« 広がる自転車人脈♪ | トップページ | ショートリーチハンドルバー@TNI ERGONOMIC-SHALLOW-ウルトラライト »

2008年10月21日 (火)

本八幡の大黒家(永井荷風のカツ丼)

 表題のものを食べに行きました。Dscn2752 謂われは右の写真のとおり、後半生を市川に在住した永井荷風が愛したカツ丼です。

 市川市民が誇る(?)少なくとも熟年の方なら誰でも知ってる名店、大黒家です。店内には生簀(いけす)もありますし、ウナギと天ぷらが自慢。

Dscn2754  それがなぜC級グルメなのかと申しますと、ミニカツ丼(420円)+しじみの味噌汁(お新香付きで105円)=525円なのです。ミニとはいえ、今日みたいに乾燥したsunbicycleなので、sweat02(←水分)過補給の日はじゅうぶんな量といえましょう。したがって、チョー安いsign03 味は……ワタシ、これより美味いカツ丼つくる自信あります(もっとカリッと感を残し、玉子は半熟気味にとろっとした感じ)。というわけでC級なのでしたbearing

 とはいえ、昭和を代表する耽美派作家の永井荷風が愛した味なのです。その歴史感と申しますか、昭和を味わうという意味で納得しなければならないでしょう。と、ここまで気合が入ってるのは、東葛人さんと企画している「市川の歴史と森ポタ」(仮称)のランチタイムにここを考えているからなんです。Dscn2753  

 松戸もそうなんですが、市川も店は多いが決め手に欠けると申しますか、いまいちの店ばかりなんです。しかも「東葛ポタ第四弾」ということになれば、グルメというか単なる食いしん坊というか、参加者の胃袋を満足させるのは並大抵のことじゃありませんthink

 候補は浅草ヨシカミの支店、中華食い放題(リューズキッチン)、ステーキのあさくま(バイキング)、さらには新規開拓の町の洋食屋さん(残念ながら日曜日休み)といくつかありました。あさくまはおススメ度高いんですけど、柏方面にも展開してる関係で、市川の名店とは言いがたい。ヨシカミは浅草(ハレの気分)で食ってなんぼの店、最近は不入りを挽回するために1600円ランチを1000円で! と、必死なんですがしょせん1000円なりの内容では「美味しすぎてすいません」とはいきませんangry

 けっきょく、胃袋が自転車に乗ってるような食い意地の張ったやつら参加者を満足させる店は、ほぼないだろう。とゆー結論に。そこで、歴史ポタである以上、文句を言わせないpunch方法はといえば、これだーhappy02Dscn2756  

 どうです、たとえ美味しくなくても歴史を感じなさい。昭和の味覚と雰囲気を味わいたまえ、なんですcat。メニューいろいろあるんで、勘弁してね。

 ついでに、後半の見せ場になる大町公園に行ってきました。が、途中で道がわからなくなり、口惜しいことに東葛人さんの竹林ルートを見失いましたっbearing

Dscn2760  観光バスがいっぱい来てるのは、小学校の遠足でした。Dscn2762  

 園内はこーんな感じで、鬱蒼たる谷津がつづきます。どうです、この大自然の中を思わせる景観というか、野趣な風景は。でもこれ、手が入った公園なんですよ。

Dscn2763 Dscn2764 Dscn2765

 なぜかBGMが聴こえたり、クルマの騒音が耳についたりする箇所もあるにはありますが、鳥の鳴き声に耳をすませていると、一日でも居たくなる空間です。Dscn2766  

 園内の植物観察園(温室)→ 神代植物公園(三鷹市)の温室は蝶が飛んでたりして、うわっ中は常春だなーhappy01ですが、大町のは「夏だなーcoldsweats01」感が高いみたいです。ここ、寒い時期に来たら温度差で参っちまいそうだな。細長い公園だと思い込んでたら、出口が3つもあるんで迷いました。迷子時間もふくめて、ほぼ歩きづくめで45分ほど。ウォーキングは自転車で使わない筋肉だし、けっこう大変でした。

Dscn2769  いちめんの梨農園をくぐるように走って、松飛台方面へ鬱蒼たる森の中。ポタの日取りは11月16日もしくは23日が今のところの候補です。みなさん、市川の歴史を訪ね、森の中をいっしょに走りましょう。

|

« 広がる自転車人脈♪ | トップページ | ショートリーチハンドルバー@TNI ERGONOMIC-SHALLOW-ウルトラライト »

C級グルメポタ」カテゴリの記事

コメント

食に対するこだわりが素晴らしいです。
私なら永井荷風と権威で「美味しいー」と思ってしまうかも。
権威とかに弱いもんで・・・^^;
なかなか「安い上に美味しすぎてすみません」
なお店は難しいですよね。

投稿: くろばい | 2008年10月21日 (火) 22時55分

くろばいさん コメントありがとうございます♪

 >食に対するこだわり

 いいえ、ものすごーく狭いレパートリーの中でこだわってるというか、外食へのお損感を持ちながら「これなら自分で作れるぞーpout」となってるんです。くろばいさんもご都合がよろしければ、11月の市川ポタいらしてくださいcatね。

投稿: 横山 | 2008年10月21日 (火) 23時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176227/42860703

この記事へのトラックバック一覧です: 本八幡の大黒家(永井荷風のカツ丼):

« 広がる自転車人脈♪ | トップページ | ショートリーチハンドルバー@TNI ERGONOMIC-SHALLOW-ウルトラライト »