« 橋めぐりポタのお知らせ | トップページ | 下総歴史ポタリング@下見 »

2008年10月 8日 (水)

輪行袋@インプレ

Dscn2617  予告では「サイクルバッグ」のインプレだったんスが、わけあって輪行袋を新調しましたんで、ここはひとつそのご紹介を。

 モンベルです。オーストリッチのL100とほぼ同じ大きさと重量、さすがにモンベルはサイクリストにやさしいことをしてくれるなーと思いますが、7000円と高いです。ただのビニール袋が何千円もすんのか、というサイクリストたちの批判も昔からあるわけで、ワタシもそう思います。タイオガのコクーンが3000円台と安いのを考えると、その思いはますます……。まぁ、自転車のアイテムはロットが小さいので、高くなるのは仕方のないことなのかもしれませんけど。

 冒頭の「わけあって」ですが、このところ、都内に出かけて飲んでは輪行帰宅ということが少なくなくなってきましたので、前輪だけはずす簡単輪行が焦眉の課題となってたんです。前は乾杯だけして乗って帰るだったんだけど、けっこう大人の付き合いもあるしね。

 現有のオーストリッチL100の場合は、どんなに短縮しても所要時間が15分ていどかかります。

 その内訳は、ペダルはずし(2分)+ブレーキ解除(30秒×2)+自転車ひっくり返し(ハンドルの養生を入れて1分)+ホイールはずし(1分×2)+エンド金具(組み立てと装着で3分)+ホイールのバインディング(3分×2)+ベルト付け(1分)+ハンドルの固定(1分)+袋入れ(2分)。ありゃ、19分もかかっとるー。そう、もたもたしてるとこんぐらいかかります。Dscn2620あと、めちゃくちゃ手が汚れる(ノω・、)。  

 その点、コクーンさんはおおむね10分ぐらいで重宝してました。が、あれはゆるさん用になってます。それに少し大きい(600g超え)。モンベルの「コンパクトリンコウバッグクイックキャリー」どうでしょうか。

 まず、ベルト類はL100というかオーストリッチのパクリです。コクーンのベルクロ式(バインディングベルト)にくらべるとダメです。あと、ていねいにも説明書とか入ってます。オーストリッチなんか、お前さん輪行するぐらいならわかってんだろ? な感じですもんね。

Dscn2621  バインディングベルトがダメ。なので、こいつらの登場です(本来は裾止め用のベルクロ)。100円で2本入り、ダイソーです。

 標準装備のバインディングベルトで輪行した場合、L100が典型的でなんですが袋の中に3つの物体があるわけで、それらが緩んで互いに擦れ合い、もたれあいながら重みを増してきますよね。自転車って分解するとなんで重くなるの? ←これ不安定な物体の重量の中心を持ってないから、なんですね。袋の中の分解された自転車のご機嫌をとりながら、袋を覗いて締めなおしてみたり……

 その点、ゴムで伸びるベルクロの場合はしっかりと固定したまま、なおかつ前輪はずしだけなら、メデタクもほぼ自転車の原型を抱えてるのと同じ軽さ、となるわけです。Dscn2622   

 はい→ ここまで3分程度です。段取りとか考えないで済むぶんだけ、テキパキとできるもんなんですね。ええっと……つぎは、とかの迷いがないですもん。

 ところが……。どっから入れるん?? これ。ジッパーとかないですよ。

Dscn2623  おまえ、説明書読んどらんな? へへーっ……。

 すこし迷いましたが、入りました。つーか、かぶせました。わかりますか? 袋の下のほうにタイヤが見えてますよね。下、なーんも穿いとらんのです。いたずらな男の子にめくられたら「キャーっ(。>0<。)」ですな。

 所要時間=前輪ブレーキ解除・ホイールはずし(1分)+ハンドル固定・ホイール固定(4箇所2分)+袋のかぶせ方に迷い(1分)+かぶせ(1分)+ベルトがけ(1分※ホントはかぶせの前なんですが、これはあとからでも出来ます)、都合6分でしたDscn2628  

 あとで説明書を見たら、袋の裾のほうにポッケがあって、そこにあるアジャスター(紐)で締めるらしいです。これなら捲られることもないってわけで、安心しました。

Dscn2626  L100との大きさ比較。生地は薄いですよ、L100の三分の二ていどじゃないですかね。そのぶん生地の面が広いという計算ですな。Dscn2625  

 で、L100で使ってたこいつら→ が余りました。ま、時間をかけて袋入れするのも好き(まるで駅前の見世物)なんで、ときどき気分転換にはこいつらも。

↓にゃおッとな

にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ 人気blogランキングへ

|

« 橋めぐりポタのお知らせ | トップページ | 下総歴史ポタリング@下見 »

自転車のアイテム」カテゴリの記事

コメント

結局、モンベルいっちゃいましたね。 これ、made in Vietnamなんで、ベトナムに行くたびに横流し品無いかと目を光らしていますが、見つかるのはモンベルのポーチぐらいです。 目指しましょう、名目だけの袋をかぶせなくて良い世界を!

投稿: kaccin | 2008年10月 8日 (水) 22時16分

kaccinさん コメントども♪

 おっしゃるとおり、ベトナム製です。名目だけの袋、これが究極の見せかけです(≧∇≦)よね。底がタイヤなんですもん。目指しましょう! 自転車の公共交通システムへの市民権を。

投稿: 横山 | 2008年10月 8日 (水) 23時00分

おぉ~。
丁度輪行袋を買おうかなあと考えていたので、
非常に参考になりました。

僕は不器用で面倒くさがりなので、
前輪だけ外して運べるようなのを探していたんですよね。

読んでてこの輪行の袋が欲しくなりました。

投稿: そあん | 2008年10月 9日 (木) 11時57分

そあんさん コメントありがとうございます

 お役に立てて光栄です。輪行ができると、行動半径が飛躍的に広がります。飲みながら帰宅ですもんね。

投稿: 横山 | 2008年10月 9日 (木) 16時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 輪行袋@インプレ:

« 橋めぐりポタのお知らせ | トップページ | 下総歴史ポタリング@下見 »