« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月28日 (木)

アイウェア(サングラス)選び 1

 空梅雨は晴天の日々、あいかわらず自転車三昧の横山です。
 このブログを訪れる自転車乗りの皆さんは、どんなアイウェア(サングラス)をご使用ですか? 落車しても頭部をまもれるヘルメット、スポーツ自転車では脚より疲れやすい手のひら手首を緩衝するグローブ。そして夏場は瞳を紫外線からまもり、冬場は風からまもり(涙目にならないため)、快適に路面情報を把握できるアイウェアは三種の神器。この三点セットに気を使うようになれば、自転車生活の快適さはこの上もなく増します。
 そこで、実践的な教訓といいますか、私のアイウェア選びのケーススタディを披露しましょう。まず最初に教訓化できるのは、アイウェアは通販で買うな! なのでありました。ヘルメットならJCF(自転車競技連盟)承認マークがあれば、まぁどんなモノでも合格としましょう。デザインやベンチレーション(通気穴)に違いはあっても、機能的には頭部をまもりだいたいフィットするようになってますし。
 つぎにグローブの場合は、1500円程度~高級品でも5000円程度と買い換えが可能で、そもそも消耗品に類するモノだと思う。ところが、アイウェアはそうはいかない。廉売品で数千円のモノもあるにはあるが、私のように度付きが必要な場合はレンズ代数千円で計10000円也→とりあえずないよりマシの安物にいいモノがあるはずもなく、それなりのブランドを……と。写真はシマノ(+Visente Klip)です。Photo_28
 なかなかカッコいい(カッコよく見えないのは単に撮影者=ワタシのせいです・笑)、ですよね? なにしろ自転車乗りが信仰する世界のシマノブランドで、これも有名グラスメーカーのVisente 版。フレームと三枚の替えグラス+トラベルポーチ&袋付き12000円(通版価格)+度付きレンズ7000円(一般的な眼鏡店)で合計20000円弱。ところがこのクリップサングラスは、1=重たい、2=ツルが痛い、3=その他・使いにくい、の三重苦なのでありました。
 まず、クリップサングラスに快適なモノはない、というのが結論です。どんな偏光グラスでも、すぐれたクリアコーティングのレンズでも、二重にグラスが重なる以上は乱反射します。晴れた真昼にはサングラスの中を光りが飛び交う、光りのお祭騒ぎ。この問題を解決したとされるルディのflip-up (ハネ上げ)系でも同じ。二枚のグラス(レンズ)の間に空間が存在する以上、これは避けられない光学現象なのです。
 しかも、二枚装着することできわめてバランスが悪く(前が重たく)なり、目にグラス(レンズ)が当たる……orz (写真は内側=ノーズパッドを補強した)。Photo_29 もしも手軽に入手できるクリップサングラスをと考えている方は、アジアンフィットと銘打たれているモノを買うべし。海外ブランドのモノはだいたい、鼻の低いわれわれ日本人には合いません。はい。
 こうして三重苦に喘いだ私は、新しいアイウェアの購入を決断したのであった。上の度付きレンズが遠視矯正に対応していない点でも、買い換えというか新規購入は必然のなりゆきでありました。そこで、いろいろとスポーツサングラスを研究した結果、玄人好みのオークリィやルディもいいけれど、デザイン的かつ掛けやすさ(軽さ)では、ZeroRH+が最強だと判明(主観ですw)しましたっ。Zerostrh61704 写真(ZeroRH+617 =ステルスSEE SAFE)をご覧ください。どうです?  まさにアイウェアの宝石、至高の逸品(笑)。カッコいいだけではなく、グラスのエンド部がカワイイ。
 さっそく出掛けましたよ、何でもこなせると評判のスポーツ系アイウェアのプロショップに。まずは実物を拝んでから、通常のZeroRH+取り扱い店では受け付けてくれない度付きを何とか造ってもらおうと、埼玉まで。この某プロショップ、店主夫婦がスポーツマン(ウーマン)という点で応援したくなる。
 残念ながら、写真のモノは置いてありませんでした。人気沸騰(?)のこの商品は入荷待ちだとのこと。さらに私を残念というか暗い気分にさせたのは、その加工価格。急カーブレンズゆえに、二重焦点の加工代金だけで7万円……。+フレームで10万円……。つまり、私の自転車本体よりも高いのである。
 暗澹たる気分でプロショップを辞し、しばらく真夏を思わせる陽射しに打たれる……。アイウェアの宝石、至高の逸品はまぼろしと消えるのか。と、気を取り直してこれも自転車乗りの間では定番的に有名な某ショップへ、ダメもとで見積もりをしてもらいに南に16キロの道程……。
 そこで何と、朗報というか意外な説明というべきか。当該のフレームでは二重焦点レンズが割れた例があるとのこと。したがって度付き用の同ブランドのフレームが推奨で、なおかつ総額5万円弱でOK。じつはここまで、研究熱心(?)な私はZeroRH+の取り扱い店を何軒か巡っていて、この推奨フレームの度付き価格も把握していたのである。その平均価格から3万円も安く出来るのでありました。さっそくにも、検眼の日時を指定っ!
 Photo_30 写真は水元公園で会った柴犬(本文とは関連性がありません)。
 ここまでの記述で、一軒目のショップと二軒目のショップが判った方は、ベテランのスポーツサングラス愛好家です。めでたく納品となりましたあかつき(三週間後)には、価格的に袖にしてしまった埼玉のプロショップ名は明かせませんけれども、私が買った店を詳しくご紹介しましょう。請うご期待。
 この日の走行距離74キロ。都心部の70キロ超えは、さすがに疲れました……。藤沢周平『密謀』を読了、来週にも書評をUPの予定。

まぁ、参考になったよ。という方はクリックを。 にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年6月18日 (月)

新刊・北越女人戦記第一部第四章「叛徒征伐」

「北越女人戦記」第一部第四章「叛徒征伐」を電子出版しましたのでお知らせします。

http://www.digbook.jp/product_info.php/products_id/8671

以下、本編より抜粋。

 栃尾城にもどったある日のこと、午睡を終えた景虎は美しい笛の音を耳にした。
 みずから琵琶弾奏を嗜み、歌舞音曲に心を癒すことの多い彼女は、誘われるように縁側に歩み出ていた。抜けるように高い天空がおだやかな光をふりまく、晩秋の昼下がりである。
 なんと風雅の趣ある笛よ……。景虎は思わず縁側から背を伸べてみた。
「誰かある! あの笛の音は?」
 いつも近侍している小島弥太郎らの姿は見えなかった。笛の音は山裾のほうからだろうか、遠く響いてくるような音色である。
 その音色に興味を惹かれた景虎は厩におもむくと、手ずから馬を引き出して騎乗した。遠くからの笛の音は複数の音色に変わり、あたかも彼女を招くがごとくに近づいては遠ざかるのだった。
「はいっ!!」
「いずくに行かれます、郡司様。お供衆は……?」
 大手門に馬を駆けさせると、景虎は追いすがる城兵たちを制して城門を飛び出した。
「遠乗りじゃ、供はいらぬ!」
 と、景虎は勢いよく城門をあとにした。
 山裾にまわり、馬を止めて耳を澄ましてみる。栃尾城裏手の鋸山から南に向かう街道が俯瞰できる場所だった。馬上に背を伸ばすと、わずかに行列の最後尾が見えた。
 ちょうど南からの風に乗って、澄んだ音色が間近に感じられる。景虎は空を舞うように馬を疾駆させていた。
 追いついてみると、思ったよりも大人数の行列である。荷駄の者たちは景虎に気づいても、知らぬふうに私語している様子だ。景虎はいななく馬を操りながら、行列の者たちを問いただしてみた。
「この行列の者ども、待て、待てっ! いずれの者にやあらん!? 関所の横目(役人)からは何も報告がないぞ」
 いくら誰何してみても、行列の者たちはまるで幻のような風情で、景虎に返答しようとはしないのだった。
「商人頭は誰じゃ? 行列の長(おさ)は名乗り出よ!」
 などと糾問しても、糠にクギの反応である。景虎はやむなく行列の中ほどまで馬を駆けしてみた。
 これは、嫁入り行列……? 大きな荷駄の列に隠れるかのように、行列の中ほどには花嫁の騎馬があったのだ。
「この嫁入り行列、どこから来たのか!? どこまで行くのです?」
 ややあって、年輩の武士が口を開いた。
「われらは越後府内からの者。これより上田へ参るところじゃ」
「府内からじゃと!? 上田へ?」
 景虎は意外な返答に驚いた。
「府内からであれば、来た方角がおかしいではないか。上田の誰のもとに参るのです!? あの嫁御はいずくの姫ですか?」
 景虎が立ちはだかろうとすると、年輩の武士は面倒くさそうに返した。
「上田様の御召じゃ。これなる姫君様、上田は坂戸城の長尾政景様が側室として召されたのじゃ」
「政景殿の側室……?」
 景虎は思わず顔色を変えて下馬すると、年輩の武士に詰め寄っていた。武士の従者たちを押し退けながら問い糾だす。
「政景の御台所はわが姉上、側室のことなど私は聞かされておらん。さては、政景殿は勝手な婚儀で国人衆を味方に付ける所存か!? 聞き捨てならぬぞ、どこの姫御じゃ」
「この婚儀の次第、御上の思し召しでもある。上杉定実様の御下命なり!」
「定実様の? では訊く。わが兄上様、府内の御屋形様の御意向は如何に?」
 腰の太刀に手をかけながら、景虎は馬上の花嫁を凝視した。そのまま景虎は、花嫁の顔を覆っている白布に手をかけていた。
「待たれよ、狼藉はゆるさぬ!」
「どけえっ!」
 花嫁の顔と髪を覆っている白布をはぎ取り、景虎は警護の兵たちと揉み合いになったのだった。
「こ、この者は……!?」
 そこで景虎は目覚めていた。たったいま眼前にあった花嫁行列は、午睡のつづきの夢だったのである。
「いかがされましたか? 御大将」
 と、弥太郎が廊下から声をかけた。
「な、何でもない……」
「大変な汗をかかれておられまする。ささ、この布を」
「うむ……。府内の兄上様から、何か言ってきてはおらぬか?」
 首すじの汗を拭いながら、景虎は縁側の外を見渡した。
「いえ、本日は飛脚はござりませぬが」
「そうか……。かねてより、新兵衛に申しつけておった上田攻めの机上演習をしたいと、
皆の者に申し渡せ。皆が集まりしだい、会所の広間で行なう」
「軍議にござりますか?」
「兄上様から御下知あれば、すぐにも攻め入る準備が肝要じゃ。上田の政景、いかなるこ
とがあっても討ち取らねばならん。あの者を生かしておくわけにはいかぬ」
 と、景虎は太刀と脇差しを身につけた。
 景虎が夢の中で見た上田へと向かう馬上の花嫁は、彼女自身だったのである。

↓上杉謙信女性説も併せてお読みください。

http://07494.cocolog-nifty.com/blog/2007/05/post_0370.html
http://07494.cocolog-nifty.com/blog/2007/05/post_b6bf.html

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年6月 8日 (金)

坂川~流山おおたかの森

 例によって、親水道のポタリング日記です。松戸市の南から流山にかけて、江戸川と平行して流れているのが坂川。この幾重にも分かれては江戸川に流れ込み、どこが本流なのか不明な複雑怪奇な水路は「川」と呼べるものなのか、私にはどうもよくわからない。Photo_17
 しかしながら、坂川はれっきとした一級河川(国土交通省指定)なのである。指定等級は川の大きさではなく、どうやら河川改修(護岸工事)の予算によるものらしいですね。つまり、住民生活にとって重要かどうか。水害対策の予算こそが、じつは河川の等級を決めていた……世の中はおカネです。というよりも行政は予算配分がすべてであって、政治とはおカネの線引きであったと、天命の歳にして政治の単純な本質を見きわめる私でありました。
 その坂川は「魚が住める川に」を合言葉に、ここ10年らいの水質浄化とゴミ捨て禁止運動が実り、Photo_18 写真(昨年夏の灯籠流し=画像がよくわからない? 綺麗だったのに残念!)のようなイベントが出来るまでに復活しました。じっさいには、江戸川との接合部である水門のポンプで水を還流させることで水質の向上がはかられたわけなのですが……。
 今回の出発地点は松戸市街(写真右)Photo_19 、目的地は流山おおたかの森です。つくばエクスプレス(TX)の開通にともない、八潮駅・新三郷駅・流山おおたかの森駅・柏の葉駅と、ニュータウンが整備されてきましたが、なかでもこの流山おおたかの森駅は自然との融合という意味では白眉といえましょう。ただし、絶滅種のオオタカが生息する森の半分を伐採したのだから、ニュータウン創出の代償は大きい(というわけで、評価は微妙)。
 ひたすら坂川を遡上すること約10キロ、写真左は舗装路が途切れてダート(荒い砂利道)に入ったところ。Photo_20 建物は某大学ですが、何を教える大学なのかはよく知らん(学生たちの道歩きマナーが悪かったので、学園を詳しくは紹介しないことに=狭量な私……)。やがて左手に流山免許センターを眺めながら北上し、小さな親水公園に到着。水のせせらぎにホッとするひととき。Photo_27

 まったりと水分補給を終えて、わりと交通量の多い車道を北上して東武野田線豊四季駅前に。駅前にいたる前の交差点で左折すること数分。そこが流山おおたかの森駅とショッピングセンター(写真下は建設中のマンションの公園から)です。Photo_16

http://www.otakanomori-sc.com/
 千葉県東葛郡流山村と揶揄されるほど、商店街も繁華街もなく寂しい流山市にとって、このニュータウンは起死回生(?)のプロジェクトなのではないだろうか。柏の葉に昨年オープンした「ららぽーと」が船橋店(東京ベイ店)の猥雑さをそのまま持ち込んだのに比べると、どことなく気取っていてハイセンス(だが、このコンセプトは成功するのか? 平日とはいえ、ガラガラだぞ)。
 何といっても、ショッピングセンターに入っている店舗がもの凄いのである。グルメ系豪華テナント尽くしのPhoto_21 高島屋フードメゾン(写真はその入り口)、ファッションはブルックスブラザーズ、アルマーニ、etc ……。文科系は東葛では最大規模の紀伊国屋書店(おおっ、私の本も置いてある・笑)やLOFTなど。きわめつけは、コインロッカーや喫煙スペース、多目的スペースを併設した複合トイレで、洗面所にもロッカーが(写真)。Photo_22 うーん、まぁ一見の価値はあり!
 しかしながら、私が推奨したいのはこのSCではなく、おおたかの森の本来の姿を残している森林居住区(県立公園市野谷公園)なのである。駅を北東側に(自転車は通行可)越えると、その入り口である。森の中心地はレストラン「ふくろうの森」(カレー800円)、その対面に「レストランあかげら」(ランチ1000円より)。Photo_23 単なる自然公園でもなく、森林の中に店舗や住居が散在する驚き。まるで別荘地のような風情に時間を忘れるひとときは、ここちよい森林浴でした。Photo_26
 じつは「ふくろうの森」で売られている「ふくろう焼」(鯛ヤキのフクロウ版・写真)Photo_24 は、販売前に試食と意見を求められてことがあった商品なんでした。もっとカリッと端を焼き焦がせたほうが冷めたときにも美味しくなるよ。などと勝手なアドバイスをしたこともあって、久しぶりに買ってみましたが。うーん、香ばしい焦げ具合はイマイチなのかなぁ……。
 かつては鬱蒼たる森だった場所が更地になり、荒っぽい区画整理とボーリングを経て……。いま新都市として命を吹き込まれつつあるこの風景を、しばらくは見守ってみたいと思う。Photo_25 写真は流山市内から新松戸の団地を遠望(坂川沿い)例によって強い南風(逆風)で、下ハンドルを握ってクルクル回せ! なのでした(笑)。

おまけ↓
 写真はナイトライダーのUltraFazer5.0 です。注文していたものがようやく納品。Photo_15 しばらく前に、サイクルベースあさひでモニターを使ったキャンペーンを展開していたせいなのか、在庫なし状態が続いていた製品でした。眩しいのと路面照射力は別ものであって、このライトの実力はどうなのか……日没がもっとも遅いこの時季はナイトランの機会もないので使えません。とりあえず、ツーリング装備の完成記念に活写(苦笑)。

 前に紛失したままだった藤沢周平の『密謀』を再入手。関が原合戦を背景に、直江兼続を描いた秀作。他作品(童門冬二『北の王国』など)の兼続像と比較書評でもして、少しは歴史小説ブログらしくしないと……。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2007年6月 2日 (土)

武蔵野の道(水元公園~神明親水道)

 晴れた日に自転車に乗るたびに思うのは、灼熱の太陽との対話です。瞼に燦々とふりそそぐ陽光、全身これ太陽の子ども(日の子=ヒコ=古代からの男性名の美称)。などと、いきなりカッコいいフレーズ!? そう、晴れた日には自転車に乗りたいのが私の身体的な快楽なのです。その代わりに曇り空や雨の日は、どうにも鬱を払拭できない弱さを感じる私ですが……。
 つまり、複雑怪奇な魂というよりも自然の天候に左右される単純さで、この私は生きているようなのであります。あまり考え込むこともなく、誰もがそうなのではないでしょうか? というわけで、五月の晴天に恵まれた日のこと。江戸川サイクリングロードを下りて、水元公園から神明親水道までサイクリング(ポタリング)してきました。あまり知られていないこのコースは超お薦めなので、情けないほど小さな写真(携帯電話のメール写真)をまじえて、つまびらかにご紹介しましょう。
 写真は水元公園(葛飾区と三郷市=三郷公園にまたがり、Photo_8 併せれば首都圏最大規模)の園内周回道路です。江戸川CR(右岸)からは、葛飾橋を過ぎた最初の信号で川沿いの自動車道を横断して一方通行を逆走(自転車はOKです)、突き当たりの信号を正面に進んで、桜並木の道(自転車走行可の遊歩道あり)へ。
 水元公園の中央にある周回コースは約1.7キロ。6月中旬になると菖蒲田が綺麗なのは園内の東のほうです。西に突っきると、南に飯塚橋(中川渡河)にいたる産業道路(環状7号線に接続)ですが、今回は水元公園の西口を100メートルほど南にくだって水路沿いの道へ(写真)。Photo_9 この道は西からの一方通行で、交通量はさほど多くありません。右側の水路はアリーナになっています。
 この道を突き当たると、蛇行する中川のほとり。ここに橋はないので、少し北上して潮止橋を渡河。すでに埼玉県八潮市です。そのまま先に進めば新八潮駅(つくばエクスプレス)なのですが、神明親水道の入り口は南Photo_10 下すること5分(写真)ほど。ここから先が「武蔵野の道」(全体からいえば、江戸川サイクリングロードも含むんですけど)なのです。
 その鬱蒼たる風情は写真のとおり。歩行者も少なくないので、自転車は走行要注意!
 で、葛西水路に行き当たりますPhoto_11 (写真=環状7号線を経由して6号線の四つ木橋にいたる)。ここで私は昼食のために、無駄な遠回りながらも前述の新八潮駅へ。
 下の写真の新八潮駅のショッピングモールにはカスミフードスクエアが入っていて、この店は茨城県で最大手のスーパー。といいますか、コングロマリット(大規模複合企業体)なのです。ある出版社の社長を介して元信州大学経済学部長の現社長と会ったのは、もう数年も前のことですが、Photo_12 その企業ポリシー(地域主義を優先)はいいと、私は思う。生鮮食品もお弁当も、全国展開のスーパーに比べてワンランク上です。ここでお弁当を買って、テラス(カフェテラスではない~笑い)で早めの昼食。
 右下写真が葛西水路から神明親水道(神明水の森公園)の入り口。都内(足立区)とは思えないほどの鬱蒼たる遊歩道です。ただし、私のドロップハンドルのツーリング車では無理なので、Photo_13 水路の北側(八潮市)の舗装道路を快適に疾走しました。
 で、神明親水道の西の出口へ(左下の写真)。どうです? この鬱蒼とした雰囲気は。行ってみたくなりましたか? さらにここから先、「武蔵野の道」は一般道を経由しながら、Photo_14 舎人公園につながります。またいずれの折かにレポートしましょう。

 ところで、ツァー・オブ・ジャパン。真夏のように暑い中、大井埠頭に行ってきました(写真は日比谷のスタート地点)。Toj 今晩(深夜)テレビ朝日でダイジェスト放送。6月9日にNHKBSが深夜の特番です。応援しているチームミヤタの鈴木真理選手(アテネ五輪代表・わりとご近所に在住)が脚の不調で見せ場がなかったのは残念至極……。

チームミヤタhttp://www.team-miyata.com/
TOJ総集編放送予定
6月2日(土)テレビ朝日 深夜27:10~28:05(6月3日AM3:10~4:05)
6月19日(火)衛星第1チャンネル

 [Part1]深夜25:10~26:00(6月20日AM1:10~2:00)
 [Part2]深夜26:10~27:00(6月20日AM2:10~3:00)

面白かったと思った方、いまいちだが次回に期待という方はクリック↓

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »