« 2006年5月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月30日 (月)

一年ぶりの更新っ!

Hokuetsu_onnna_jinnsenki_01  ブログを開設してから、じつに一年ぶりの更新であります(苦笑)。もともとはnifty のユーザーHPサービス(リンク先の本館サイト)が終了してココログ(このブログサービス)に一元化されるという諸事情から、緊急避難的に開設したのが立ち上げの理由でした。同時に、横山茂彦名で発表する予定作品のフォローとしてサイトが欲しかったのも開設の理由だったのです。
 そこで、今回めでたくブログの更新がなったのは、その横山茂彦名の作品を上梓したからなのである! とはいっても、発表の場はきわめてマイナーな(失礼っ)電子出版サイトでありまして……。当該作品↓は、ここ数年らい研究してきた「上杉謙信女性説」にもとづく大河小説です。

http://www.digbook.jp/product_info.php/products_id/8454

 さて、この作品なのですが。内容の出来不出来はともかくとして、八切止夫氏の論考を今日的に検証しながら上杉謙信像を描き、返す刀で江戸時代の軍記書に依拠した従来研究(および小説)に反駁したもの。最新の自治体編纂本に収録の第一次史料を読み込だ(徒)労作であります。しかしながら、なかなか出版の引き受け手がなく、日の目を見なまま推移していました。
 無名作家の二千枚超の大河小説で、しかも見通しのつかない未完成作品……。その中身はといえば、歴史小説の大家や歴史研究者が眉をひそめる「上杉謙信女性説」。そうあれば、商業出版の買い手がつかないのは言うまでもなく、あまたある文学賞に公募することもできない(規定枚数を大幅にオーバー)まま、わがPCの片隅に埋もれていたのでした。
 このまま原稿を眠らせておくのもまことに忍びがたく、発表の機会もなければ全五巻の作品を完成させるモチベーションもおとろえるばかり。時あたかもNHK大河ドラマ『風林火山』が同じ時代を描いているおり、ここは思いきって電子出版化して少数とはいえども聡明なる読者の反応を請うにしくはなし。と、思い至ったわけなのです。

 この儀、よろしくお願い申し上げます。とりあえず、一年ぶりの更新のご挨拶ばかりにて、恐惶謹言。

面白いと思ったら、↓こちらをクリック。

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年5月 | トップページ | 2007年5月 »