« タイヤのローテ | トップページ | 上野博物館三昧@挫折した放浪ツーリング »

2008年7月18日 (金)

ナイスな宿・グルメなツーリング

 今回のツーリング洞爺湖で何が恵まれていたかというと、天候のほかに宿と食事だった。これはもう、ときに行政官的(やや無理な)行程管理でわれわれを悩ませた、カダフィ大佐こと渡瀬さんの努力によるところが大きいcoldsweats01

 まず、プライベートな時間が持てた三泊(仙台・八戸・函館)のスーパーホテルは、使い慣れた気安さ、朝食バイキングが自転車ツーリングにはありがたかった。ツーリングは朝食だぜ(笑)、ホテル自慢の力水でボトルを満タンにすれば、もう怖いものなし。福島県の楢葉町サイクリングターミナル、一泊二食2800円と安くてそれなりに綺麗な岩手県立福祉の里、同じく国民宿舎えぼし荘と、最近改装された公共の宿を使えば間違いはない、ということもわかった。

 そして、民間も負けてはいなかった。北海道長万部の温泉旅館の食事、ツァーの中で最高でした。Dscn1963_2  

 あまり自分の食生活をブログで明かさないワタシも、思わず活写してましたね。この豪華な山海の珍味、毛ガニだけで3000円(市価)はするはずなのに、生きの良い刺身に天ぷら鍋二つ。この宿の宿泊費は6000円なんですよ。朝食だって豪華だったし、温泉はすこし熱過ぎたものの、たしかに本物だったし。

 個人宅での宿泊・歓迎会も、素敵な食事で歓待されたもんです。左から、ワタシを煮物に開眼させた相沢一正さん宅(東海村)、仙台の交流会は法運寺ご住職の梅森寛政さんの誕生日(ワタシと同学年=ベージュのTシャツの人物)とかさなる、武藤邸(東松島)でのバーベキュー。

Dscn1734 Dscn1768

Dscn1783

 あと、山田町では川端信作さんの漁師料理、むつ市で杉山さんのオヤジシーフードカレー(苦笑)、六ヶ所村の花とハーブの里のジャム、美味かったです。みなさん、ごちそうさまでしたcat

にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ 人気blogランキングへ

|

« タイヤのローテ | トップページ | 上野博物館三昧@挫折した放浪ツーリング »

ツーリング洞爺湖2008」カテゴリの記事

コメント

長旅の疲れは取れましたでしょうか?
長万部温泉の料理の凄さは昔から折紙付きでした。
毛蟹も内地の価格では結構張りますが道内でお土産屋さん以外で買うと一匹野口英世さん一枚位でしっかりしたのに出会えます。
刺身のつま状態で参加させて頂きましたがアエラの反響がかなりありました。
ありがたうございました。

投稿: 首藤 | 2008年7月19日 (土) 12時29分

遅まきながら、『AERA』7月21日号、買ってきて拝読いたしました。(前のは7月14日号だったのねcrying
掲載された貴兄の意見と同様のことを、坂本龍一も主張しています。
NO NUKUS, MORE TREES
(原発反対、その代わりもっと植樹を)

投稿: あっちゃん | 2008年7月19日 (土) 12時59分

首藤様

 室蘭式の焼き鳥(豚)、叔母一家が室蘭の人なので話題になりました。東京では、あのタレの味はなかなか出会えません。今号と次号の『actio』紙、月刊誌『情況』にも掲載予定です。

あっちゃん

 叔母ちゃんの焼いてくれたサーモン、ほたてのお刺身、とっても美味しかったです。坂本龍一さんも自転車を始めるといいのにな、ミュージシャン系サイクリストのシンボルである清志郎さんの闘病も気になるところですが。

投稿: 横山 | 2008年7月19日 (土) 20時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176227/41894356

この記事へのトラックバック一覧です: ナイスな宿・グルメなツーリング:

« タイヤのローテ | トップページ | 上野博物館三昧@挫折した放浪ツーリング »