« 下総歴史ポタリング@下見 | トップページ | A級ぐるめ&松戸―手賀沼ルート »

2008年10月13日 (月)

本八幡グリル・シュクル

 日曜日は江戸サイ河口(放水路)から新浦安に出て、それなりに有名なとんかつ屋のひらのやに行ってきました。が、期待はずれでしたのでエントリーなし。三元豚のはずが宮崎いも豚なのはいいとしても、揚げ方に香ばしさ(カリッ)がないのはいただけません。あと、五穀米がやわらか過ぎ。米には弾力がなくちゃ。

Dscn2689  で、今日は本八幡のグリル・シュクルに行ってきました。味と値段から考えて、安くて美味いのB級グルメが適当なんでしょうけど、ワタシのカテゴリーにB級はありません。ちょー安くて、まぁまぁ食えるのC級、それ以外(チョー安くない)はA級なんです。Dscn2684  

 オーナーシェフが日比谷の松本楼に26年いたということなんで、安いけどまぁA級でもいいかと。で、どのくらい安いかというと、右の写真です。サラダ210円、海老のマリネ315円(端数は消費税なり)。ただし、ソースが同じマヨネーズベースなんで二つも頼む必要ななかったかと……

Dscn2687  メインディッシュ(合鴨のソテー)、ゆるさん撮影です。って、イモしか写ってないやんけーDscn2688  

 海老とホタテフライ→ ワタシ撮影です。合鴨のほうは香ばしくカリカリの表面、歯ごたえのある食感、うまかったですね。フライのほうはもう、海老2本のボリュームということで。それぞれ900円以内で、スープとライス(フォッカッチョ)付き。店構えというか、内部はしっかりC級グルメかなぁー、とくにトイレとかね。ウリものはボリュームのハンバーグステーキ、ビーフシチュー、その両方を盛り合わせたのとか、たくさん食べたい人はどぞ!

Dscn2690  おかげさまで、ワタシはまぁまぁ充実の連休でした。みなさんはいかがでしたか? 

 ←ゆるさん、小さな青虫を見ていたそうです。 ではまた

|

« 下総歴史ポタリング@下見 | トップページ | A級ぐるめ&松戸―手賀沼ルート »

A級グルメポタ」カテゴリの記事

コメント

>江戸サイ河口(放水路)から新浦安
この地域は江戸前の食材が豊富な所、三番瀬で採れるアサリとハマグリそして海苔・めかぶは絶品です。アサリの生態はまだ不明の部分が多いようです。蛤は養殖の研究が進んでいるようだがアサリは外国産がほとんどで安く手に入るので養殖などは積極的に行われていない、だが庶民的な食べ物であるが三番瀬で採れるアサリのものは輸入品などと違い、春に採れる旬のものを一度食べるとやみつきになります。
最近アサリに嵌り、水槽に海水を入れ育成する基礎実験を最近はじめました。人工飼育は可能のようです、機会を見てアサリをお土産にお持ちします。グルメのカテゴリーには食材についても書いてくださることをお願いします。

投稿: x24 | 2008年10月13日 (月) 20時30分

「ひらのや」さんでは残念な結果でしたね.
とんかつと言えば
金町に「喝」http://katsu.ne.jp/ と言うグルメブロガーさん達が絶賛するお店が在ります.
この方 http://majin.myhome.cx/pot-au-feu/pot-au-feu.html
この方 http://blog.livedoor.jp/tenpo777/ のブログで確認出来ます.
わたしは未訪なのでコメント出来る立場に有りません.(笑)

江戸川を流した後 帝釈天あたりから柴又街道で如何ですか.

何人かでいくつかのメニューをシェアするのが良いかもしれませんね.
その時は末席にでも呼んでいただければ嬉しいなと.(笑)

投稿: だいじゅ | 2008年10月13日 (月) 20時37分

x24さん コメントありがとうございます♪

 アサリの人工飼育、できるとは知りませんでした。以前、ウチはタニシが熱帯魚の水槽で異常繁殖したことがありました。貝類の生命力(繁殖力)は強いのでしょうか。
 三番瀬、こんど行ってみます。飲食店の食材の話、飲み屋では気軽に出来るのですが、ランチタイムの緊張感の中では、なかなか。でも、心がけてみます。


だいじゅさん コメントありがとうございます♪

 金町の「喝」さん、一度行ったことがあります。印象に残っていますが、店長さんがワタシと同い年とは意外でした。また行ってみます。
 その上でランチポタを企画しますんで、その時はよろぴく。決まったら貴ブログに書き込みます。
 

投稿: 横山 | 2008年10月14日 (火) 01時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本八幡グリル・シュクル:

« 下総歴史ポタリング@下見 | トップページ | A級ぐるめ&松戸―手賀沼ルート »