« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月30日 (木)

関さんの森@強制収用に着手か?

 最近テレビで取り上げられることの多い関さんの森に、初めて行ってきました。Dscn2840

 って、初めて?? おまい、ほとんど地元民だろーがimpactpunch

 はいぃーhappy02。けっこう地元なのに、なかなかその場所がわからずに、ようやくたどり着いたというべきか……。ワタシ地図を持って出る習慣ないですし、目的地に行き着けなくても、まぁいいかぁdespairな性格なもんで。じつは昨日のスーパーモーニングで強制収用の話をきいて、行ってみたんですが、たどりついたのはもう夕暮れ。

Dscn2836  こーいうトホホな手ブレ写真しか撮れなかったもんスから、本日はちゃんとしたのを。って、ダメだなー……ワタシの写真。Dscn2846 これでも旅行ライター時代と雑誌の編集長のころはカメラマンとしても糊口をしのいでたんすけどね。つーか、写真でメシを食うのはカメラマンの腕ではなくて、ほとんどが偶然の機会。あと、機材を運べるかどうかぐらいなもんです。

 で、うるさがたのスパモニに取り上げられるほど問題になってるのは、この森の一部が道路のためにつぶされるという話なんです。

Dscn2843  ←つぶそうとしてるのは、こいつです。

 で、一部がつぶされようとしてる(日本語ヘンだぞー)のは、この見事な森↑↓なんです。子供たちの自然教育に貢献しているということでした。Dscn2847  

 なんでも、当初は「あの自然は残さにゃいかん」だった松戸市の川井敏久市長ですが、関さん(姉妹)が迂回道路案をいったん拒否して、自分たちの案↓(赤線が市の案・左下の地下道+迂回路が関さん案)

Dscn2845 を提出したところ。「もう話し合うつもりもないimpact」と、川井市長。いったいどうしたの? これ、関さんがついでにと千葉県(市が決定し、県は認可するだけ)にも独自案を提出しちゃったからなんです。川井さんangry。おれの頭ごなしに何だannoy! ってわけです。

 メンツをつぶされた市長は「道路計画の見直し」を反古に。強制収用に向けた測量がはじまり、森をまもる人たちと市の職員がにらみ合うという騒ぎになりましたとさ。男のメンツをつぶすといかに怖いか、いや、嫉妬という漢字は男ヘンの漢字だよと誰かが言いましたけど、これ本当ですね。市長も大人げない、いいえ、女々しい(女々=男らしいと読んでください)。

Dscn2839  ←小金清志町を通る道からは、この木が目じるし(森はこの右手奥)。

 工事中の道路が通ると、関さん宅門の内外の緑(梅林)や蔵が消滅し、森への緩衝地帯がうしなわれます。詳しくはこちらのサイトを、道路直進反対(道路反対ではありません)署名はこちらから。関さんの森の写真は大北寛さんのweb写真展をどうぞ(注・音楽が流れます)。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年10月26日 (日)

連続都内自転車三昧(10.25~10.26)

 土曜日はbicycle commuterさん主催の大江戸橋三昧に行ってきました。初対面の人も多いうえに人見知りする内気なワタシは、帰国したばかりのkaccinさんを強引に誘っての参加、kaccinさんお付き合いいただきありがとうございました。

 この日はデジカメをゆるさんがご使用につき写真もありませんし、コースもほとんど覚えてませんbearing。ただ、墨堤通りから堀切橋へのアプローチだけは勝手知ったる他人の道(ショップがありますから)。猫cat道ルートでみなさん無事に渡河していただきました。荒サイ左岸が初めての方たち、染み出し(晴れていったんロードが乾いても、地下水脈と土手に含まれた雨の水分が染み出す荒サイ特有の現象)に驚いていたようです。

 いっぽう、ワタシが初めて走ったのが旧中川。かつて鉄柵で護岸をした無骨な岸辺を、最近はやわらかい水辺へとソフトランディングしている様子がよくわかりました。kaccinさんによると、打ち込んだ鉄柵はもう抜けないのだとか。夕闇がせまるころに木場からベイエリアへ。晴海大橋、すごかったです。お台場から佃島方面、品川方面のビル群まで360°の眺望。あれっ、マンハッタン? ニューヨークに来ちゃいましたhappy02ですね。

 最後は浅草で自転車談義の飲み会。輪行帰宅でしたッbleah

 今日(10月26日)はアーバンエコロジー東京主催の留学生自転車安全教室の助っ人で、神宮外苑へ。Dscn2811日本語がまだまだの若者ばかりだったんで、手振り身振りでの講習、なかなか楽しかったッす。

 ただ、今日は朝からのrainが強くて、外苑に着くころにはズブ濡れ。気象庁、「週末は秋晴れ」の責任とらんかーいpunch

Dscn2817  午後はパレスサイクリング(皇居前広場で激走)をへて、皇居周辺をたどって外苑にもどる。へぇー、ここも走れるんだhappy01なルートも教えていただき、ボランティアとはいえ得した気分でした。Dscn2821_2  

 教室が終わったあと、青山墓地で環境省の取材をうけました。アーバンエコロジー東京が積み重ねている「東京自転車グリーンマップ」の調査活動を取材する、というもの。すでに都心部の完成版はありますが、現在は23区版で、それも下町は後回し(苦笑)の作業がはじまっています。地図中、黄緑色の線が引かれてるのが自転車走行快適ルートです。

Dscn2824_2  二日連続の都心ナイトライド、少しばかり疲れましたcatface。某巨大病院に入院した自転車仲間を見舞って帰路に。来月16日までには無事に退院だぞ、タルさん! 

■おしらせ■第4回東葛ポタ(東葛人さん主催・横山サポート 市川歴史ポタ)

11月16日(日)10時葛飾橋集合→手児奈霊堂(真間山)→国分寺→中山法華経寺(11時半)→大黒家(永井荷風が愛したカツ丼・ほかのメニューもあります)→大町公園散策(市川の尾瀬happy02)→東葛人の市川手賀沼極秘ルート(4時すぎに解散)。

※市川案内人の会のガイド付き(予定)。このポタ、別名「市川激坂sweat01めぐり」ですhappy02

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月23日 (木)

ショートリーチハンドルバー@TNI ERGONOMIC-SHALLOW-ウルトラライト

 長ぇータイトルになっちまいましたが、ドロップハンドルの交換です。最近の完成車もアナトミックからショートリーチ、もしくはコンパクトハンドルという流れになってるようで。これは単純にアナトミックの下ハンドルがsweat01sweat01sweat01sweat01impactからなんです。

 ワタシのCCTも納車時にショップの小僧(ショップチェーンの社長の息子)が「下、握れないんですけどgawk」 「握れない? ま、何とかなるんじゃね(握れないって、おまいさんbearing)」(ワタシ)だったんですけど、いま07年の各メーカーのパンフレットを眺めてみると、アナトミックばかりなんですね、これが。

 ブレーキレバーに指が届くように、ショートリーチが標準装備されはじめたのが今年の上位機種から。で、09年はもう小さなハンドルばっかですhappy02。当然ですよ、これ。フルアルミ車がとてもじゃないが痛くて乗れませんannoyのと同じく、ユーザーからの苦情?がメーカーを動かしたに違いありません。あの形状はシマノのレバーとの相性が悪すぎるんです。下握れませんsweat01ブレーキかけれませんsweat01 ではドロップハンドルのメリット、かぎりなくゼロっすから。そこでワタシも換えてみました。Dscn2743  

 オペ中です。とゆうか、移植に失敗して中断中でしたwobbly。このまま(アウターがハンドルの上から出とる)じゃ、ランドナーになっちまいます。教訓→beer飲んだらbicycle触るな(飲むと触りたくなるんですけど)。

Dscn2748  はい、このまま朝(ポジション出し)を待ちます。車体が大きいので、ちょっとアンバランスかなという気もしますが、来年モデル(パンフレット)を眺めてると、そうでもない。これが流れっスよね、と納得。Dscn2775  

 ラクに指がとどくようになりました。これまで下ハンは登りのときだけ、それも長い登りになると肺を圧迫して息が苦しくなるので、ヒルクライムでもそれほど役に立たん。いっそブルホーンバーにしちまうかい? いえいえ、かたちがツーリングバイクですからweepそれだけは。な状態だったんですが、解決しました。これで下りでも下ハン使えますgood

 試乗に越谷レイクタウンに行ってきました。モンベルショップを探して迷子catface(階を間違えてたみたい)。驚いたのは、ジャスコにスポーツ自転車の店が隣接してたこと。ワイズロードよりも大きいんですよ、これが。船橋のららぽーともセオが2店舗あるし、隣接したモールにワイズがあるんだから、レイクタウンに自転車屋が2店あっても不思議じゃないんですけどね。

 扱ってるのはBSはないものの、ホダカ、ミヤタ、パナソニック、メリダと国内メーカーがメインのようですが、イズミのジャージにシマノのシューズ、OGKメットと本格的な品ぞろえ。イオンはレーシングチームのスポンサーだし、アルミのママチャリ(13kg)を開発するなど自転車に入れ込んでるのは知ってたけど、ビックリしました。

 で、その戦略もわかりましたhappy02。自転車を買おうとワイズを覗いたオジサンが「キャノンドールかピナロロか知らんが、自転車が30万? 40万? どーかしとるangry」な状態になって、ジャスコで買い物でもしようとした、まさにその時。ジャーンと10万円前後のロードバイクがあらわれる仕組みなんですね、きっと。105装備で11万円とか、ティアグラフルコンポで10万円とか、それなりにワザをくりだしては、自転車ブームの広い層をつかむ? このショップの行方に注目ですね。

 それにしても人が多かったなー。ここだけカレンダーが祝日になってます、みたいな。若い女性(女子大生?)グループや「年寄りのものはないねぇ」と愚痴ってる年輩の方々はともかく、家族連れが多いのってsign02 たまたま父ちゃんが有休取れたとか代休でお出かけとか? うち失業してるけど、まぁ気楽に職を探すよ。なわけないしね。

Dscn2776  迷子になってるうちに、時代屋を発見。で、写真の升を買いましたとさ。時代屋が越谷にあるんなら、もう神保町まで出向かなくても済むね。って距離は同じぐらいなんだけどhappy02。もう売り場は謙信・景勝・兼続(天地人)のオンパレードでした。

 土曜日、午後一時浅草集合の橋めぐりイベント。ではまたcat

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年10月21日 (火)

本八幡の大黒家(永井荷風のカツ丼)

 表題のものを食べに行きました。Dscn2752 謂われは右の写真のとおり、後半生を市川に在住した永井荷風が愛したカツ丼です。

 市川市民が誇る(?)少なくとも熟年の方なら誰でも知ってる名店、大黒家です。店内には生簀(いけす)もありますし、ウナギと天ぷらが自慢。

Dscn2754  それがなぜC級グルメなのかと申しますと、ミニカツ丼(420円)+しじみの味噌汁(お新香付きで105円)=525円なのです。ミニとはいえ、今日みたいに乾燥したsunbicycleなので、sweat02(←水分)過補給の日はじゅうぶんな量といえましょう。したがって、チョー安いsign03 味は……ワタシ、これより美味いカツ丼つくる自信あります(もっとカリッと感を残し、玉子は半熟気味にとろっとした感じ)。というわけでC級なのでしたbearing

 とはいえ、昭和を代表する耽美派作家の永井荷風が愛した味なのです。その歴史感と申しますか、昭和を味わうという意味で納得しなければならないでしょう。と、ここまで気合が入ってるのは、東葛人さんと企画している「市川の歴史と森ポタ」(仮称)のランチタイムにここを考えているからなんです。Dscn2753  

 松戸もそうなんですが、市川も店は多いが決め手に欠けると申しますか、いまいちの店ばかりなんです。しかも「東葛ポタ第四弾」ということになれば、グルメというか単なる食いしん坊というか、参加者の胃袋を満足させるのは並大抵のことじゃありませんthink

 候補は浅草ヨシカミの支店、中華食い放題(リューズキッチン)、ステーキのあさくま(バイキング)、さらには新規開拓の町の洋食屋さん(残念ながら日曜日休み)といくつかありました。あさくまはおススメ度高いんですけど、柏方面にも展開してる関係で、市川の名店とは言いがたい。ヨシカミは浅草(ハレの気分)で食ってなんぼの店、最近は不入りを挽回するために1600円ランチを1000円で! と、必死なんですがしょせん1000円なりの内容では「美味しすぎてすいません」とはいきませんangry

 けっきょく、胃袋が自転車に乗ってるような食い意地の張ったやつら参加者を満足させる店は、ほぼないだろう。とゆー結論に。そこで、歴史ポタである以上、文句を言わせないpunch方法はといえば、これだーhappy02Dscn2756  

 どうです、たとえ美味しくなくても歴史を感じなさい。昭和の味覚と雰囲気を味わいたまえ、なんですcat。メニューいろいろあるんで、勘弁してね。

 ついでに、後半の見せ場になる大町公園に行ってきました。が、途中で道がわからなくなり、口惜しいことに東葛人さんの竹林ルートを見失いましたっbearing

Dscn2760  観光バスがいっぱい来てるのは、小学校の遠足でした。Dscn2762  

 園内はこーんな感じで、鬱蒼たる谷津がつづきます。どうです、この大自然の中を思わせる景観というか、野趣な風景は。でもこれ、手が入った公園なんですよ。

Dscn2763 Dscn2764 Dscn2765

 なぜかBGMが聴こえたり、クルマの騒音が耳についたりする箇所もあるにはありますが、鳥の鳴き声に耳をすませていると、一日でも居たくなる空間です。Dscn2766  

 園内の植物観察園(温室)→ 神代植物公園(三鷹市)の温室は蝶が飛んでたりして、うわっ中は常春だなーhappy01ですが、大町のは「夏だなーcoldsweats01」感が高いみたいです。ここ、寒い時期に来たら温度差で参っちまいそうだな。細長い公園だと思い込んでたら、出口が3つもあるんで迷いました。迷子時間もふくめて、ほぼ歩きづくめで45分ほど。ウォーキングは自転車で使わない筋肉だし、けっこう大変でした。

Dscn2769  いちめんの梨農園をくぐるように走って、松飛台方面へ鬱蒼たる森の中。ポタの日取りは11月16日もしくは23日が今のところの候補です。みなさん、市川の歴史を訪ね、森の中をいっしょに走りましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月19日 (日)

広がる自転車人脈♪

 今日は午前中にはずせない用件があたので、x24さんのプロジェクトの試走会(荒サイ)には残念ながら参加できず。それでも北千住のショップに用事があったので、午後からbicycle。堀切駅の前で、nob06さんと遭遇。先輩Hさんの仲間(うっはぁー!! きれいなロードバイクばっかだぜぃhappy02)とサイクリングとのこと。

 で、用事をすませて荒サイを河口(葛西臨海公園方面へ清洲橋、を渡らずに直進)まで下ってみたところ、なんとnob06さんご一行が休憩中happy02Dscn2731

 x24さん(次世代自転車開発方面)とは会えなかったものの、旧世代自転車の芸術美方面と交流できて楽しかったですね。クロモリデローザ、トマシーニ、ええもん見せていただきました。

Dscn2736  それにしてもnob06さん、ワタシの自転車生活の幅を広げてくれてありがとう。同い年っての、気分がカチっとハマるもんですね♪ 来週の土曜日、大江戸橋三昧でお会いしましょう。

 木根川橋でご一行とわかれて江戸サイに登ったら、momoさんご夫婦がhappy02Dscn2739 x24さんのレモンリカンベントの試走、重たい人を乗せたせいかチタンフレームがグニャリbearingだったそうです。

 うーん……。まぁ、開発は試行錯誤の連続なのでしょう。マビックアクシウム、ビュンビュン回ってますhappy02。ではまたっcat

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年10月17日 (金)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プチ新車気分♪

Dscn2713  ホイールを換えました。安くてよく回ると評判のマビックのアクシウム、ついでにタイヤとリアメカも換えて、ちょっと新車気分lovely

 ホイールはツーリング洞爺湖の途中まで、よく効くけれどもリム攻撃性の高いDeoreシューを使ってたせいか、リムが湾曲して減ってるという指摘で交換を考えてました。17000km以上走ってるし、時速40㌔を超えると少しブレ気味だったんで、走りこんで良くなってきたSORAハブのコンディションを惜しみつつbearing、でした。結果、かなり軽量化もできました。

 計算外だったのが、28cチューブのロングバルブがそんじょそこいらにはないこと。ショップで買い忘れてたんで松戸じゅう走り回ってみましたが、競輪選手御用達工房にも、実業団登録チームショップにも、どーこにもありませんでしたッ! ま、28㍉はツーリングバイクかクロスバイクのチューブですから、ロングは少ないんですね。

 久しぶりに顔を出した某ショップでのハナシ→ 「来年も洞爺湖行くんでしょ? ああいうのは毎年やらなくちゃ」(某店長) 「……sweat01 いや、その。来年は……、行くとしたらミラノツーリングだねsweat01」(ワタシ) でした。

 けっきょく、チューブは面倒見の良い例のショップにパナのジャストサイズを2本発注しました。fumiyoさんの「ご注文しましょうか?」が耳に残ってたし、ゆるさん御用達のベロのスゥエードバーテープもついでにと。いえね、こまかいパーツとか注文するの嫌がるショップも多いんですよね、なぜか。その点、あそこはていねいに対応してくれます。バーテープはベロを扱ってる代理店が不明ということでペンディングwobblyになりましたが。面白かったのは、HPから代理店に飛べるようになってるのね、あそこのは(取り扱いブランドから入れます)。

 あと、北千住のショップで、アラヤの東日本の営業責任者と行き合わせました。興味深い台湾での自転車製造の苦労話とか、新車のクロモリミニベロロードの話、こんどまたUPしますね。マビック、どうかって? ええ買い物しましたhappy02

にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ 人気blogランキングへ ←ニャオっとなcat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月15日 (水)

A級ぐるめ&松戸―手賀沼ルート

 今日はゆるさんが健康診断のため午前中でオフ、というわけで五香で待ち合わせ。「あたしのbicycleも持ってきてー♪」(ゆるさん) 「はぁ……?」(ワタシ) 「メシ食ってポタろうよ♪」(ゆるさん)。

 いちおう、ワタシも考えてはみましたよ。むかし、自転車屋さんが片手運転で修理した自転車を宅配してたような感じで……無理でしょうbearingぜーったいに。ならば輪行?? いや、駅までどうやって行くつもりだ。もしも駅まで着いたとしても……。「おい、ちょーっと待ったsign03 それ、一人で二台も乗るん??」(駅員)は必至で、そんな当然な質問には答えられんでしょう。

Dscn2693  ま、無謀なくわだては避けるにしくはなし、と。

 それにしても、五香まで裏道ルートで13㌔は、けっきょく大幅に遠回りをしたらしく、今日の第二の獲得目標である東葛人さんの松戸→手賀沼最短ルートの検証に暗雲が立ちこめました。

 ワタシが提案した駅前の安い中華料理ランチ(600円均一)は一蹴され、エスニックなお店で、上のようなカレー2種とベトナム風焼きソバ。これにマンゴープリンが付いて1000円はちょっと、ワタシ的には「なんかもう一品付かんのかーい?」な感じでした。

Dscn2697  五香十字路から東葛人さんの「1・2・3・4」で左折右折をくり返し、けっきょく間違えてもどってから、ようやく五香→手賀沼ほぼ直進ルートに入りました。住宅街を抜けると、左の写真のようなのんびりした道です。でも、抜け道なのかクルマはけっこう多いです。

 しょうなん道の駅まで、トータル27㌔……catface。ダメじゃん、このルート。これまでの実績では、①自宅から坂川沿い→豊四季→大堀川→手賀沼が23㌔ほど、②江戸サイ→おおたかの森→大堀川ルートが25㌔ほど。③常盤平からの県道51号線ルート・および(トラックに煽られ玉砕覚悟の)県道8号線=いずれも24㌔ほどdespair

 その裏をかくような新ルート、ダメでしたcatface。田園地帯を走るの楽しいけど、五香までは基本が登りだし。しやあない、自宅から五香まで輪行すっかぁー、だな。

 気を取りなおして、帰路もこのルートを使ってみることにしました。それにしても、平日はロードバイク少ないですね、さすがの手賀沼も。はて……、どっから手賀沼に入ったんでしたでしょうか……? それらしい脇道、いっぱいあるんですけどcatface。たしか手賀沼大橋が見えない場所だったから……ヒドリ橋をこえて、あれれっ、ビジターセンターまで来ちゃいましたbearing

Dscn2699  しばらくさまよったのち、やっとわかりました。ウナギの碑があるこの場所、忘れんために写真撮っとこ。

 と、よく見ると裏に説明文がありました。これは……、IKAWAさんがブログにアップしてた藤姫伝説の碑、でした。こいつヘビさんなんですね、ウナギじゃなくて。Dscn2700  

 これは「其の伍(5)」ですから、「其の壱(1)」~「其の肆(4)」があるわけですね。いずれIKAWAさんと連絡をとりながら、その藤姫伝説の全貌を明らかにしましょう。

Dscn2701  往路は「ホントにこの道なんか?」「着くのか」という不安といっしょに走ってたせいで、里山風景を楽しむのは二の次でした。が、復路はもうのんびりまったり、最高でーすgood ありがとう、東葛人さん♪ 途中、藤心のあたりで道に迷いましたが、藤心陣屋跡および「珍竹林」というトンカツ屋さんの看板に救われました。先日、いっしょに走った時に記憶に残ってたんですね。ありがとう珍竹林coldsweats01さん、こんど食べに行くからね。Dscn2704  

 ほぼ農道らしき道を、ほとんど農夫の気分で走りすぎると、東武野田線の手前でクルマの多い道になります。農夫→いきなりレーサーの気分に戸惑いながら、脇道にエスケープ(右の写真・藤心小学校の脇です)。

Dscn2705  東葛飾の自転車ブロガーたちが飽きもせず里山を走ってる気持ち、ようやくワタシにもわかりました。そうそう飽きませんね、これならhappy02。農家の軒先をくぐりながら、もういちど往来の激しい逆井のルートへ。Dscn2706  

 少々クルマが多くても、森の中を駆け抜けるような爽快感ならお釣りが来るってもんです。五香十字路まで、藤姫其の伍からちょうど10㌔でした。さて、ここから素直に6号線まで下り、最短距離で帰れば何キロになるのか? 素直なルート(クルマ激多いです)で帰りました。

 その結果……。

 なんと 五香→自宅

 10㌔弱でしたッ やったーhappy02 新ルート最短ッ!!

 自宅→手賀沼しょうなん道の駅、22㌔達成。ではまたッ。 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年10月13日 (月)

本八幡グリル・シュクル

 日曜日は江戸サイ河口(放水路)から新浦安に出て、それなりに有名なとんかつ屋のひらのやに行ってきました。が、期待はずれでしたのでエントリーなし。三元豚のはずが宮崎いも豚なのはいいとしても、揚げ方に香ばしさ(カリッ)がないのはいただけません。あと、五穀米がやわらか過ぎpunch。米には弾力がなくちゃ。

Dscn2689  で、今日は本八幡のグリル・シュクルに行ってきました。味と値段から考えて、安くて美味いのB級グルメが適当なんでしょうけど、ワタシのカテゴリーにB級はありません。ちょー安くて、まぁまぁ食えるのC級、それ以外(チョー安くない)はA級なんです。Dscn2684  

 オーナーシェフが日比谷の松本楼に26年いたということなんで、安いけどまぁA級でもいいかと。で、どのくらい安いかというと、右の写真です。サラダ210円、海老のマリネ315円(端数は消費税なり)。ただし、ソースが同じマヨネーズベースなんで二つも頼む必要ななかったかと……think

Dscn2687  メインディッシュ(合鴨のソテー)、ゆるさん撮影です。って、イモしか写ってないやんけーpoutDscn2688  

 海老とホタテフライ→ ワタシ撮影です。合鴨のほうは香ばしくカリカリの表面、歯ごたえのある食感、うまかったですね。フライのほうはもう、海老2本のボリュームということでhappy02。それぞれ900円以内で、スープとライス(フォッカッチョ)付き。店構えというか、内部はしっかりC級グルメかなぁーwobbly、とくにトイレとかね。ウリものはボリュームのハンバーグステーキ、ビーフシチュー、その両方を盛り合わせたのとか、たくさん食べたい人はどぞ!

Dscn2690  おかげさまで、ワタシはまぁまぁ充実の連休でした。みなさんはいかがでしたか? 

 ←ゆるさん、小さな青虫を見ていたそうです。 ではまたcat

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年10月11日 (土)

下総歴史ポタリング@下見

Dscn2637b  前夜からのrain、朝もまだシトシト降ってました。今日、昼からにしようかなーcat。だがしかし……、約束してる二人とも「延期?」とか「中止?」の連絡ないし。

 とくにこの方は、例のツーリングで敢えなくDNS(出走せず――それも雨を嫌ってhappy02)となってるため、やっぱり無理を押して来るでしょうね、時間通りに。来なかったら、うっひひひ……「東葛人さん、またも雨天逃亡!」「ふたたびヘタレの本性を暴露」のブログネタだしー。けっこう降ってるんで、ウィンドブレーカーからレインウェアに着替えて再出発となりました。

 で、やっぱり来ましたwink。流山から濡れながら、根性あるなぁ。ただ、ワタシの待ち合わせ場所指定が「葛飾橋」だったために、若干の混乱が……。

 3本の橋、上流から「葛飾橋」(歩道走りにくい) 「新葛飾大橋」(外環道下り) 「葛飾大橋」(最南端)でした。x24さん、わざわざ探させてしまいすみませんでしたsweat01Dscn2638b  

 江戸川CR左岸を市川へ、最初のスポットは手児奈霊堂です。明日、手児奈祭らしい、女みこしでも観に行くかなーcoldsweats01

Dscn2641b  雨宿りのために入った郭沫若記念館で、市川案内人の会の石田さんから説明をうける。何回か来てるけど、ちゃんと話を聴くのは初めてでした。市民ボランティアが活躍する市川の文化政策、進んでるなーという印象。Dscn2646b  

 朱塗りの門がどぉもなぁ、の下総国分寺。ま、なんです。国府と国分寺があった、つーことでカタチだけでも。

Dscn2648  こっちはもう、何だかわかりませんが。こんど、機会があったらお寺の方に訊いてみますね。

 このあと、雨に打たれながら東に裏道を疾走。大柏川の遊水地が休憩スポットです。Dscn2650b  

 中山法華経寺までは裏手ルート、自転車ならではのガーッと登坂した先に伽藍が見えてくるのって、いちおうの演出です。で、参道のソフトクリーム(150円)が補給食。

Dscn2651b  昼食はけっこう悩みました。市川の駅ビル横にある浅草ヨシカミの支店、ネットでも評判が悪いんでした。けっきょく、浅草ヨシカミがなぜ名店として評価されるのかは、浅草にあるという一点をもってしか説明がつかないんですね。

 だって、味も値段も同じなのに市川店はガラガラsad、ワタシも人を案内しようとは思わないですもんね。そこで、写真の店は鬼高にある中華店。580円でランチ+惣菜のビュッフェ、水餃子と杏仁豆腐が満足です。x24さんにはブログを読んでもわからないことなんか、直接聞けて嬉しかった。メガフロートの提案者だったとは驚き♪

Dscn2652b  大柏川を北上して、市川の南大野あたり。マムシ注意です。

Dscn2656b  鬱蒼たる森にかこまれた駒形神社、でワタシだけ蚊に刺されました。体温が高いんでしょうか、みんなよりも多めに虫除けスプレーを吹き付けたつもりでも、5箇所poutも。

 かゆいよー(。>0<。)で、やむなく市川の尾瀬こと大町自然公園に入るのは諦めたんでした。亜熱帯化した日本、藪の中に入れるのは11月以降ではないでしょうか。

Dscn2660b  こちらは松飛台の梨農園の中です。ゆっくり自転車を走らせるにはもってこいの森林浴といえましょう。車だと梨街道には止められないし、歩いてだとけっこう距離あるし。やっぱbicycleさいこー。

Dscn2664b  ちょいとおもしろい写真が撮れてたので→ 風をきって飛ぶ東葛人さんhappy02。オートシャッタースピードの悪戯(いたずら)です。

 このあと、信じられないほどの直線ルートで五香→逆井→?→手賀沼。おおー、なんかアッという間に着いたような気がします。手賀沼って、松戸から近いじゃん。

Dscn2666b  途中、東武野田線を渡る鉄橋。これだけで、地元の方にはわかるんでしょうけど、ワタシは来週にも復習だなー。

 手賀沼で IKAWA さんと遭遇happy02。彼は首のリハビリライドでした。今日は会えて楽しかったですっ!

Dscn2669  自宅近くのコンビニで、横浜からのツアラーと出会う。連休を利用して、筑波→霞ヶ浦をまわるとのこと。お気をつけて。

 ではまた♪

にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ 人気blogランキングへ

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2008年10月 8日 (水)

輪行袋@インプレ

Dscn2617  予告では「サイクルバッグ」のインプレだったんスが、わけあって輪行袋を新調しましたんで、ここはひとつそのご紹介を。

 モンベルです。オーストリッチのL100とほぼ同じ大きさと重量、さすがにモンベルはサイクリストにやさしいことをしてくれるなーと思いますが、7000円と高いです。ただのビニール袋が何千円もすんのか、というサイクリストたちの批判も昔からあるわけで、ワタシもそう思います。タイオガのコクーンが3000円台と安いのを考えると、その思いはますます……。まぁ、自転車のアイテムはロットが小さいので、高くなるのは仕方のないことなのかもしれませんけど。

 冒頭の「わけあって」ですが、このところ、都内に出かけてbeer飲んでは輪行帰宅ということが少なくなくなってきましたので、前輪だけはずす簡単輪行が焦眉の課題となってたんです。前はbar乾杯だけしてbicycle乗って帰るだったんだけど、けっこう大人の付き合いもあるしね。

 現有のオーストリッチL100の場合は、どんなに短縮しても所要時間が15分ていどかかります。

 その内訳は、ペダルはずし(2分)+ブレーキ解除(30秒×2)+自転車ひっくり返し(ハンドルの養生を入れて1分)+ホイールはずし(1分×2)+エンド金具(組み立てと装着で3分)+ホイールのバインディング(3分×2)+ベルト付け(1分)+ハンドルの固定(1分)+袋入れ(2分)。ありゃ、19分もかかっとるーhappy02。そう、もたもたしてるとこんぐらいかかります。Dscn2620あと、めちゃくちゃ手が汚れる(ノω・、)。  

 その点、コクーンさんはおおむね10分ぐらいで重宝してました。が、あれはゆるさん用になってます。それに少し大きい(600g超え)。モンベルの「コンパクトリンコウバッグクイックキャリー」どうでしょうか。

 まず、ベルト類はL100というかオーストリッチのパクリです。コクーンのベルクロ式(バインディングベルト)にくらべるとダメです。あと、ていねいにも説明書とか入ってます。オーストリッチなんか、お前さん輪行するぐらいならわかってんだろ? な感じですもんね。

Dscn2621  バインディングベルトがダメ。なので、こいつらの登場です(本来は裾止め用のベルクロ)。100円で2本入り、ダイソーです。

 標準装備のバインディングベルトで輪行した場合、L100が典型的でなんですが袋の中に3つの物体があるわけで、それらが緩んで互いに擦れ合い、もたれあいながら重みを増してきますよね。自転車って分解するとなんで重くなるの? ←これ不安定な物体の重量の中心を持ってないから、なんですね。袋の中の分解された自転車のご機嫌をとりながら、袋を覗いて締めなおしてみたり……bearing

 その点、ゴムで伸びるベルクロの場合はしっかりと固定したまま、なおかつ前輪はずしだけなら、メデタクもほぼ自転車の原型を抱えてるのと同じ軽さ、となるわけです。Dscn2622   

 はい→ ここまで3分程度です。段取りとか考えないで済むぶんだけ、テキパキとできるもんなんですねhappy01。ええっと……つぎは、とかの迷いがないですもん。

 ところが……。どっから入れるん?? これ。ジッパーとかないですよ。

Dscn2623  おまえ、説明書読んどらんな? へへーっ……。

 すこし迷いましたが、入りました。つーか、かぶせました。わかりますか? 袋の下のほうにタイヤが見えてますよね。下、なーんも穿いとらんのです。いたずらな男の子にめくられたら「キャーっ(。>0<。)」ですな。

 所要時間=前輪ブレーキ解除・ホイールはずし(1分)+ハンドル固定・ホイール固定(4箇所2分)+袋のかぶせ方に迷い(1分)+かぶせ(1分)+ベルトがけ(1分※ホントはかぶせの前なんですが、これはあとからでも出来ます)、都合6分でしたhappy02Dscn2628  

 あとで説明書を見たら、袋の裾のほうにポッケがあって、そこにあるアジャスター(紐)で締めるらしいです。これなら捲られることもないってわけで、安心しました。

Dscn2626  L100との大きさ比較。生地は薄いですよ、L100の三分の二ていどじゃないですかね。そのぶん生地の面が広いという計算ですな。Dscn2625  

 で、L100で使ってたこいつら→ が余りました。ま、時間をかけて袋入れするのも好き(まるで駅前の見世物)なんで、ときどき気分転換にはこいつらも。

↓にゃおッとなcat

にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ 人気blogランキングへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年10月 6日 (月)

橋めぐりポタのお知らせ

bicycle commuterさん主催のポタリング「大江戸橋三昧」のご案内です。

E0089826_235640100_2

・開催日:10月25日(土)
・集合時間:午後1時
・集合場所:浅草・駒形橋(雷門側)
・ゴール:浅草・雷門(地下鉄銀座線・浅草駅すぐ)
・コース:
ALPSLAB route←詳細はこちら

正午にスタートして、のんびりと隅田川を遡上し荒川に出て
旧中川、大横川、横十間川、仙台堀川と深川の運河をめぐり、
豊洲から月島に渡ります。そして日が暮れる頃に
再び隅田川を走り浅草まで戻るというルートです。

※小径車、ロード、マウンテンetc..車種は何でもオーケー、のんびりポタ系オフです。
※夜間走行するのでライトは必ず装備してください。
※雷門でゴールしたあとは打ち上げを予定しています。
※打ち上げでアルコールを召し上がる方は、輪行のご用意をお願いします。
※コースは変更になる場合があります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月 4日 (土)

レーサーパンツ@インプレ

 今日は暑かったですね、まだわが家には蚊がおりますangry。いくら亜熱帯気候化とはいえ、もう10月ですよ。いつまで・い・る・ん・で・す・か・? というわけで、まだまだ暑いのが続きます(本気かよーwobbly)。で、そろそろ安くなりげなレーサーパンツのインプレ、やっときましょう。

Dscn2494   まずもってヤリ玉に上げなければならないのが、写真左のシマノのパンツです。こいつ、パッドがあるべき位置にありません。かなり下のほうにあるんですね(女性用を流用か?)。従いまして、×××が見事にその時の状態と申しますか、あるがままの形状と申しますか。みっともないです。レーパンはちょいと恥ずかしいというサイクリストは少なくありませんが、恥知らずのワタシでもチョー恥ずかしいhappy02です。水泳の時間に海水パンツを忘れて、ふつうのパンツで泳がされるような恥ずかしさ、ですね。元気なときも、おとなしくやすらかな時も、同じように分厚いパッドでカバーしてもらいたいもんです。

 こいつ、恥ずかしくて使えねぇーangry と思っていたところ、解決策はないでもなかったです。下にインナーパンツを穿いて、もっこり形状をつくることで生々しい姿を隠すことはできます。シマノの場合、もともと安いウェアにはDURA-ACEとかXTRとか製品宣伝バリバリで、実際にデュラを使ってる人には堪らんかも知れませんが、こっちはブレーキパッドにXTRをかろうじて遣ってる程度なもんで、正直な性格上、そんなの着れませんconfident。でした。で、今年の上下はSHIMANOロゴだけなんで勇んで買ったんでしたが、この始末。次回は改良せぇー、シマノpunch

 写真右のナリーニは、ジャージ編でも絶賛した廉価版のプリント上下。こいつが素晴らしいのは、かなり使ってみたいま現在、お股部分の生地にほつれがわずかしか出てないこと。イズミのアタックパンツの場合、かなり使い込んでるのもあるんですが、かなり早い段階でケバケバが出てたような気がします。イズミではプレミアムグレードの次のランクなんで、ちょいショックでした。同じくタキザワのはすぐにケバケバが、やはり値段相応ということなんでしょうね。ただし、ビブショーツはtoiletが大変、ま、どれだけ大変かは想像してみてつかぁさい。

 あと、衝動買いしたgiordanaのレーパン。こいつは股取りが浅くてヘソが見えます。というか、イタリアのデザインはそういうのが主流らしく、よく解釈すればtoiletがラク(アレを出しやすいhappy02)。ロードレースの場合は3時間もトイレに行けないわけですから、そういう考えなのかなー。と思ってましたが、考えてみればプロレーサーはビブショーツがほとんどのはず。意味ねぇなぁー、お腹冷えるしポッコリが強調されるし。ケバ立ちは少ないです。

 おススメはどれだ? と言われると数少ない経験で困るんですが、ふたたびツーリング洞爺湖の写真です。渡瀬さんの青い上下、現在輸入ウェアでは最高級とされているアソスです。ケバケバが出ません、耐久性も使用感も素晴らしい(前傾姿勢にフィット)とのこと。ただし彼は他のグレードを使ったことないんですけどね。値段も安いのが3枚~4枚買える勘定だし。

 あと、ジャージ編の追加です。写真右の斎藤さんが着てるのはパタゴニアのウェア(ツーリング参加者への供給製品)です。これはもう素晴らしいのひと言u(軽い・肌にやさしい・吸湿速乾)なんですが、メーカーの都合でサイズが要求どおりにならず、ワタシのはMながらブカブカ(アメリカンサイズ)。デザインは、やっぱ地味だなぁー。次回はサイクルバッグ。

にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ 人気blogランキングへ

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年10月 1日 (水)

09ルイガノクロモリロード

 ショップでルイガノ09のパンフレット見てきました。今年初登場したクロモリロードが上級車LCRとお値段据え置き版LACの2車種、シクロクロスモデルだったCTが同じくクロモリとノーマルステムのツーリングバイクに純化という流れ。

 エントリーロードも今年から軒並みにクロモリフォークを装備していること。カンフォートロードのラインナップにフロントサスペンション装備などを考えると、これは単にクロモリブームにLGSが便乗しているというよりも、アルミロードに乗ってはみたが、とてもじゃないが手とお尻が痛くてかなわん。というユーザーの声が、自然とそんな流れをつくっているのではないかとワタシは考えます。つまり、ロードバイクブームがすこし成熟した流れになってきていると。

 先日、KAKAPOさんとクロモリロードの話をした時に意見が合ったのは、カーボンの実体が不明な反応よりも、クロモリのカチっと芯に乗ってる感触がいい。ということでした。カーボンもクロモリもピンキリなんでしょうけど、フォルムではもうワタシの世代には堪らない魅力なもんで。

 ほかに、ルイガノと同じAKIが取り扱いのKONAのkapu。写真ではよく見えないけど、チェーンをはずした時に引っかけるガイドがついてるらしい。LCRと同じくメッキラグが心をくすぐるような魅力で、しかもダボつきときたらツーリングバイクにしそうでヤバめ(今のに乗んなくなっちゃうしwobbly)。

 レイノルズのクロモリフレームをもっぱらにしてるJAMISのquestも、コンポは同じクラス。あとKHSはいつも発表が遅いんですが、クラブシリーズがほぼレイノルズクロモリ。品質ではBSだけどネオコット溶接がやや今すぎるんで、渋くラレーのカールトンに目が行っちゃう。スーパーコルサやマスターXを検討した時期もあっただけに、フレーム代(20万円台の前半)だけでけっこういいモンが買えちゃうんで、しばらくは胸をときめかせながらの目の保養。

 サイクルモード、11月7~9日(幕張メッセ)です。

にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ 人気blogランキングへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »