ

 明日の第4回東葛ポタは雨天rain決行です。

 今日、鬼オイルの使用テストとセオ新松戸店アパレルフロア(本日オープン)の見学をかねて、kaccinさんmacchiさんとポタリング。じつは、朝に東葛人さんから「明日の東葛ポタ、雨模様なので午後三時の予報で延期を判断しましょう」などいうヘタレ相談を受けていたんでしたbearing

 で、彼の逃げ道をなくすために三人で談合し、留守電送信mobilephone「われわれ三人は、雨天決行に決まりました(それでもヘタレますか?)」ってねhappy02

 その後、龍Q館で地下貯水槽が公開されてるという情報を得て、ワタシとkaccinさんは暗雲垂れ込める江戸サイを北上。Q  

 この地下貯水システムに、若かりし頃のkaccinさんは材料供給でかかわっていたとのこと。まさに地下帝国、こーんなのが東京には多数あるんだそうです。いやー、ええもん見してもらいましたconfident

 ここで雨天逃亡のヘタレ東葛人さんに再度mobilephone「明日、決行だぜー」とやったところ、意外にも「もちろんですともsign03」だって……。どうやら明日の下見に行ったらしく、テレビで仕入れた中山の名店も発見し「横山さん! もう、モチベーション上がりまくりhappy01ですよ」 「え……。本気かよ~happy02」なんでした。ま、めでたしめでたし。

 帰りは雨rain……。「雨でポタ中止なんて、ありえねぇ」とか「雨でヘタレるようじゃ、ツーリングは無理」とか、さんざん雨rainをナメた発言をくり返していたワタシたち、もう真っ暗になった野田橋→流山橋間でみごとにズブ濡れsweat02

 しかし、こうなったら逆に「もう怖いものはねぇangry」「これ以上ツラい目には遭うまいよthink」「もうどうでもいいよ、焼くなり煮るなりしてくれーweep」状態になりますね、ほんともう。

 というわけで、明日rainポタやりましょう。雨具必携・できれば自転車カバー(輪行袋兼用)とかもcat

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月10日 (月)

VT-08(20㍉機関砲チェーンオイルの自転車仕様)

Dscn2876  ←もうこれ、立派な兵器なんです。防衛庁からの依頼で開発された20㍉機関砲の弾薬装填チェーン用のオイル。塗布面に薄い皮膜をつくり作動が斜めになっても滑らかさを保つという、殺人兵器の一種の民生転用商品が、このVT-08なのです。

 その殺人兵器の一種を買いに、ライトサイクルに行ってきました。サイクルモードで派手な実演をやった成果もあってか、ショップのメンバーは開店時間になってもファックスやメールの注文に追われてました。店は開けてみたものの、足の踏み場もない店内bearing

 この調子だと、たぶん生産が追いつかなくなるだろうということでした。なにしろ、あの実演では他のオイルはことごとく鉄部を磨耗させ、摩擦で動きが遅くなる中、VT-08のみが高速回転を維持。しかも、水で洗い流そうとしても皮膜の保持力が継続するという鬼みたいなチェーンオイルだったんですから。Dscn2879  

 さっそくチェーンとスプロケを洗ってから試してみました。スプレーなんでラクはラクです。チェーンを回してみると、飛まつが飛び散りドライ系の印象なんですが、おーっとsign02 チェーンと歯車の音がしません。このへんの反応はウェットタイプの滑らかさ。なーんと、これってヌルヌルですsweat01

 あとは汚れに対する耐久性というか、皮膜が汚れを受けつけるかどうかですね。滑らかなウェットタイプに特有の、すぐに真っ黒状態になるのかどうか。ということで、上の写真はハロゲン球でアップライトしてあります。一週間後、どうなってますことやら(同じ条件cloudをねらって写真UPします)。

Dscn2877  ついでにオイルのインプレやっときましょう。赤いのがフィニッシュラインのドライ系テフロンプラス、汚れは少ないけど150㌔も走れば乾いちゃいます。ROADと書いてあるのがセラミック潤滑剤で、じつはウェット系でした。ツーリング洞爺湖にはこいつを持って行きましたが、2回洗車したときに塗布しただけでじゅうぶんでした。rainもはじき返す感じで、ツーリング最強です。けど、すぐに汚れで黒くなります。

 そのとなり↑、WAXとあるのがわけのわからんヤツ。ワックスとあるとおり、油じゃないんですね。汚れと一緒に落ちますというワックスで、ココナツみたいないい香りがします。けど、すぐチャリチャリ音がします。下に寝ころんでるの、未使用のウェットオイル(ショップでセラミックを強力に薦められたんで、いまも寝たままsleepy)。

 いちばん右は、ロード系ショップではフィニッシュラインよりも主流になってるタクリーノ。こいつもウェットです。まめに洗浄しないひと(ワタシ)には向かなかったですね。スプレータイプはスリーボンドのドライオイル、呉556よりは値段分だけいいんじゃないかという感じ。ドライ系で汚れが付きにくく、しかも粘りのある皮膜を保持するオイル(という理想)、はたしてVT-08が決め手になるのか。来週の結果を寝て待てcat

 荒サイでdogbicycle(犬自転車)見ました。北からの風に押されながら?犬が自転車(三輪)を引っ張ってるんです。次世代自転車に貴重なヒントが。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2008年11月 8日 (土)

サイクルモード2008

 行ってきましたcat。このところ、いろいろとお付き合いいただいてるチーム東葛の仲間たちと行く予定が、今朝は予報どおりのrain模様。

 ここで、まず気になるのが東葛人さんの出処進退(つーほど深刻な問題か?)です。いえいえ、タルサ・マクリーンさん主催のツーリングを雨天逃亡した「ヘタレ」の前科から先日の市川ポタ下見rainでみごとに名誉回復(根性あるぜgood)。ここは注目に価するところなので、ゆるさんと「いまごろ、迷ってると思うよ」などと噂をしていたら、メールが来ましたhappy02

 ていねいな挨拶とともに「東葛人、へたれます m(_ _)m」happy02。東葛人さん、二度目の雨天逃亡(その後、trainで参加と連絡あり)。いや、無理もありません、前日は午前帰宅の多忙極めるですもん。

 これでもう、今日のブログネタはOKhappy01。ところで、昼すぎからけっこう本降りになるぞーという気象庁の脅しbearing。最近は当たらないpoutとはいえ、予報レーダーなんぞを見ていると、どーもダメらしい……。

 不安に思っていると、kaccinさんから「どうします?」のmobilephone。そりゃもう、雨天自走決行に決まってます(ホントかよー、この雨coldsweats02)。とはいえ、ここでtrain頼みにしちまうと、朝イチからMTBコース乗りたいんで自走しませーん、と巧く逃げたmacchiさんからも「なーんだ、電車で来たんっスか」とか、イヤミを言われかねん。081108

 結果、雨の中を走ってkaccinさんがパンク。東葛人さんから転移されたパンク大魔王、先週に続いて二度目となりました。手伝うワタシもチューブラータイヤのパンク修理に慣れましたcatface。冷たい雨、つらかったっス。Photo  

 そのぶん、サイクルモードは楽しめたような気がします。

 写真(右)はトマジーニを試乗する東葛人さん(左から二人目・本日はデジカメじゃなかったんで、写真が小さいです)。入り口ではみくまさん夫妻・KENさんたち(ほかにひとり、名前を失念bearing)に遭遇。ご夫妻も、来年はロードバイク乗りになってるんだろうなぁ。

 SHIMANOブースの前では、ご同輩のnob06さんと会いました。自転車NPOアーバンエコロジー東京(SHIMANOがスポンサー)の23区自転車グリーンマップ(堂々の完成)の配布、お疲れ様でしたwink

 メシ食ってると、宮崎君にも会いました。少し痩せたのかな、自転車の効能なのか結婚生活の労苦なのかは、知れず……。Photo_2  

 → 東葛人さんお気に入り、ストラーダのコンパニオンさん。どの角度からカメラを向けても、ちゃーんと納まってくれるけなげなプロ根性。笑顔が素敵でしたhappy02

 ワタシ的に気になったのは、ライトサイクルのブースで実演販売していたVT-08(チェーンオイルです)。どんなオイルでも、金属の接合部に圧力をかければ磨耗が始まるのに、このオイルの皮膜は磨耗をさせないんだとか。実演では、怖いほど摩擦が出ませんでした。そのうちに入手して、使用感をご報告しましょう。

 でもね、いろいろ乗ってみましたが、自分の自転車がいちばん乗りやすい。という具合に、最後はkaccinさんと確認しあいました。ではまた!

■急告■ 11月23日~24日、kaccinさん主催で上州方面に一泊ツーリングの計画すすむ。後日、詳細を発表します。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2008年11月 5日 (水)

サイクルモード&東葛ポタ&六ヶ所村イベントのお知らせ

 大阪のサイクルモード、盛況だったそうです。その様子は、あさひ自転車のレポートをどうぞ。東京は今週末(7日金曜日~)、ショップに招待券がダブついてるはずですから、節約したい人は行きつけのショップに入り浸りましょう(苦笑)。

 11月16日は第4回東葛ポタ(市川歴史探訪もしくは激坂めぐりwobbly)。

 月末の日曜日(11月30日)、六ヶ所村のイベントです。ワタシのねらいhappy02は女優でサイクリスト吉本多香美さんのトークショー。rainでなければ自転車で参加の予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 2日 (日)

お見舞い+もんじゃ+ナイトラン&次世代自転車ミーティング

 明日、連休最終日ですが、もう二日間でお腹いっぱいです。

Dscn2857  土曜日はタルサ・マクリーンさんのお見舞い、もんじゃポタ(苦笑)。食事制限でストレスのたまっているであろうタルさんを見舞いがてら、月島のもんじゃを楽しもうというプランです(写真は日比谷公園の紅葉)。

 ところが、タルさんは若いナースに囲まれた入院生活にご満悦。見ると、壁に飾られた職員紹介(写真付き)には、たしかに若い美女ナースばかりhappy02。いわく「ここ、天国だよheart04」なんだそうです。ま、お大事に。Dscn2859  

 色気のほうはタルさんにまかしといて、われわれは月島もんじゃ。右はよどさん(広島出身・名古屋育ち)の見事な土手づくり。

Dscn2862  左は郊外ながら生粋江戸っ子のkaccinさん作。うんちくたっぷりに、仕上げはちょいと鉄板からはみ出しましたとさ。最初、ワタシたちは各自が注文したものを焼くのか、それとも全部一緒くたにして焼くのか、悩んでたんでした。そうではなくて、一品ずつ注文したものを焼くんでした。おおいに食って、それなりに飲んで2000円ほど。いいね、もんじゃって。Dscn2863  

 帰り、時間も早かったんで酔いを醒ましてからナイトランにしました。写真は荒サイ。macchiさんのサーチライト効果もあって、かなりの速度で走り抜けました。いいですね、癖になりそうなナイトライド。思えば、この夏は夜走るたびに蚊に悩まされ、いい思い出がなかったんでしたconfident

Dscn2864  この日のハイライト。チェーンを戻してるのは東葛人さんです。

 なぜこうなったかというと、カーボンのハンドルバーを導入した東葛人さん。木根川橋で立ちゴケの危機に、身を挺してカーボンハンドルの被害をカバー。なんと、ダイブしてガードレールをつかみ、自転車を下半身でキープしたのです。ゆるさんが支えて事なきを得ました。すごい運動神経だと思いましたねー。

Dscn2865  立ちゴケといえば、この方をはずすわけにはいきますまい。立ちゴケしそうもない自転車でポジションを確認してるのは、たすけさん(なぜか、チーム東葛の面々から立ちゴケを待望されてるhappy02)です。今日(日曜日)はx24さん主催のTASUKEⅠプロジェクトでした。Yyyyzxs

 x24さんのオリジナル自転車レモン(右写真)をベースに、次世代自転車を開発するプロジェクト。具体的には基本フレームをリカンベント、タンデムに可変できる多様性、乗り手の身長・体重・ケイデンスからフレームサイズおよびオプションパーツが選べるシステム構築。さらには自転車社会を展望したスーパーカー(ママチャリに代わる実用性)を狙ったもので、データはすべて公開しようというものです。

Dscn2870  したがって、試作段階の自転車は壊すのが前提、今回も体重の重たい人の試乗でステンレスフレームがグニャ、でした。kaccinさんによると、チューブの強度はどうにでもなるとのこと。いずれ、たすけさんが次世代自転車開発サイトを立ち上げる予定なので、興味を持たれた方はお楽しみに。Dscn2873_2  

 momoさんのデコリカンベントに乗ってご満悦のゆるさん。意外にもリカンベントに慣れるのが早かったのがたすけさんhappy02。東葛人さんは、い・け・ま・せ・んbearing でした。

Dscn2875  わかったのは、ロードバイクやふつうの自転車とは使う筋肉が違うということ。とくに背中をつけて腕の力を抜く。登りでは引き付けも必要ですが、基本は脚の力(突き上げるような)。風力抵抗の軽さは驚異的な感じがしました。Xzxzsad65  

 こちら→ は、前輪駆動の自転車。二輪駆動の自転車も開発されている話を聞いたことがありますけど、じっさいに前輪駆動を目の当たりにすると、自転車は自由な乗り物なんだなぁ、という実感が。固定観念を捨てて、ワタシもイメージを膨らませてみようと思いました。

 日曜日の帰りは大町亭の濃い味天丼happy02。ではまたcat

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »