« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月26日 (土)

バカンス@北九州

Dscn1269  今日からGWですかね。江戸サイはちょい寂しかったですね、風もあったし。わたくしこと、明日から北九州に帰省です。ここで遊んできますんで、その様子はまた。みなさん、しばらくのお別れにござんす。

にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ←ニャオッとなcat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月25日 (金)

ツーリング洞爺湖2008のスケジュール確定!

 決まりましたので、お知らせします。※ショートカットコースは5月18日までに決定する予定です。チラシは→「schedule.pdf」をダウンロード

【6月】

◎19日(木)午前8時半 国会前集合 政府へ申し入れ →茨城県東海村へ(128㎞)
◎20日(金)日本原子力研究開発機構申し入れ/東海第2原発申し入れ →福島県楢葉町へ(111㎞)
◎21日(土)福島第2原発申し入れ/福島第1原発申し入れ →宮城県仙台市へ(101㎞)
◎22日(日)休憩日 仙台にて交流会
◎23日(月)女川原発申し入れ(仙台~83㎞) →石巻へ(29・7㎞)
◎24日(火)石巻から大船渡へ(119㎞)
◎25日(水)大船渡から岩手県重茂へ(91・4㎞)
◎26日(木)重茂にて休憩日
◎27日(金)重茂から青森県九戸へ(91・8㎞)
◎28日(土)九戸から八戸へ(73・5㎞)
◎29日(日)六ヶ所村再処理工場申し入れ(58・8㎞)
◎30日(月)東通原発申し入れ(六ヶ所~54・3㎞) →大間港へ(68・2㎞)

【7月】

◎1日(火)大間から函館へフェリー 函館にて休憩日
◎2日(水)函館から長万部へ(102㎞)
◎3日(木)長万部から洞爺湖へ(58・7㎞)
◎4日(金)洞爺湖から札幌へ(109㎞)
◎5日(土)札幌市内でウォークに参加
◎6日(日)札幌市内でカウンターサミットに参加
◎7日(月)これ以降の予定は未定

 斎藤さんから写真が送られてきたので、たまには自分のムニャムニャcat080423  

 それと、マイ旗(苦笑)。これも疲れてきてるんで、なんか新しいデコレーションを考えないとなー。

080424  こういうこと(目立つ)は、チーム内でも競争になりますね。なにしろ敵さんは↓だからなぁー。Dscn1208_2

 そうだ、いいことを思いついた。連休(って毎日が連休みたいなもんだが)明けに実行しよう。

にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月24日 (木)

自転車議連2008年総会

Dscn1259  国会に行ってきました。ただし、subwayで……。自転車活用推進議員連盟の総会です。この議連は国会議員約100名で、超党派の議員集団として、政府(国土交通省、警察庁、文部科学省、経済産業省)に施策の実施をもとめる組織。そのサポート団体が、私も参加している自転車活用推進研究会。議連総会は私たちも質疑できる、ある意味では自転車乗りとして国政に参加できる唯一の機会と言えるかも知れません。Dscn1264  

 で、議連の顔はこの御方たち(挨拶中の谷垣貞一会長、向かって右が小杉隆名誉会長)。いずれも、高価なデ・ローザ乗りです(苦笑)。ただ、初めて知ったのは、写真向かって左の原田義昭(衆議院議員)が事務局長として創立当初から推進役だったこと。事務方って感じの人だし。

Dscn1266  政府側に出た質疑は、今年6月に施行される改正道交法の自転車の原則車道走行(歩道走行不可)について。例によってツーキニストの元祖疋田智さんが「警察庁の昨年の説明では、やむをえない場合に歩道走行の解釈が道路工事とされていたが、今回の説明資料では拡大されている」の指摘。警察庁は危険な道路状態で車道走行を強制できないと答弁するしかないが、車道走行を原則にするなら、自転車レーンの整備など抜本的な施策に取り組めというのがわれわれというか、疋田氏の主張。ま、これは粘り強く言い続けてゆくしかありまっひぇん。

 自転車通行環境の整備、については国交省。現在の自転車通行環境モデル地区は98箇所、東葛地区では柏の葉キャンパス駅周辺地区なんだそうです。柏の葉はともかく、三郷市の三郷地区って……。駅前の自転車レーンのことか? これについても、自活研の石田委員長から、渋谷区幡ヶ谷のレーンに違法駐車が頻発していると報告がありました。ちょいと笑えたのは、資料に添付された「具体的な整備内容」で、岡山市の事例がアスファルトの歩道(走行路)からタイルの自転車レーンになっちゃってる写真。疋田氏が「たぶん、自転車に乗ったことのない人が作ったんだと思うが」と言ったとおり、これじゃ走りにくくて仕方がないぞーpout。京都議定書をうけた削減目標に、自転車活用でCO2削減約30万トンという以上、自動車に代わる輸送(移動)手段としての(ある程度高速な)自転車道を作らなければ意味ないっしょ? あと、経済産業省が何をしに来てるのかと思ったら、ツアーオブジャパンの宣伝でしたcat。管轄官庁だったのね。Dscn1260  

 第一衆議院会館の駐輪場→ 通勤用というよりも、ちょい乗り用かな。bicycleじゃないので誰か誘って有楽町で飲みたかったけど、7月刊の原稿が遅れてるんでsubway。けっきょくrain降らなかったぢゃないかっ!(疋田さん風味)

にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月23日 (水)

チーム平日@墨田

Bhfrdes  こいつを試乗してきました。ふつうのリカンベントよりも、ちょいとアップライトなポジション。ラクです、楽しいです。Dscn1246  

 最初はおっかなビックリで、そろそろと……。つかんだコツは、最初にグイッと踏み込むこと。スピードに乗れば安定する、ふつうの自転車と同じ原理です。タルサさん、ご機嫌でしたね。

Y76trm  で、こいつらを作ったのは、17バイシクル。もともと自転車メーカーじゃありません。ショールームの小嶋さんは「遊び用の自転車ですから」と謙遜していましたけど、ワタシはそうは思わないですねー。いや、そもそも自転車は健康と爽快感を得るための「遊び」、地球環境を保全するための「遊び」なんですから。登坂力にやや弱点があるものの、身体にストレスを感じない走り、逆風を苦にしない強み。これがクロスバイク並みの値段で普及しはじめたら、街頭のサイクリングシーンは革命的に変わりますね。あとは誰か、このスタイルを提唱するカリスマサイクリストがいれば。Dscn1251_2  

 こちらは、亀戸にあるライティングハウス。落ち着ける空間です。

Dscn1253  亀戸天神、爺さんと婆さんばっかりだなー。いやもう、日本は老人大国。老人活力を生かすには、やっぱ自転車じゃないでしょうか。え?Dscn1255 

老後もサイクリストでいたいワタシとタルサさんは、荒川CRへ。ここ、小松川団地の脇の緑地です。

Dscn1257  カーボンフォーク(TRIGONのモノコック)にしました。その結果、 ブレーキがカンチからVへ。これで腕の疲れは緩和されるものの、ツーリングバイクらしからぬ容貌にsweat02。Vブレーキの上に付いてるカタツムリみたいの、何だかわかりますか? Travel Agent ってヤツです。こいつを付けないと、ロード系のブレーキレバーでVは引けません(ロックするか効かないか)。何だかなー……。

catお知らせ

ツーリング洞爺湖2008走行会 5月18日(日)10時 荒川CR右岸東武伊勢崎線鉄橋下集合(北千住・東京拘置所の対岸です) 行き先・ルートは、新らしい参加者の希望を入れながら、当日決めます(まだ考えてねぇーhappy02)。 ※当日、マスコミ取材があります。

5月25日 アースディ千葉 幕張海浜公園(ツーリング洞爺湖も出店)

5月25日 ツアー・オブ・ジャパン東京ステージ(日比谷公園11時スタート→大井埠頭周回コース)

にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ

     

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月20日 (日)

アースデイ東京自転車ライド2008

Dscn1219  アースデイライド(神宮外苑→内堀通り→東京タワー→有栖川宮記念公園)、今日のYoshitakaさんはこれで走りました。Dscn1222 こーんなに大勢(右下写真)の中でも大いに目立ってました。

 ただし、目立つ分だけ危険。旗の先端をスプロケに巻き込んでしまうと、その段階で停車wobbly、要修理。の危険性がすこぶる大きいんです(苦笑)。あんな危ないの、よく大丈夫だったなーcat

 Dscn1226_2 

 全体では300人ほどだったんでしょうか、どこまでも続く車列、まことに壮観でありました。Dscn1229  

 神宮外苑も知らないあいだに、日曜日はサイクリングロードになりましたが、ここもパレスサイクリングロード(皇居前)に。いつもは左端をちっこくなって走ってる憂さ晴らし、のようにワタシたちは走りましたとさ。

 こちらは、集合場所で話をうかがったリカンベントファミリー。

Dscn1220  45kgまでは積載牽引が可能ということでした。Dscn1209  

 左写真は、アースデイ会場のNPO法人バイシクルエコロジージャパン。そのお隣はTREKのブース。

Dscn1231  アースデイライド広報のマユさん。モストロの上にかぶせた花飾り、なかなか素敵でした。ほかにもお知り合いになった方いたけど、二日間の走行距離154㌔、あきらかに睡眠不足。もー疲れてるんで、彼女の写真だけで勘弁してちょsadTyr56  

 おまけ。靖国通りでワタシをブチ抜いた美人ローディー。チェレステのクロモリロード、痩身でダンシングが得意。WANTED!だなー。

にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2008年4月19日 (土)

アースデイ東京@ツーリング洞爺湖宣伝ブース

Dscn1179  行ってきました、アースデイ東京in代々木公園。左の写真は権田原(赤坂離宮・東宮御所)で、わたしの渋谷方面進出ルート。クルマで走ったとかタクシーでとか、走ったことのある人は多いでしょうけど、それだとアッという間の下り登り。ゆっくりと走れば、東葛の風景と見まごう緑深いところなんです。なにしろ、身分の違う御方が住まう森。Dscn1183  

 ま、そんなことはともかく。ツーリング洞爺湖のブース、なかなかのもんでしょ。私は学会の総会に委任状を提出する関係で、作業にはなーんにもタッチしなかったんです。すみません、みなさんsweat01 発電自転車、めちゃ好評でした。

Dscn1195  作り方を根掘り葉掘り聞いてくる若い女性グループ(工学部かと思ったら、学園祭の準備だとか)、あきらかにツワモノ自転車乗り(SPDシューズじゃんhappy02)、足のとどかないお子さんたち。Dscn1184  

 で、物販のほうは缶バッジ(300円なり)、ステッカーは切り出しが間に合わず、これでもいいという方に販売。

Dscn1193  けっこう笑えるの、欲しくなるのあると思いますよ。大きさは刷られてるシートがA4大と考えてください。Dscn1188  

 旗、立派すぎ~sweat01 明日のアースデイライドで、これを自転車にはためかせて普通に乗れるかどうか、ためしてみます。ちなみに、PACE(パチェ)はPEACEのイタリア語。ま、ピナレロの持ち主が輸入製品を加工したもんすから、おイタリアなんです。で、ブースを訪ねてきた外人さんはクロスバイクのアメリカ女性、四国を折りたたみ自転車で一周したムッシュだったとさ。

Dscn1198  昼間は晴れて陽射しもありましたが、夕方にrain。おまけに寒いtyphoon。ちと疲れましたが、成果は上々。新たな参加希望者が数名happy01。美人OLから日本一周のノウハウを訊かれたワタシ、「(どんな自転車がおススメ?)ロードもいいけど、荷物が積めるようにキャリア用のダボ穴付きのを」「(スケジュールの組み方は?)3日に1日は観光をして、自転車に乗るのがイヤにならないように」って……。偉そうなことを色々と言っているが、お前さんは日本一周とかしてないだろーがannoy>ワタシ。……すいやせんでしたッ。Dscn1200  

 明日、アースデイライド。いっしょに走るのは、なんとママチャリで沖縄まで走ったり、四国一周したりの学生諸君。それって、どんなママチャリなんだよー。いずれにしても、洞爺湖ツーリングの英雄の座は彼らに奪われましたbearingね。どこへ行ってもママチャリツーリングなら揉みくちゃ、ツーリストたちから拍手喝采の物語でしょう。右の写真は立石の八重桜、春の名残りをいかにとやせん。

にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年4月17日 (木)

曇りのち雨@おおたかの森

Dscn1177  どうしても手に入れておきたい本があって、おおたかの森の紀伊国屋へ。ここに置いてなければ、もう都内に出撃するしかないので入手は先延べになるかなー、と思っていたところ。ありましたhappy01 その本の紹介はまた、レヴューとともに。

 それにしても、それなりに実績のある作家でも一般書店で文庫常備というのは、いまどき難しいのですかね。本の出版点数の増加のいっぽうで、書店の激減、取り揃え書籍の定型化、文庫オンリーの品揃え。と、ますます本との出会いが奪われる趨勢。明らかに文化的な地盤沈下が進行していますなー。Dscn1178この厳しさを考えると、 まぁ仕事の不満は言わないで、文章で食っていける環境に感謝、です。 

 帰りに喫茶店OBへ。まだ11時前だったので、早めの昼食にモーニングサービスrestaurant300円+サラダセット200円なり。コーヒーは例によって大型カップ、苦手なアメリカンかなー? と思ったら、ちゃんと濃い目のブレンドでした。

 冬用ジャージで少し汗をかいたんで、喫茶店で涼もうと思ってたんですけど、室内はもっと暑かった。というよりも、これは梅雨めいた湿度ですね。もう冬用ジャージはクリーニングして仕舞いましょう。この時季は重ね着が基本、という意味でもチーム東葛の筑波8耐に向けたウインドブレーカー作成はタイムリーな企画。走って汗をかいたあとの休憩、こーゆーのがあると助かります。まだ一緒に走ってないあなたも、ぜひ一枚cat

 rain降ってキター! 土曜日、晴れろよsun

にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月16日 (水)

石窯パン工房サフラン新松戸店

Dscn1174  この店をふつうのパン屋と同列に論じるのはどんなものか、と思っていました。大手スーパーやデパ地下に展開する、たとえばサンジェルマンやアンデルセン(リトルマーメイド)など、有名大規模チェーンは別のジャンルとして扱う予定ですから、その大規模店をも凌駕するこの店は扱いに困る。しかしながら、結論から申し上げまして、質と量で小金原のツオップと競える店は、ここをおいてほかにないでしょう。何を食べても美味しい、土日はもとより平日もレジに行列ができる。だから、こーんなに大きくなって、もはやパン屋というよりはパン工場。写真の手前の駐車場も、この店のなんです。Dscn1175 

 何を食べても美味しいけれども、合格平均点ではワガママなワタシの舌は満足させられない(苦笑)。人の好き嫌いを満足させる、ということはある意味で偶然なんである。何じゃ、そりゃpout

 写真のクレープみたいのがトルティーヤのえび(280円)。パン食だと、どうしても野菜の摂取に困る。とくに最近、野菜が不足気味のような気がするしなー。そこで目に付いたのがこれでした。美味しいです、健康な気分にもなれます。そして、真ん中がパン・オ・レザン(150円)。常盤平店だと名前は失念したが、ドイツの菓子パンでクルミを織り込んだうえに砂糖を巻いたのがあって、ワタシの一押し。これはまぁ、その代理のつもりで選んだが、美味しかったです。えらいぞ、パン・オ・レザン。

 手前がお持ち帰り用に買ったいちじくパン(110円)。フルーツ織り込み系のパンとしては、この店のは柔らかいのが特長。そこが素晴らしいと思うのだが、こんど別の店のと焼き上げ時間から何時間で硬くなるか、じっさいに実験を行なってみたい(たいへんだなーhappy02)。そして、小さいのがキャラメルチョコ入りプチクロワッサン(50円)。こいつは30円にしてほしい。ほとんどキャラメルの風味しないし。都合、590円なり。やっぱりサフラン最強か? こーなると、だれもが認める松戸最強のツオップでは600円以内で何が買えるのか、楽しみになってまいりました。

654hgf  歯医者の検診を予約して、ダイエーで買い物をしようとしたら。コワモテの大男に呼び止められましたcoldsweats02。お互い、主夫というか台所を預かる身だからなーcat

にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月15日 (火)

チーム平日@越谷レイクタウン

Dscn1165  毎週恒例のチーム平日サイクリング、今日の目的地は越谷レイクタウンであった。平日ポタなんぞ、おまいら暇人やのー? へい、すいやせんねぇcat。東葛の野趣あふれる風景もいいけど、オレたちゃ埼玉の大平原が好きなのさっ。坂道も少ないし……ねhappy02Dscn1166  

 クルマに高速で煽られるのもアドレナリンがドッドッと、やみつきだぜー。車道を縦横に、クルマの動きもコントロールしながら交差点横断がシャーッと決まった瞬間、うっかり漏らしそう(苦笑)。

Dscn1167  やってきました、ここが問題の都市再生機構がプロデュースした越谷レイクタウン。この出来かけ(秋オープン予定・日本最大規模)の建物を見て、タルサさんは「うんざりするよ」。つまり、店舗プロデューサーが生業の彼にとっては、いまは仕事を思い出したくないよangryなわけです。Dscn1169 へへへッ、それが狙いだったのさcat 

 で、レイクタウンの目玉である人工池を見物したところ、水際でもの凄い虫の集団に襲われましたbearing。虫対策云々の張り紙もあったんですが、それも読めないほどの猛烈な攻撃。すぐ土手の上に退散するも、激しい追撃に遭う。これって、人造池を作ったはいいが、カエルとかゲンゴロウだのといった自然に生息してる生き物を誘致しなかった結果、羽虫の大量発生となったわけでしょうね。このあたりの生態系を見直さないかぎり、越谷レイクタウンは人が住める街にはなりません(観察眼鋭いタルサさんの受け売りです)。

 ほうほうの体で逃げ出し、越谷→吉川を迷走しつつ江戸サイ→流山。ここで、なぜかサイクリングにクルマで参加するというたすけさんと合流。Dscn1172  

 全国的に有名な武田(蕎麦屋)が休みなので、昇竜へ。ここ、定休日のはずなのに開けてくれましたcoldsweats02。750円定食、小食なワタシは食べきれないほど。いいですね。中国人的ないい加減さ、大ざっぱな味だけど本格中華でした。

Dscn1173  それでもって中年ワルガキの3人組は、この上品なカフェの静寂を破るようにタイムリミットまで盛り上がりましたとさ。たすけさんとは初対面も同然なのに、旧知のごとく思わせるブログの威力、一瞬でうちとける同世代の魔法。いやー、今日も楽しかったなーcat ただし、クルージングの途中や話の途中でphonetoが鳴って、現実に引きもどされる自営業の中年ワルガキたち、このあたりがまた楽しいのかも。

 来週は、ここの自転車のショールームに行こうと思ってます。未来の自転車の方向性をさぐるサイクリング&チーム東葛の平日練? 日にちは追ってUPしますねー。

にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年4月14日 (月)

4月19日~20日(代々木公園)の物販宣伝です♪

Photo  4月19日(土)、20日(日)のアースデイ東京(代々木公園)で販売するステッカーと缶バッジ、エコバッグの紹介です。Photo_2  

「勝手に動かさないでください」ってのは、ショッピングセンターの駐輪場の壁やフェンスに立てかけておくと、たまに警備員が気を利かして動かしてくれるんだけど、スタンドが付いてないから当然にも中途半端に放置……。という体験、ありませんか? わたしはしょっちゅうです。そーんな方は、ぜひどうぞ。ほかにも、幅寄せやめてー! とかも製作中。

Photo_3  こちらはおもに缶バッジ。現在、ステッカーも色違いで100種類ほど製作中。缶バッジが300円、ステッカーは7枚セットで300円、1枚なら50円の頒価となっております。どうぞ、よろぴくcatPhoto_4  

 ステッカーのコピー、こんなのが欲しいと希望がありましたらワタシにご連絡ください。購入予約ということで対処いたしますhappy02。アースデイ終了後の購入希望は、直接ワタシにどーぞ。

にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

妙典ヴィーメルヒベルテ

Dscn1161 bread新しい駅前にありがちな、テラスでパンが食べられるお洒落系ベーカリーです。ヴィーメルヒベルテ(市川市妙典4-9-26・047-359-6554)。このテラスいいんだけど、ちょいパラソルとか植栽が欲しいところ。なんとなく、通行人から観察されちゃうんですねー。Dscn1160  

 はっきり申し上げまして、わりと高いお店です。手前のおやきアンパン(180円)はお持ち帰り用に買ったので別としても、白桃レアクリームデニッシュが250円、ピザ風のホッカッチョが200円、魚フライサンド(発芽小麦パン?)が220円の、都合670円なり。予算(600円)オーバーです。あっ、コーヒーは無料ねhappy01

 で、お味のほうは……bearing 新製品の白桃レアクリームデニッシュ君、い・け・ま・せ・ん。このレアクリームというのがナマっぽくて、まるで牛乳で硬めに溶いた小麦粉みたい。しかも白桃がトッピングみたいに上にあるので、食べにくいことはなはだしい。洋菓子系のデニッシュに関しては、右に出るものがないという感じの鬼美味しいのを知ってるわたしは、容赦なくこの新製品にダメ出しです。サンドはふつうに美味しいけど、やはりネタ(魚フライ)が飛び出してるのって、食べにくくてダメだぜ~pout ホッカッチョもねっとりした食感に欠け、総じて落第点でした。厳しいことを言いますが、お値段なりに頑張って欲しいものです。

 だが、家に帰って食したおやきアンパンが秀逸でした。このもちもちしたフランスパン系のアンパンは以前、新松戸の石釜パン工房 Pan De Molde の逸品だったが、突如として何の断りもなく製造しなくなったフランスアンパンとほぼ同じ。方々を探し回って、ようやく出会えたんでしたheart04。これでイッキに落第点を挽回! おいしゅうございました。

Dscn1159  柳原水門付近の新しい舗装路、北総線のガード下からはじまるダートをおぎなうかたちで整備されました。が、サイクリングロードというわけではなさそう。Dscn1162  

 妙典のサティでゲットしたボトルカバー(保冷用)、その下に三日月村のステッカー(笑)。保冷用カバーは、昨年コールマンのを試して圧倒的なアドバンテージを感じましたが、残念ながらあれはリアキャリアが必要。こいつのインプレは、25℃以上の夏日を待て!

にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月13日 (日)

寒い……無人のサイクリングロード

Dscn1156  花祭り・姫祭り・茅葺祭りポタは中止になったけど、朝起きたら雨があがってました。「あがってるじゃん」(相棒)「路面、乾いてるね」(わたし)「走りに行こうッ♪」(相棒)なんでした。Dscn1157  

 でもね、だーれも走ってません。とくにロードバイク、まったく見ませんでした。めずらしいっスね、まるで自転車禁止令でも出たみたい。みなさんrain→家庭サービス、なんでしょうか。わたしらも逆風(北西風)に煽られて、すぐ江戸サイ下りたんですけどねwobbly。途中で少し降られたし。

Dscn1158  ま、集団ポタの中止はやむなしだけど、多少の雨天予報なら決行して雨のハプニング(死語?)を楽しむのもありかなと、そう感じました。

 ところで、中止になったポタの主催者たすけさんが上州ツーリングの動画「matarou080405.wmv」をダウンロード を作ってくれました。冒頭のカットで先頭を引いてるのが、あっしでございやす。できれば火曜日か水曜日、チーム平日サイクリング。

にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月12日 (土)

柴又キシノベーカリー

 明日の花祭り・姫祭り・茅葺祭りポタリング、中止になっちゃいました。ということを見越して、なのではありませんけど。ツーリング洞爺湖2008の会議で埼玉へ。

Dscn1148  川口のレストラン、とむぶらうん。こうゆーふうな建物、ちょい古臭さが好きです。で、パン屋じゃないけどメロンパンをゲット。Dscn1149_2

 味のほうは作り置きなんで、クルマで焼きたて売りのメロンパンには負けますかねー。オーナーらしい女性も店員も美人だったんで、こんどはランチタイム(パスタ680円・日替わり850円)に行きましょうheart02

Dscn1151  ツーリング日程のほうも決まりました。6月19日(木)国会前を出発し、15日目の7月4日(金)に洞爺湖到着、翌5日~6日札幌でイベント参加、7日以降は未定(airplaneで帰るか、サミット会場にふたたび行くかbicyclehappy02)。短期ルートの日程は、まだ少し先になりますのでお待ちください。Dscn1152  

 荒サイ、もてぎとかでイベントレースが始まってる関係なのか、ロードバイク少なかったです。おい、おまいらー、ここは20km/hだぞーbleah

 おっと、表題のパン屋です。前にも紹介したbreadキシノベーカリー(葛飾区柴又6-7-13)、ここは素朴な味と安いのが売りの店です。

Dscn1155  これで560円なり。アンパン二種類にハム卵パン、ソーセージパン3本。えーと、それぞれの値段は、……覚えてない。

 なぜソーセージパンが3本かというと、もう他のパンが残ってなかったのさsmile。味はね、しっとりしたパン生地であれば(パサパサじゃない)OKなのさ。本格的なベーカリーというより、古きよき時代の町のパン屋さん。それで僕らは大満足なのさっcatDscn1153  

 ほらね、晴れた週末はもうほとんど売り切れ。

 

にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月11日 (金)

西船橋ドリームフーズ

Dscn1139  これからときどき、パン屋めぐりポタをブログにエントリーしようと思います。もともと歴史小説のサイトのつもりで出発しながら、いまでは完全に自転車ポタリングとツーリングがメインに。ま、それはそれでいいとして、いかんせんブログの目玉がない。と、思うんである。

 ツーリングも月にせいぜい1~2回程度だし、自転車のパーツインプレッションをするほどメカオタクではない。ほぼ毎日走ってるからといって、ルートマップとか作る能力ないし……。何の取り柄もないブログに陥るのも悲しいweep。そこで、他にもあるであろうパン屋めぐり記事というのを作ってみてはどうか? やりましょう、はい。

 第一回は船橋です。タキザワのレーパンが届いたので、その着心地試しを兼ねて船橋の例の3店舗に。で、見たかったのはパン屋じゃなく、ラレーのクラブスポーツ(苦笑)。Dscn1137  

 いえね、相棒がボヤくんですよ、ラレーのクロモリラレーのクロモリ欲しいと。で、脚が届くのかと問い詰めたら「だいじょうぶだったよ」chickと。スペックじゃわからんので、実際に測ってきましたSOHを。まぁ、だいじょーぶかなー? 履く靴にもよるね。

Dscn1141  それと……、あんまりにも暑かったんで、買っちゃいましたっ、ワイズのオリジナルジャージ。ゴムの裾ストッパーとか付いてないけど、値段(相棒の分とあわせて7800円)なりに、まぁまぁじゃないっスかね。こいつと組み合わせる予定。着心地は、いや寝心地は……、かなりよろしいcatらしい。これで、入荷がチョー遅れてるイズミのUVジャージがとどくまで、冬用着て汗をかくこともありますまい。

 おいっ、パン屋の話はどうした? パン屋の話はannoy! す、すいやせん……。Dscn1143  

 これっス→ ガーリックフランス(179円)ショコラ(158円)洋梨のデニッシュ(263円)=600円なり。毎回、このシリーズは600円前後ということにしましょう。600円で3つ買えない店もあれば、6個買える店もあるわけでして、コストパフォーマンスも考慮しながら。年末にランキングでも作るかなーhappy02 

 breadお店は、ドリームフーズ(船橋市二子町600-3・047-336-1205)

 それでは、いよいよ食べた感想です。ガーリックフランスはぎっしりと溜まったようなガーリックバターが印象的、だが、頭と尻尾の部分は入ってないのね。ガーリックフランスで私的に定評があるのはスーパーのライフ(たしか200円)なんですが、それと較べても頭と尻尾の分(ただのバタール)だけマイナスで、最初の印象を裏切る。結果、特筆すべき水準にあらず、ですなー。ショコラはまぁ合格点というか、とくに普通以上ではない。洋梨のデニッシュ、263円のケーキと考えればグーheart01 たっぷりと、焼き洋梨の味わいを堪能しましたとさ。ではまたcat

にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年4月 9日 (水)

チーム平日サイクリング&4月のお知らせ

Dscn1120  チーム平日の定期走行会は毎週水曜日、ではないのだが、明日あさってがrainということで決行。おおたかの森に行きました。まあ、このあたりが私が偉そうに自信を持って案内できる北限、帰って来れなくなったら4時までシンデレラのタルサさんがヤバイしね。Dscn1122  

 オオタカの森SCでカレーを食べて(店の名前失念したhappy02)、ふくろうの森に行ってみた。カレーの美味かったカフェと蕎麦屋、つ ・ ぶ ・ れ ・ て ・ た ・ よ。

 いや、よく見ると「区画整理(工事?)が終わったら、新たな姿で……」ってなことが書いてあったから、休業中というのが正しいようです。どうも幹線道路の工事が始まってるらしく、開発で狭くなったおおたかの森がさらに削られる可能性があるようですなー。

Dscn1124  こいつら(うこっけい)は健在でした。あと、孔雀と東南アジア産のコノハヅクもね。行きは猛北風だったんで坂川沿いを走り、帰りもツーリングで飽きあきしてる江戸サイはパス。というか、風が強いときに土手を避けるルートをタルサさんに教える。好評であった。

 おおたかの森から土手避けルートへの途中、有名な蕎麦屋の武田をみつける。ふつうの民家じゃないですか、それも何と言うかどこにでもあるような。たすけさんの事務所を探して、仕事の邪魔をしちゃろうという考えもあったが、武田さんを撮ろうとした私のデジカメがガス欠(電池切れ)。スタスタと退散しましたとさ。Dscn1126  

 右の写真は、電池(100円で単3アルカリ2本)を買った店で見かけた売り物のロードバイク。ビアンキのクラシックロードか、だって? 違いますhappy01、DUNLOP、いえDUNTOPのロード \33500なり。買う気満々のおじさん、ブレーキに指がとどかず足で止まりましたとさ。

Dscn1127  笑いながら松戸に帰ってたら、タルサさんが車止めにガチャンimpactチェーンがはずれましたとさ。そのへんの草でチェーンをもどしてるタルさん。

 こうゆーの、運動神経とか自転車の上手い下手とか関係ありまっひぇん。乗り降りとか段差とか、車止めとか低速で油断してるときに、ガチャン。みなさん気をつけましょう。

catポタリングとイベントのお知らせです。

花祭り・姫祭り・茅葺祭りポタ ※4月12・13日と柏市あけぼの山農業公園で2008チューリップフェスティバル開催。また4月13日に常総市(水海道市内)で第8回水海道千姫まつりが開催されます。

開催日:4月13日(日) 9時~16時の7時間位(往復55~60km程度)、集合・解散:新大利根橋(利根川CR接続部)。くわしくはこちらに。

コースと[見所&食処]
[新大利根橋]~稲豊橋~小貝川CR~沈下橋~川又橋
~[水海道市街]~豊水橋~[弘経寺]~美妻橋
~[坂野家住宅](昼食いさみ家)~大生郷天満宮
~弘経寺~豊水橋~鬼怒川CR~新玉台橋~谷原大橋付近
~金崎橋(用水路)~[BIG SMILE]~[新大利根橋]

 

catもひとつ、お知らせです。

アースデイ ※今年のアースデイ東京は、4月19日(土)~20日(日)の2日間。

わがツーリング洞爺湖2008は、コア企画である「アースデイNPOビレッジ」に参加! 両日とも午前10時から午後5時まで、代々木公園イベント広場に出展します。ぜひ自転車でお越しください! 当日までに洞爺湖サミットへ向けたツーリングスケジュールを決定。これを掲載したチラシを作成、会場で配布します。総走行距離は1300キロ以上になる見込みです。

ちなみに20日は、東京アースデイ自転車ライドにも有志参加。

 

にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへニャオっとなcat

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月 7日 (月)

続・向かい風に泣いた上州路

 輪行の東葛人さんとEIJIさんを見送った前夜は、夜半までマ太郎親分と飲み明かしやした。したがって、高尾山ツーリングの教訓も生かされず、またもや二日酔いでござんす。ま、バーボンの重たいボトルを持ち帰るのを避けるために、人生を語らいながら痛飲したんでございやす。と、反省がねぇですねーcoldsweats01

Dscn1097  太田市北部運動公園で開かれている「第25回全国都市緑化ぐんまフェア」でござんす。100万本の芝桜、たっぷりとご堪能なすっておくんなさい。Dscn1098

 じつはあっしたち、前日の山越えを回避して国道50号線へのルートを模索していくうちに、キャンペーン中のフェア会場を知ったんでございやす。幸先のよい帰路スタートでござんした。

Dscn1100 Dscn1102_2          

 それにしても、上州は峠に遮られた土地でござんす。三国峠を起点に、越州、甲州、さらには奥州へと。逆に言えば、旅がらすたちの集まってくる土地とも言えやしょう。0po3w2 

 じつは笹沢先生の原作には、上州新田郡三日月村は、たった一度しか登場しやせん。しかし、博徒の本場で交通の要衝であるいくつもの峠をひかえたこの土地を、紋次郎さんは旅の空に仰いでいたんじゃないでやしょうか。情けを捨てた旅路でありながら、おみつ(紋次郎の12歳年上の姉)の面影を追っていたのが、彼がたどった旅の目的だったんじゃありやせんかね。あっしには、そう思えてなりやせん。          

Dscn1104  あっしたちは、国道50号をへてふたたび渡良瀬川のほとりを目指しやす。新たに作られた北関東自動車道の側道や野辺の小路を走りながら、春のやさしい陽射しにめぐまれた旅路にござんす。ツーキニストでもあるそっくりもぐらさんのナイスな判断もあって、無事に自転車遊歩道にたどり着きやした。Dscn1105  

 そんなこんなで、渡良瀬橋(足利市)に到着しやした。ここはマ太郎親分が旅の始まりからこだわっていた場所で、なんでも森高千里なる歌い手がここで歌を作ったのだとか。そんなナンパなオヤジ趣味のないこっちゃあ、さいですかと言うほかござんせん(苦笑)。このころには、地元(松戸)からの助っ人の知らせもとどいておりやした。

Dscn1107  その助っ人とは、E-ponさんでござんす。幸手の権現堂堤を回られて来たとのこと。道筋案内もふくめて、疲れたあっしたちにはありがたい助っ人でござんした。まず、往路で市街地→原野と自転車遊歩道を離脱した原因がわかりやした。Dscn1108  

 国道4号線の橋をこえるときに、河川敷に降りなければならなかったところ、あっしたちは直進したんでやした。

Dscn1110  もうひとつ、江戸サイから利根サイに入るルートも、あっしたちはいったん茨城に渡ってから左岸を西上したんでござんすが、写真のとおり江戸川右岸から利根川に入れるんでやした。Dscn1111  

 こっから先は、時間との戦いでござんした。猛烈な逆風のなか、ご母堂さんの介護時間がせまっておりやすマ太郎親分を無事に帰還させるために、チームをあげての疾走になりやす。

Dscn1112  結果、大過なく旅を終えることができやした。向かい風に泣いた上州路も、振り返ってみれば楽しい道すがら。チーム東葛のみなみなさんをはじめ、あっしたちの旅を見守ってくだすった方々に感謝申し上げやす。旅先で出会った自転車乗りのみなさま、またお会いしやしょう。Dscn1114  

 おまけ→松戸宿の一里塚で会ったmomoさん。幸手から江戸サイに転戦した帰路とのこと。

一日目の走行距離:114㌔、二日目:110㌔にござんす。

にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2008年4月 6日 (日)

向かい風に泣いた上州路

Dscn1055_2  上州紋次郎ツァー、行ってまいりやした。松戸のマ太郎親分をはじめ、同道したのはそっくりもぐらさん、東葛人さん、EIJIさん、あっしの5人。出立の助っ人として、たすけさんが立ち会ってくれやした。Dscn1056 たすけさん、お忙しいところありがとうござんす。

 あいにくの微逆風、ほぼ西北西の風と言いやしょうか、一行の中に風男がいるのかもしれやせん。ずっと江戸側自転車遊歩街道の右岸を北上しやしたが、自然現象と言いやすか小用つーこって左岸へ。もう関宿城は陥落させたも同然にござんすが、よくよく注意なすってください。

Dscn1060  彼方に見える贋天守閣ではなく、手前のこんもりとした桜花の林が江戸期関宿城址なんでありやす。あっしも不勉強で東葛人さんのサイトで知った次第、中世関宿城については勉強しだい解説する所存ですので、今回はご容赦を。Dscn1061

 われわれの他にも、ロードバイクのグループがいくつか。ひとまわり年上の集団、若い集団、それぞれに週末サイクリングを楽しんでおりやした。ここからは利根川を常陸の国に渡り、利根川自転車遊歩街道を西へと進みやす。これで今回のあっしの行程は、下総松戸宿(自宅)→武蔵葛飾(東京都葛飾区)→武蔵二郷半領(埼玉県三郷以北)→東葛飾(流山・野田)→常陸(茨城県)→野州(栃木県)→上州(群馬県)と、じつに六州(一都五県)を跨ぐ股旅になるわけでござんす。

Dscn1063  利根川CRの左岸、江戸サイと同じ風景だと言えばそうでやすねぇ~。サイクリングロードなんてのは、どこも一緒なんですが、あえて言えば風が違いやすかね。なんとなく、あっしにとっては新しい風を感じやした。Dscn1064

 ところがでござんす。あっしたちは何故かサイクリングロードを離れてしまいやした。これは帰りに原因がわかるんでございますが、東葛人さんの衛星的所在判別カラクリを頼りに、原野というか田畑の中をしばらく彷徨しやした。

Dscn1066  どうです? 江戸サイと同じ風景でやしょう? けれども、われわれには新鮮な風が心の中に吹いてるんですよ。なにしろここは、全員が未踏の地なんでございやすから。Dscn1067

 ふたたび土手に上がったのは、利根川と渡良瀬川の分岐点でございやした。右へ行くと上州路、左は武蔵の国へともどることになりやす。

Dscn1068  この頃になるってえと、一行にも疲れの色とともに道筋の迷いが明らかになっておりやした。不安そうに道しるべを眺めては、手持ちの絵図と照合し、ふたたび悩む図にござんす。Dscn1070

 あっしたちが敬愛してやまない紋次郎さんも眺めたであろう、野州の山並みがせまってまいりやす。

Dscn1072  渡良瀬遊水地にござんす。

Dscn1073  広さは東京の山手線の三分の一ほど、谷中村をつぶして治水対策に遊水地となったのがここでござんす。外形は心の臓heart01らしいですが、上空からしか判らねぇことでございやすね。遊水地の周回路は、bicycle専用ともいえる無人ロードでして、TT(短距離時間競争)の自転車乗りたちが練習するコースでもありやす。

Dscn1074  軽く補給食を摂って、いよいよ上州に入りやした。

Dscn1075  図の真ん中あたり、白鳥が羽ばたくようなのが判りますでしょうか? 小型機械式鳥(セスナ)に引かれた模造鳥(グライダー)でござんす。乗ってみたいですかい? いいえ、わが一行は関宿で墜落してるのを知っておりやすから、あんなもんには乗りたくないぜ、やっぱり自転車がサイコー、なんでした。

Dscn1076_2  上州の山々がせまってまいりやした。かなりの逆風で、寸断された一行は何度となくバラけ、土手を降りることも決断せざるを得なかったんでございやす。チェーンの脱落やディレイラーの不具合、水の欠乏などにも悩まされながら、たどり着いたのが足利宿にございやす。室町戦国期の総合大学でもある足利学校など、旧跡の多い宿場にござんす。Dscn1077

 この足利宿では、春の筍釜飯をいただきやした。美味にございやした。

Dscn1078  一般道を西上し、いよいよ最後の難関である峠越えにござんす。

Dscn1079  山稜をご覧ください。なかなかのもんでござんすよ、すでに25里(100㌔)を走破してきたわが一行には、ちょいと荷が重いかもしれやせん。

Dscn1080  比高70㍍ほどガーっと登ってシャーッと下ったのはいいんでござんすが、第二のヒルクライムが待ち受けておりやした。もう諦めの面々、愛車が原野激走破用ゆえに登りが困難なマ太郎親分を待って、イッキに下ったのが旅籠の前でござんした。Dscn1081  

 峠で難渋した分だけ、到着がやや遅れました。今回の最大の目的である紋次郎記念館も、はや看板のご様子。ここはもう、門前で記念撮影でもと思っておりやしたところ、マ太郎親分がとんでもない行動に出たんでありやすよ。なんと、受付の姐さんに手籠めにするかのようにせまると、「江戸から来たんです、なんとかしておくんなさいよ」「つれないことをおっしゃらないで、旅籠であっしと一夜を」(?)などと、口説き始めたんでござんす。Dscn1083

 その結果、閉じた門の脇から入る一行。

Dscn1084  なにやら妖しい雰囲気にござんすよ、マ太郎親分。相手は小股の切れ上がったいい女と申しますか、男と女の駆け引きすらも感じさせる、夕暮れどきの上州路。こっから先は秘密にござんす。Dscn1092

 股旅姿にご満悦の親分。ニヤけてるぞー!

Dscn1085  どことなく心音まで暗くなるような、妖しい雰囲気にござんした。

Dscn1087  上州新田郡三日月村は、紋次郎さんの生家にござんす。

 二日目の波乱万丈は、また明日にでも。長々とした駄文、お読みくだすってありがとうござんす。

↓ニャオッとなcat

にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 4日 (金)

読み直す上州無宿木枯し紋次郎

 明日、上州路ツーリングです。このかん笹沢左保の原作を読み直しながら、一世を風靡したTV版(市川監督)についても、このサイトを参考にいろいろと考えてみました。Dscn1050

 夜十時という時間帯にもかかわらず、視聴率は30%を越えたといわれ、「あっしには関わりのないことにござんす」が社会的ブームにもなった秘密。上記サイトの管理人さんが読み解いているように、当時は経営が左前になっていた大映の熟練スタッフの参加(とくに脚本とカメラワーク)、巨匠市川昆(字が出ん)中村敦夫の大抜擢、ほかにも当代一線級の女優陣の参加(これについては、ブームになってからの売り込みも多かった)など。

Dscn1051  こうした制作裏舞台の分析によって、当時(今も)言われた「全共闘運動の終焉、70年安保の挫折による時代のシラケ気分にテーマが合致した」だけではないのが判る。作品自体の魅力が今日もいささかも衰えていないのもその証しであろう。

 ただし、この「シラケ世代」「三無派」(無関心・無感動・無気力)という時代の雰囲気を、単なる挫折や無力感に帰してしまうと、ある意味で今日の停滞の始まりだったあの時代の意味を見誤るのではないか、とわたしは思う。そもそも全共闘運動にしたところが、大学解体や自己否定という意味では最初から挫折した運動(先に何があるのか、本人たちにもわかってなかった)なんであって、そこに祝祭のような空間が出現したから人が集まったにすぎないのだ。

 その挫折を物理的に確認(バリケード解除)し、爆弾闘争と銃撃戦も破滅に向かって進み終えた(連合赤軍)とき、当時中学生から高校生になろうとしていた私たちの世代にはすべてが見えた。と言い切ってしまえば不遜だろうか。一般論ではなく、私の例にしぼって「木枯し紋次郎」を圧倒的に支持した気分を述べておこう。

 前にも書きましたが、三船敏郎ファンだった私の父親は紋次郎を受け入れられなかった。理解不能だったと言ってもいいだろう。批評家のなかにも、紋次郎の殺陣を「基本がなっていない田舎剣法」だと指摘する声は少なくなかったが、これは私にとっては笑うべき批判だった。高校の体育の正課が剣道だったこともあり、友人の知り合いの剣道家に真剣を(だいたい1㎏あります)持たせてもらったことのある私には、三船敏郎の「荒野の素浪人」の殺陣のほうにどうしても納得のいかない軽さ、竹光としか思えない演技の軽さを見ていたのだった。現実のチャンバラとは違う、と。したがって紋次郎の評価をめぐる議論は、私と父親の現実認識をめぐる闘争でもあった。

 私の父親は特攻隊崩れというか予科練あがりというか、要するに戦時教育をそのまま引きずっている人で体罰主義者でもあった。私と同世代の男性が「精神的な父親殺し」を体験している(と思う)のは、父親たちの体罰に対する嫌悪とともに彼らの価値観にまで刷り込まれた古い精神主義、頑なに狭い視野(不可能な世代間の相互理解が生じる)に対する批判。なのではないだろうか。ぎゃくに言えば、古い体質の頑迷な父親たちとの闘いによって、われわれ(少なくとも私)は自立できたのだとも言える。

 60年代のロックンロールおよびその亜流、ヒッピームーブメントや全共闘運動いらい、古い権力が壊滅するまで(たぶん高度経済成長の挫折)、旧社会の権威との無意識な闘いの最後が「シラケ」であり「三無派」と呼ばれた私たちだったのだと、いまはそう思える。以後の世代も時には私たちのように無意識に闘い、あるいは逆に父親の権威を否定した次世代の父親たちによって作られたニューファミリーの中で、自分が闘うべきものを模索した。のではないか?

 紋次郎に話をもどそう。少なくとも私の父親は、紋次郎現象をまったく理解できなかった。当時の私はそれを理解させるために、現実を描けばこうなるはずだと、そう説明したように思う。美化されない、ありのままの現実。ある意味で、それは私たちの世代が見てきた「社会は醜い」「理想なんてウソだ」「悪いヤツが得をする」「妙なことにかかわりにならんほうがよい」を、紋次郎の世界が体現していたのだ。

 同時にそれは、父親以前の世代に対する批判であり、社会に対する根源的な疑問でもあった。ただ単にシラケているのではない、すべてを見てきたわれわれにしか判らない感情なのだと、そのときも思っていたはずだ。もの心ついた時期から茶の間にはテレビがあり、勉強部屋の深夜ラジオで日本はおろかアメリカの事件やヒットチャートまで知りえた世代なんである。そのあまりの情報量の多さに疲れ、殺伐とししてゆく感性を癒すものがあるとすれば、現実を現実としてありのままに描こうとする「木枯し紋次郎」だったのではないか。

 そこには頼るべき理想も正義もなく、ただひたすら欲望と裏切りが渦巻いている。じっさいに悪徳は生き延びるし、善意は踏みにじられる。その酷薄な人間たちの惨劇を横目に、つねに関わり合いを避ける紋次郎が最後は騒擾に引導を渡さなければならないのは、彼に残されているわずかな優しさ。そのわずかな優しさが、みずみずしい湧き水のように画面に刻印される。それを人間の希望と呼ぶべきなのかどうか、わたしは知らない。

 

にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年4月 3日 (木)

夜桜、散る

Dscn1024  帰宅途中の相棒と待ち合わせ、夜桜お七(?)。つまり、さくら通り(五香→常盤平→八柱)を歩こうというくわだて。Dscn1025

 桜のトンネル、なかなか素晴らしいですね。

Dscn1031  ところが……。

 突如として、散り始めましたcoldsweats02

 にわかに春の嵐か……?

Dscn1044  ものすごい勢いで夜空に花びらが広がり。Dscn1046

                      こーなりましたとさ。

 悪いことは申しません。土日は桜祭りで自転車通行不可、押して通るのも無理です。明日、桜が散ってしまうところを自転車で走りながら観ておきましょう。

Dscn1045  それにしても、散り始める瞬間に立ち会ったのは初めてですねー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月 2日 (水)

チーム平日@松伏~小金原

Dscn1006  今日はチーム平日(笑)のサイクリングデー。江戸川の土手に登ってみると、寒い……pout。陽射しがないうえに、風もけっこう強いじゃないか。気象庁の責任者出てこーいannoy!! 上は冬用ジャージだが、下はレーパン一枚で大丈夫か、わたし? 晴天温暖という予報を裏切られた私の怒りも、タルサさんのこわもてながらも温厚な顔を見ておさまる。Dscn1007_2

 写真はいずれも二郷半領用水路。

Dscn1008  この用水路、三郷界隈ではずっと外環道に平行して北西に進み、三郷のショッピングセンターから北上して吉川へ。ゆったりとサイクリングするには、もってこいの道です。

Dscn1011  やがて中川と合流し、地平線まで見わたす限り田園風景がつづく行程。「ガキのころの懐かしい風景だよ」と、タルサさん。山が海にせまる北九州で育ったわたしには、いつ見ても新鮮な風景としか思えん。Dscn1014

 すこし向かい風ながら、スイスイと北上するわれわれ。このままじゃ、小金原の安定食屋のランチタイムラストオーダーに間に合わなくなるので右折→江戸サイへ。もうとっくに、予定の野田橋を過ぎてましたッ!

Dscn1016  途中、川昌という魚料理屋を見つける。メニューです。食べたわけじゃありません。今日のランチタイムはもっと美味しい(たぶん)店なのである。この川昌という店、早稲田天然温泉という表示もあったが、本当に温泉に入れるのか? 調べておこう。Dscn1018

 ガンガン飛ばして休憩したところで、今日唯一擦れ違ったローディーさん。このあたり(菜の花が多い)、例の空中待機虫がすごかったです。流山橋を渡り、ひたすら東にガンガン飛ばして定食屋のラストオーダータイム前に到着。と、……。……や、やってないcoldsweats02……。

 昨日、わざわざ偵察までしたのにcoldsweats02。場所だけ確認して、定休日をたしかめなかったのか?!>わたしwobbly

Dscn1019  すこしもどって、さくらという居酒屋の定食にありつく。これ、コーヒー付きで600円なり(手作りシュウマイが歯ごたえもあって美味)。ケガの功名というべきか、結果オーライのランチタイムでしたなーhappy01

 で、本日のメインイベントはここ。いま40代なかば以上の方、小松崎茂という名前、覚えていますか? 覚えてない? そうですか。でも、絵を見れば誰もが知ってる、あの絵(戦艦・戦車・サンダーバード)なんです。ロマン館は土日休みですが、土曜日なら事前に連絡すれば開けてくれます。

 陽射しが少なくてちょい寒だったけど、まぁ楽しゅうございました。ただいま、チーム平日はチーム員募集中です。ではまた。

 

にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月 1日 (火)

猛北西風@江戸サイ

9i8uy7  北小金の安定食屋の場所を確かめに、猛北西風の中(写真の↓マークに注目・猛横風です)を出かけました。サイクリングは風しだい、なるべく逆風を避けてと気象情報を気にする日々。だが、ちょっと待てよ。と、わたしに思わせてくれたのがみくまさんの早引けしてのサイクリング記事でした。この中の「風を感じたくて……」が、わたしには目からウロコだったんス。そのむかし「風と友だちになるために」というキャッチが、バイク生活を勧める雑誌を飾ったのを記憶してます。そーか、風は感じるべきもの、友だちなんじゃないのかthinkDscn0998

 しかも、こーんなに晴れてるのに。出・か・け・な・い・手はない。風がある日は雲がビュンビュン流れ、陽だまりにサーッと動きながら影を落とす。こいうの、大好きです。

 こんな激風の中で乗ってる変態は、私以外にいないだろーと思っていたらdash一台のロードバイクが上流からカッ飛んで来ました。すげぇ猛スピードだけど、ほとんどペダル回してないぞーcoldsweats02

Dscn1000  あまりの猛風にサイクリングロードを降り、さらに坂川ではお姉さま方に倣って自転車も降りるsweat02Dscn1001 危険なことはやめましょう。命は一個しかねぇんですから。

 で、有名なパン屋さんツオッホです。たしかに美味しいんですけど、わたしは最近ちょいと疑問も。パン屋ポタをしているうちに舌が肥えてきたと申しますか、パンに詳しくなってきたと申しますか。けっきょくは値段相応なんですね、この店も。こんなに行列が出来るのも、ふつうのベーカリーと違って売り場が狭く厨房がバカデカいからと種明かしもできるわけで。といいながら、梅あんぱんとカツカレーパン、その他名前が覚えられんのをふたつ、買いましたとさ。

Dscn1002  ま、今の時季はどっこも同じ風景ですけど、北小金団地の桜花。Dscn1003

  昼間は老人しか見当たらない、団地の中心にあるスーパーの二階で、「東京下町自転車散策マップ」を半値でゲット。安定食屋については、明日またcat

 猛風の中を転倒の恐怖におびえながら2時間以上、けっきょく30㌔ほど走ったんだから、もう風の日ツーリングも苦にならない?

 ……………………………………………sign02

 いいえ、もう二度とイヤですねーwobbly

 明日、チーム平日のサイクリング。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »